[Agile Japan 2017 NRIサテライト]SCRUMをベースにしたNRIでの適用事例

165 Views

February 08, 18

スライド概要

profile-image

大手SIerでの開発/運用、大規模プロジェクトマネジメントを経験した後、ミドルベンチャーでCTO、通信系事業会社でエンジニアリングマネージャー、国立大学で非常勤講師などを歴任。プロダクト開発や組織づくりに造詣が深い。 2003年からアジャイル開発を実践しており、社内外問わずいくつものチーム、組織の支援を行ってきた。現在は、株式会社レッドジャーニーで認定スクラムプロフェッショナル(CSP-SM/CSP-PO)としてDX支援、組織変革に邁進している。 日本XPユーザグループスタッフ。 BIT VALLEY -INSIDE-ファウンダー。 保険xアジャイルコミュニティ「.insurance」オーガナイザー。 アジャイル経営カンファレンス実行委員。 SWise株式会社、Pluslab株式会社外部顧問。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Agile Japan 2017 NRIサテライト @大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 3F SCRUMをベースにした NRIでの適用事例 2018年2月9日 株式会社野村総合研究所 森 實 繁 樹

2.

Agile Japan 2017 NRIサテライト @大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 3F Scrum-based Managementのすすめ 2018年2月9日 株式会社野村総合研究所 森 實 繁 樹

3.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 2

4.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 3

5.

自己紹介 ■社内活動(仕事)について 2003年:某メーカー系SIerに就職 所属: 共通技術本部 LMC開発推進室 ○開発メンバー 2006年:野村総合研究所に転職 所属: 保険システム二部(ダイレクト損保) ↓ (中略) ↓ イマココ ○アプリリーダー ○インフラリーダー ○プロジェクトマネージャ ○営業的なこと 保険ソリューション開発一部(メガ損保) ○人材育成的なこと ■社外活動(コミュニティ活動等)について 2005年~:XPJUGのスタッフ、侍塊sのメンバー 2016年~:プロジェクトマネージャ保護者会メンバー Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 4

6.

自己紹介 ■コミュニティ遍歴について 2004年?~ オブラブ(旧オブジェクト倶楽部)のイベントに参加 ・この頃永和システムマネジメントの平鍋さんに出逢う 2005年?~ XPJUG(日本XPユーザグループ)にスタッフとして参画 ・この頃から壇上に立つ側に(LTとかショートセッションとか) 2003年~ 2017年 PFP関東 すくすくスクラム DevLOVE etc… Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 5

7.

自己紹介 ■座右の銘 一.常善を尽くせ 一.雨の日こそ笑え 一. 明日できることは明日やれ 一.Social change starts with you 一. 最高の仕事をしよう Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 6

8.

自己紹介 ■持論 研修で外部(社外)から得た知見は内部(社内)に還元しないといかん 内部に還元した知見がどう変化するか観察しないといかん 変化した知見、新たな発見について外部に還元しないといかん Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 7

9.

自己紹介 ■持論 研修で外部(社外)から得た知見は内部(社内)に還元しないといかん 内部に還元した知見がどう変化するか観察しないといかん 変化した知見、新たな発見について外部に還元しないといかん 社会(会社もコミュニティも)の発展 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 8

10.

自己紹介 情報処理技術者 テクニカル系 プロジェクトマネージャ SJC-P アプリケーションエンジニア LPIC ITストラテジスト UML認定技術者 高度情報処理技術者(セキュリティ) Interstage Master Developer ITサービスマネージャ Systemwalker Master システム監査技術者 DevOps Engineering on AWS Scrum Alliance その他 認定スクラムマスター 販売士 認定スクラムプロダクトオーナー 簿記 認定スクラムプロフェッショナル 秘書検定 ビジネス実務法務 アマチュア無線技師 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 9

11.

自己紹介 ■登壇記録 2017年 4月 Agile Japan 2017 4月 DevOps Days Tokyo 2017(飛び込み) 5月 Comeback Japan 2017 7月 POStudyナイト夏のLT大祭り2017 9月 XP祭り2017 9月 DevLOVE関西 10月 ISACA月例会 12月 JISA変革リーダー養成部会 2018年 1月 Regional Scrum Gathering Tokyo 2018 2月 Agile Japan 2017 NRIサテライト 2月 プロダクトオーナー祭り2018 3月 (まだいえないけど予定あり) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 10

12.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 11

13.

AgileとDevOps このバズワードはいったいなんなのか Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 12

14.

AgileとDevOps このバズワードはいったいなんなのか Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. http://i2key.hateblo.jp/entry/2017/04/24/093655 13

15.

AgileとDevOps このバズワードはいったいなんなのか Scrum、出てきませんね… Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 14

16.

