[XP祭り2017][B-3(1)]DevOps時代のプロジェクトマネージメントを考えよう

150 Views

September 15, 17

スライド概要

profile-image

大手SIerでの開発/運用、大規模プロジェクトマネジメントを経験した後、ミドルベンチャーでCTO、通信系事業会社でエンジニアリングマネージャー、国立大学で非常勤講師などを歴任。プロダクト開発や組織づくりに造詣が深い。 2003年からアジャイル開発を実践しており、社内外問わずいくつものチーム、組織の支援を行ってきた。現在は、株式会社レッドジャーニーで認定スクラムプロフェッショナル(CSP-SM/CSP-PO)としてDX支援、組織変革に邁進している。 日本XPユーザグループスタッフ。 BIT VALLEY -INSIDE-ファウンダー。 保険xアジャイルコミュニティ「.insurance」オーガナイザー。 アジャイル経営カンファレンス実行委員。 SWise株式会社、Pluslab株式会社外部顧問。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

XP祭り2017 @早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構 B-3(1) DevOps時代の プロジェクトマネージメントを考えよう 2017年9月16日 株式会社野村総合研究所 森 實 繁 樹

2.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 1

3.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 2

4.

自己紹介 ■社内活動(仕事)について 2003年:某メーカー系SIerに就職 所属: 共通技術本部 LMC開発推進室 ○開発メンバー 2006年:野村総合研究所に転職 所属: 保険システム二部(ダイレクト損保) ↓ 保険システム五部(ダイレクト損保) ↓ イマココ 保険システム一部(メガ損保) ○アプリリーダー ○インフラリーダー ○プロジェクトマネージャ ○営業的なこと ○人材育成的なこと ■社外活動(コミュニティ活動等)について 2005年~:XPJUGのスタッフ(最近はちょっと幽霊気味) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 3

5.

自己紹介 ■座右の銘 一.常善を尽くせ 一.雨の日こそ笑え 一. 明日できることは明日やれ 一.Social change starts with you 一. 最高の仕事をしよう Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 4

6.

自己紹介 ■座右の銘 一.常善を尽くせ 一.雨の日こそ笑え 一. 明日できることは明日やれ 一.Social change starts with you 一. 最高の仕事をしよう Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 5

7.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 6

8.

本日の位置づけ ■壮大な三部作 7/24 POStudy SIerにおける自律した組織のツクリカタとプロダクトオーナーシップについて 9/16 XP祭り DevOps時代のプロジェクトマネジメントを考えよう 9/22 DevLOVE関西 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み 10/18 POStudy 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み(東京再演) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 7

9.

本日の位置づけ ■壮大な三部作 7/24 POStudy SIerにおける自律した組織のツクリカタとプロダクトオーナーシップについて 9/16 XP祭り DevOps時代のプロジェクトマネジメントを考えよう 9/22 DevLOVE関西 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み 10/18 POStudy 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み(東京再演) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 8

10.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 9

11.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 時代の潮流 ■大構築時代の終焉 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 10

12.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 時代の潮流 ■大構築時代の終焉 しっかり決めて しっかり作る 時代 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 11

13.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 時代の潮流 ■DevOps時代の勃興 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 12

14.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 時代の潮流 ■DevOps時代の勃興 小さく作って 素早く価値提供する 時代 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 13

15.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 PMBOKをふりかえる Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 14

16.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 PMBOKをふりかえる ■プロジェクト活動のプロセスとは WATERFALL 立ち上げ 計画 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 実行 管理・監視 終結 15

17.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 PMBOKをふりかえる ■プロジェクトとは 「プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、 所産を創造するために実施する有期性のある業務」 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 16

18.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 PMBOKをふりかえる ■プロジェクトとは 「プロジェクトとは、独自のプロダクト、サービス、 所産を創造するために実施する有期性のある業務」 『創造』のための活動 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 17

19.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 PMBOKをふりかえる プロジェクトマネージメントはプロジェクトマネージャのため プロジェクトマネージャは創造のための活動を行う Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 18

20.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 大構築時代は 要件決めがすべて (良い意味で)計画偏重 長期化傾向 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 19

21.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 DevOps時代は 価値(利益)がすべて 投資対効果重視 短期化傾向 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 20

22.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 DevOps時代は 価値(利益)がすべて 投資対効果重視 従来には みていない 従来の スコープにない 短期化傾向 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 21

23.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 すなわち 従来型のプロジェクトマネージメントだけでは通用しない ≒ 従来型のプロジェクトマネージャでは通用しない Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 22

24.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 プロジェクトの特性 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 原則全自動テスト実施 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 は中期経営計画に従う) 提供できるタイミングを目指す) 動くものはUATまでにできていればよい 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 価値を提供できる最小の単位で実装する 23

25.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 プロジェクトの特性 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 大構築時代より下げていいとは 原則全自動テスト実施 だれもいっていない 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 は中期経営計画に従う) 提供できるタイミングを目指す) 動くものはUATまでにできていればよい 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 価値を提供できる最小の単位で実装する 24

26.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 プロジェクトの特性 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 大構築時代より下げていいとは 原則全自動テスト実施 だれもいっていない 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を フラストレーションやリスクを軽減すること 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 は心理的安全性の一つ や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 は中期経営計画に従う) 提供できるタイミングを目指す) 動くものはUATまでにできていればよい 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 価値を提供できる最小の単位で実装する 25

27.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 プロジェクトの特性 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 大構築時代より下げていいとは 原則全自動テスト実施 だれもいっていない 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を フラストレーションやリスクを軽減すること 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 は心理的安全性の一つ や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 素早くつくる→アジャイルな開発 は中期経営計画に従う) 提供できるタイミングを目指す) 素早い価値提供→DevOps 動くものはUATまでにできていればよい 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 価値を提供できる最小の単位で実装する 26

28.

