視線とコンテンツ分析に基づくエフェクトの追加によるコンテンツ閲覧体験拡張

167 Views

October 28, 15

スライド概要

コンテンツに合ったエフェクトを選び、視線情報をもとにそのエフェクトをコンテンツに重畳することで、コンテンツを視聴又は閲覧することをさらに楽しく、臨場感を出す研究

profile-image

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

視線とコンテンツ分析に基づくエフェクトの 追加によるコンテンツ閲覧体験拡張 田村 柾優紀(明治大学 B3/ JST CREST) 中村 聡史(明治大学 / JST CREST)

2.

デモ動画

3.

背景 • コンテンツをより立地にするための視聴およ び閲覧体験拡張手法 – ニコニコ動画のコメント – 動画共有サイトでの 視線共有の試み[松野 2012]

4.

背景 • エフェクトはコンテンツの面白さや状況の 把握し易さを増幅可能 – 視覚的装飾を可能とする手法[松田 2015]

5.

背景 • 視線検出装置 – ユーザがディスプレイのどこを見ているかを 測定可能な装置 – 現在のウェブカメラは今後視線検出装置の 機能を備える

6.

背景 • 視線検出装置 – ユーザがディスプレイのどこを見ているかを 測定可能な装置 – 現在のウェブカメラは今後視線検出装置の 機能を備える 視線の利活用による視聴・閲覧体験拡張

7.

目的 エフェクトを視線とコンテンツによって 変化させ、閲覧体験や視聴体験を拡張 • コンテンツに付与するべきエフェクトを コンテンツ分析によって推定 • 視線の位置に応じて、エフェクトを変化

8.

提案手法 • コンテンツ分析によるエフェクト推定 • 視線の位置に応じたエフェクトの付与 エフェクトをコンテンツに重畳 視線の位置に応じて変更 ページ 懐中電灯風の エフェクト 赤い×は視線の中心を表している

9.

コンテンツ分析方法 • パターンマッチによりエフェクト推定 – 動画コンテンツ • タイトル、コメント、タグ、動画紹介文など – テキストコンテンツ • タイトル、テキストなど • 辞書 エフェクト名 正規表現 重要度 懐中電灯風 / .* 怖 .* / +1点 懐中電灯風 /w{ 3 , }/ -3点

10.

実装(視線取得、エフェクト重畳方法) • Google Chrome のブラウザ拡張 – 視線取得 :Tobii EyeX – エフェクト重畳:JavaScript

11.

実装(エフェクト例) 星 スポットライト 霧 モザイク

12.

実験 • 対象 – 実験協力者:18歳~21歳 大学生8名 エフェクト 使用コンテンツ 集中線 スポットライト 懐中電灯風 霧 16 パターン

13.

アンケート内容 • 内容 – 有用性を計るために定義した指標での評価 • (例1)集中線:疾走感 • (例2)スポットライト:マジックの見抜き易さ – 各コンテンツに重畳した際の見易さの評価 – その他:自由記述、(テキストのみ)要約 • 評価方法 • -3~+3の7段階のリッカート尺度

14.

実験結果(動画コンテンツ) エフェクト名 エフェクト有 エフェクト無 集中線 1.250 0.750 スポットライト -1.375 -1.625 懐中電灯風 1.375 0.750 霧 1.125 1.000 エフェクト有りと無しにおける各エフェクトにおいて定義した 評価値をまとめた表

15.

実験結果(動画コンテンツ) エフェクト名 エフェクト有 エフェクト無 集中線 1.250 0.750 スポットライト -1.375 -1.625 懐中電灯風 1.375 0.750 霧 1.125 1.000 スポットライト風の実験にはマジックの動画を用い、 マジックの見抜き易さを指標として定義

16.

実験結果(動画コンテンツ) エフェクト名 エフェクト有 エフェクト無 集中線 1.250 0.750 スポットライト -1.375 -1.625 懐中電灯風 1.375 0.750 霧 1.125 1.000 スポットライト風のエフェクトを使用した人の意見には、 難しいエフェクトがなくても分からなかったという意見があった

17.

実験結果(動画コンテンツ) エフェクト名 エフェクト有 エフェクト無 集中線 1.250 0.750 スポットライト -1.375 -1.625 懐中電灯風 1.375 0.750 霧 1.125 1.000 難し過ぎたため低評価

18.

実験結果(動画コンテンツ) エフェクト名 エフェクト有 エフェクト無 集中線 1.250 0.750 スポットライト -1.375 -1.625 懐中電灯風 1.375 0.750 霧 1.125 1.000 集中線と秋中電灯風のエフェクトはある程度有用性を確認出来た

19.

フィードバック • ポジティブ – 懐中電灯風のエフェクトを付けながら見るこ とで怖さが増した – 集中線により迫力が増したように感じた • ネガティブ – 実況者の明るさによって怖さが和らいだため、 あまり怖くなかった – 集中線が邪魔で読みにくかった

20.

相性が良かった動画例 URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm2197047

21.

相性が良くなかった動画例 URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm23560361

22.

考察(実験結果) • 集中線と懐中電灯風のエフェクトおいて効 果が表れたのは、アニメや漫画などで演出 によく使われているため? • エフェクトがかかっていない範囲が狭すぎ たために定義した指標での評価も悪化 • テキストコンテンツでは実験に用いたコン テンツも適切ではなかった

23.

応用 • 視線検出機能を搭載したHMD:FOVE – モニターだけでなく視界全体にエフェクトを表 示することにより閲覧体験拡張

24.

まとめ 視線とコンテンツ分析に基づくエフェクトの 追加によってコンテンツ閲覧体験を拡張する システムを提案 今後の課題 • システムの改良 • コンテンツ分析の評価