AgileとDevOps このバズワードはいったいなんなのか ではここから、Scrumの話をします Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 15

17.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 16

18.

Scrumとは What is “Scrum”? Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 17

19.

Scrumとは What is “Scrum”? (プロジェクトの)全員が 現状把握するためのフレームワーク Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 18

20.

Scrumとは What is “Scrum”? (プロジェクトの)全員が 現状把握するためのフレームワーク Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 19

21.

Scrumとは What is “Scrum”? (プロジェクトの)全員が 現状把握するためのフレームワーク ・問題を見つけ出す ・解決はしてくれない ・未来はScrumは対象としていない Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 20

22.

Scrumとは What is “Scrum”? (プロジェクトの)全員が 現状把握するためのフレームワーク ・問題を見つけ出す ・解決はしてくれない ・未来はScrumは対象としていない Scrumをやればうまくいくなんて妄想だ! Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 21

23.

Scrumとは What is “Scrum”? (プロジェクトの)全員が 現状把握するためのフレームワーク ・問題を見つけ出す ・解決はしてくれない ・未来はScrumは対象としていない Agileとしか適合しないのも妄想だ! Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 22

24.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つのロール Scrum Team = 対等な関係 Scrum Master Product Owner Dev Team Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 23

25.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つのロール Scrum Master Scrum Team = 対等な関係 ・Scrumを最大限活用する ・Scrum Teamの障壁となる問題を解決する Product Owner Dev Team Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 24

26.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つのロール Scrum Master Scrum Team = 対等な関係 ・Scrumを最大限活用する ・Scrum Teamの障壁となる問題を解決する ・PBI(つくるもの)の受入条件と優先順位に責任を持つ Product Owner ・Scrum TeamのRoIを最大化する責任がある Dev Team Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 25

27.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つのロール Scrum Master Scrum Team = 対等な関係 ・Scrumを最大限活用する ・Scrum Teamの障壁となる問題を解決する ・PBI(つくるもの)の受入条件と優先順位に責任を持つ Product Owner ・Scrum TeamのRoIを最大化する責任がある Dev Team ・約束したことを実現する(スプリント計画にコミットする) ・生産性を向上させる役割をもつ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 26

28.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■5つのセレモニー Sprint Planning – スプリント計画 Daily Scrum – デイリースクラム/朝会(朝じゃなくてもよい) Product Backlog Refinement – プロダクトバックログ見直し Sprint Review – スプリントレビュー Sprint Retrospective – スプリントレトロスペクティブ/ふりかえり https://www.scrumalliance.org/getattachment/f1312bc6-7b23-4934-bcc8-dcdea05439e5/ScrumOverview_CeremoniesPersonnel_copy.jpg Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 27

29.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■5つのセレモニー Sprint Planning – スプリント計画 Daily Scrum – デイリースクラム/朝会(朝じゃなくてもよい) Product Backlog Refinement – プロダクトバックログ見直し Sprint Review – スプリントレビュー Sprint Retrospective – スプリントレトロスペクティブ/ふりかえり https://www.scrumalliance.org/getattachment/f1312bc6-7b23-4934-bcc8-dcdea05439e5/ScrumOverview_CeremoniesPersonnel_copy.jpg Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 28

30.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つの柱 Inspect – 検証 Transparency – 透明性 Adaptation – 適用 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 29

31.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つの柱 Inspect – 検証 Transparency – 透明性 Adaptation – 適用 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 30

32.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) ■3つの柱 Inspect – 検証 Transparency – 透明性 Adaptation – 適用 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 31

33.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) 10分経過 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 32

34.

Scrumとは Scrumの構成要素の一部(前提知識) このままだとScrumの話だけで終わっちゃうので続きはこちらの参考書をどうぞ。 Kenji Hiranabe Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. Ryutaro Yoshiba 33

35.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 34

36.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) テーマ チームの話 透明性の話 カイゼンの話 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 35

37.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) テーマ チームの話 透明性の話 カイゼンの話 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 36

38.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 強いチームとは Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 37

39.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 強いチームとは 自己組織化したチーム Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 38

40.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■今までのチーム Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 39

41.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■今までのチーム ピラミッド型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 40

42.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■今までのチーム しっかり考えて しっかりこなす ピラミッド型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 41

43.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■今までのチーム 明確な指示に対するアウトプットが評 価の対象となる結果、 指示されたことをやることが重要 明確な指示 アウトプット ピラミッド型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 42

44.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■今までのチーム 明確な指示に対するアウトプットが評 価の対象となる結果、 指示されたことをやることが重要 明確な指示 人は考えることをやめる… アウトプット ピラミッド型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 43

45.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■これからのチーム Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 44

46.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ■これからのチーム ワンチーム 環状型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 45