プロジェクトマネージメントのありかたの変化 プロジェクトの特性 大構築時代 DevOps時代 Q バグ0件 障害密度、ケース密度重視 X00人に同じ品質を要求 価値を妨げない範囲までは妥協可能 大構築時代より下げていいとは 原則全自動テスト実施 だれもいっていない 少数精鋭で高品質を目指す C 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を 積んで守る 一律最低限の開発端末でガンバる 環境は下位環境ほど劣悪になる 顧客の予算内で利益率を加味してリスク費用を フラストレーションやリスクを軽減すること 積んで守る クラウドやシンクライアントを利用して開発環境 は心理的安全性の一つ や実行環境を十分に用意する D 顧客と合意した日付にリリースする(年度あるい 顧客と合意した日付にリリースする(素早く価値 素早くつくる→アジャイルな開発 は中期経営計画に従う) 提供できるタイミングを目指す) 素早い価値提供→DevOps 動くものはUATまでにできていればよい 素早く作り、速やかに確認してもらう S システム化計画で定めたシステム全体の機能を 余すことなく実装する Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 1リリースあたりのスコープは小さくなる 価値を提供できる最小の単位で実装する ため、組織は継続的な活動としてトータ ルのスコープを確保する必要がある 27

29.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 28

30.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■体制 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 29

31.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■情報 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 30

32.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ よろしく Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 31

33.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ よろしく Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 32

34.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 33

35.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 34

36.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■体制(過渡期) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 35

37.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ よろしく Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 36

38.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ よろしく Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 37

39.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■仕事の流れ あ… Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 38

40.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■体制(最終形) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 39

41.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■情報 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 40

42.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 ■仕事の流れ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. エピソード1より再掲 さぁどうしようか 41

43.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■文化を変える(前) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 42

44.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 エピソード1より再掲 ■文化を変える(前) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 43

45.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 ■文化を変える(後) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. エピソード1より再掲 ボールをゴールに いれよう! 44

46.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 ■文化を変える(後) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. エピソード1より再掲 ボールをゴールに いれよう! 45

47.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 ■文化を変える(後) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. エピソード1より再掲 ボールをゴールに いれよう! 46

48.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 ■チームができたなら Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 47

49.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 体制の再構築 ■チームができたなら チームを信じろ そして守れ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 48

50.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 価値創造活動の継続 ここが俺のプロジェクトだ!! Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 49

51.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 価値創造活動の継続 ここが俺のプロジェクトだ!! Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 50

52.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 価値創造活動の継続 ビジネスに精通する人材 プロダクトマネージャの領域への突入 生産性に対する意識改革 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 51

53.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 生産性に対する意識改革 ■生産性とは 価値 -----コスト Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 52

54.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 生産性に対する意識改革 ■大構築時代 価値 ・・・一定(計画通り) -----コスト ↓・・・唯一寄与 単価下げるとか… Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 53

55.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの 生産性に対する意識改革 ■DevOps時代 価値 ↑・・・『価値』を高める そのためには -----・市場動向認知 ・仮説の定義 コスト ↓ ・効果検証の手法 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 54

56.

これからのプロジェクトマネージャに求められるもの これがすべてできた結果 プロジェクトマネージメントはチームのためのものになり プロジェクトマネージャは価値創造のための活動が行える Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 55

57.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 56

58.

SIerの限界 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 57

59.

SIerの限界 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による 自社 DevOps型 大構築型 顧客 DevOps型 SIer 大構築型 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 58

60.

SIerの限界 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による 自社 DevOps型 大構築型 顧客 DevOps型 SIer 大構築型 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 59

61.

SIerの限界 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による 自社 DevOps型 自社の変革と 顧客の協力が重要 大構築型 顧客 DevOps型 SIer 大構築型 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 60

62.

SIerの限界 限界を感じるところ (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による 自社 DevOps型 自社の変革と 顧客の協力が重要 = 大構築型 顧客 DevOps型 ステークホルダー マネジメントの重要性 SIer 大構築型 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 61

63.

SIerの限界 限界を感じるところ ここはエピソード3で 話します(たぶん) (前提) ビジネスを持っていない ビジネスはビジネスをする会社の方針による 自社 DevOps型 自社の変革と 顧客の協力が重要 = 大構築型 顧客 DevOps型 ステークホルダー マネジメントの重要性 SIer 大構築型 Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 62

64.

目次 自己紹介 本日の位置づけ プロジェクトマネージメントのありかたの変化 これからのプロジェクトマネージャに求められるもの SIerの限界 まとめ Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 63

65.

まとめ 私が考えるDevOps時代のプロジェクトマネージメントとは 従来のプロジェクトマネージメントに加えて プロダクトオーナーシップを発揮すること Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 64

66.

まとめ 私が考えるDevOps時代のプロジェクトマネージメントとは 従来のプロジェクトマネージメントに加えて プロダクトオーナーシップを発揮すること みなさんのプロダクトオーナーシップはなんですか? Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 65

67.

まとめ エピソードIIIに続く ■壮大な三部作 7/24 POStudy SIerにおける自律した組織のツクリカタとプロダクトオーナーシップについて 9/16 XP祭り DevOps時代のプロジェクトマネジメントを考えよう 9/22 DevLOVE関西 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み 10/18 POStudy 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み(東京再演) Copyright(C) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. 66