47.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ボールをゴールに いれよう! ■これからのチーム 明確な目標 WHATやHOWを与えずに みんなで考えてみんなで決めて みんなでこなすことが重要 環状型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 46

48.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ボールをゴールに いれよう! ■これからのチーム 明確な目標 WHATやHOWを与えずに みんなで考えてみんなで決めて みんなでこなすことが重要 人は自分のために考え チームのために考え 行動変革を起こす 環状型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 47

49.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 ボールをゴールに いれよう! ■これからのチーム 明確な目標 WHATやHOWを与えずに みんなで考えてみんなで決めて みんなでこなすことが重要 人は自分のために考え チームのために考え 行動変革を起こす 環状型組織 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 学習する組織 自律した組織 になる 48

50.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 Scrum Teamの前提 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 49

51.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 Scrum Teamの前提 対等な関係 Scrum Master Product Owner Dev Team Scrum Team Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 50

52.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 NRI 受発注 Scrum Master Product Owner Dev Team Scrum Team Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 51

53.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 Stakeholder NRI 受発注 NRI社員はScrum Teamには入れない 物作りへの責任→Product Ownerに近い Scrum Masterの役割は持たない方が良い (Scrum Masterには積極的に協力すべき) Scrum Master Product Owner Dev Team Scrum Team Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 52

54.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) チームの話 Stakeholder NRI Product Owner 受発注 Scrum Master Product Owner Proxy Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. Product Owner(NRI)と Product Owner Proxy(BP)が 常に客先や打ち合わせなどに動向し、 Product Owner(NRI)自身は Scrum Teamに口を出さない Dev Team Scrum Team 53

55.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) テーマ チームの話 透明性の話 カイゼンの話 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 54

56.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 55

57.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ? Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 56

58.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ? Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 57

59.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ! 共通の判断基準が必要 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 58

60.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ■共通の判断基準 チームでやることを決める チームでやらないことを決める チームでやり方を決める Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 59

61.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ■共通の判断基準 チームでやることを決める チームでやらないことを決める チームでやり方を決める Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 60

62.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ■共通の判断基準 チームメンバー全員と3ヶ月間、一人一人に作業に対する Value Stream Mapを書かせて作業プロセスの統一を図る Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 61

63.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ■WBSの弱点 成果物に現れないタスクを見積もりにくい WBSを作るのはチームではなくマネージャの仕事 つまり、本当の意味でタスク管理はこれだけでは無理 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 62

64.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 だからこそのチケット駆動! もうなんでもかんでもチケットに切れ! No ticket, No task(work) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 63

65.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) 透明性の話 ■チケット駆動のポイント 1チケットは1日(4.5h)をまたがない! →1日に1チケットも消化しないことがない →謎な○%完了しています報告を撲滅 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 64

66.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) テーマ チームの話 透明性の話 カイゼンの話 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 65

67.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) カイゼンの話 ■ふりかえり Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 66

68.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) カイゼンの話 ■ふりかえり ○チームでやる スプリントごとには最低でもやろう プロジェクトの終わりではカイゼンは起こらない 学習が活かしきれない ○個人でやる 日々次のステージにステップアップを考えよう Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 67

69.

NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) カイゼンの話 ■ふりかえり https://speakerdeck.com/viva_tweet_x/guo-qu-wohurikaeriwei-lai-wochuang-ru Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 68

70.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 69

71.

まとめ ぶっちゃけまして Scrumがもたらすマネジメント上 の影響は、これまでのやり方よりも 厳格で、粒度が細かく、すべてをさ らけ出すことで実現します。 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 70

72.

まとめ ぶっちゃけまして Scrumがもたらすマネジメント上 の影響は、これまでのやり方よりも 厳格で、粒度が細かく、すべてをさ らけ出すことで実現します。 正直疲れるし辛いです。 (但し、やるせない疲れは減ります。) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 71

73.

まとめ 今一度胸に問うてみてください  共通の物差しなく、成果物を作れとだけの 仕事の指示だけをしていませんか?  作業の手戻りばかりしてメンバーが疲弊して いませんか?  本当にいつ終わるのかわからない進捗報告 を聞いて満足していませんか?  見えているリスクに対して、先送りにしていま せんか? Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 72

74.

まとめ そんな人にぜひ Scrumをベースにしたプロジェクト運営、 プロジェクトマネージメントをおすすめします! Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 73

75.

まとめ そんな人にぜひ Scrumをベースにしたプロジェクト運営、 プロジェクトマネージメントをおすすめします! 『Scrum-based Management』 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 74

76.

目次 自己紹介 AgileとDevOps Scrumとは NRIにおけるプロジェクトへのScrum適用を考える(事例) まとめ おわりに Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 75

77.

おわりに お問い合わせ・ご相談は s-morizane@nri.co.jp までお気軽にどうぞ! どこの現場へもお伺いします! Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 76