商品選択においてフォントがユーザの選択行動に及ぼす影響の調査

タグ

スライド概要

電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS), HCS-23において発表した際の資料です.

profile-image

Nakamura Laboratory (Meiji University)

@nkmr-lab

作者について:

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-03-29 14:00:00

各ページのテキスト

1. 商品選択において フォントがユーザの選択行動に 及ぼす影響の調査 川島拓也 築舘多藍 (明治大学 総合数理学部 3年) 細谷美月 山浦祐明 中村聡史(明治大学 総合数理学部)

2. エビ マヨネーズ チキン カレー タコヤキ コーン ポタージュ メンタイ ヤサイ サラダ

3. エビ マヨネーズ チキン カレー タコヤキ コーン ポタージュ メンタイ ヤサイ サラダ

4. と 商品選択 に 関する研究

5. 関連研究 ◦ 文字を表現するフォントが 消費者の商品評価に強い影響を与える ◦ All Dressed Up With Something to Say: Effects of Typeface Semantic Associations on Brand Perceptions and Consumer Memory [T. L. Childers, J. Jass 2008] ◦ 味に適する文字デザインがある ◦ The Taste of Typeface [C. Velasco, A. T. Woods 2015]

6. 背景・目的

7. 背景 選択行動への影響 値段 商品名 味 量 パッケージ デザイン

8. 背景 売れる 売れない

9. 研究の目的 商品選択などで 選ばれづらい選択肢への 誘導

10. 研究の目的 選択行動におけるユーザーの 迷い を 解決

11. 研究の目的 やイメージ画像の変更が容易 デジタルサイネージに 応用する!

12. 研究の目的 デジタルサイネージ

13. 研究の目的 デジタルサイネージ

14. 研究の目的 デジタルサイネージ 電子掲示板や 自動販売機での 商品提示

15. 研究の目的 デジタルサイネージ スマートフォンでの 買い物や行き先提示

16. これまでの研究

17. これまでの研究:ポップアウト サイネージ型自動販売機の商品選択における ポップアウトの有用性に関する検証[細谷 2018]

18. これまでの研究:ポップアウト 実際に デジタルサイネージの 自動販売機において 約 2,000 件 販売 サイネージ型自動販売機の商品選択における ポップアウトの有用性に関する検証[細谷 2018]

19. これまでの研究:ポップアウト 直接的 な 誘導!! 高 選択率 サイネージ型自動販売機の商品選択における ポップアウトの有用性に関する検証[細谷 2018]

20. 背景 直接的 な誘導 間接的・無意識 に!

21. 提案手法

22. 提案手法 での誘導

23. エビ マヨネーズ タコヤキ コーン ポタージュ 間接的な誘導!! チキン カレー メンタイ ヤサイ サラダ

24. 実験

25. 実験の目的 消費者の 提示される 選択行動 が に 影響 を受けることを検証する

26. 実験概要(予備実験・本実験) ランダム で 提示 パッケージ は 隠す

27. 予備実験

28. 予備実験 ○ ○ ○ うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ソイジョイ …11種類 出張型 / 設置型 お菓子選択 フォント提示 味選択

29. 予備実験:お菓子 ○ ○ ○ うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ソイジョイ …11種類 出張型 / 設置型 お菓子選択 フォント提示 味選択

30. 予備実験:お菓子 個包装・入手が容易・味が豊富 うまい棒 … 9種類 ○ チュッパチャップス … 6種類 ○ ソイジョイ … 11種類 ○

31. 予備実験:実験環境 ○ ○ ○ うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ソイジョイ …11種類 出張型 / 設置型 お菓子選択 フォント提示 味選択

32. 予備実験:実験環境 出張型 設置型 キャンパスの学生を対象 ◦ 実験者が端末を持つ ◦ 授業後に実施 ◦ 研究室の所属学生を対象 ◦ 設営スペース ◦ 任意のタイミング ◦

33. 予備実験:システム操作の流れ ○ ○ ○ うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ソイジョイ …11種類 出張型 / 設置型 お菓子選択 フォント提示 味選択

34. 予備実験:システム操作の流れ お菓子選択 フォント提示 味選択

35. 予備実験:システム操作の流れ 9種類から ランダムで1種 お菓子選択 フォント提示 味選択

36. 予備実験:システム操作の流れ お菓子選択 フォント提示 味選択

37. 予備実験 ◦ 出張型 : 169 件 (2018/11/19,29,26,27) ◦ 設置型 : 490 件 (2018/11/19 ~ 2018/12/21) 記録データ ○ ○ ○ ○ ○ 日付 提示フォント 選ばれた味 味のボタン位置 選択にかかった時間

38. 2.5秒 -0.5 -1.0 -1.5 -2.0 -2.5 -3.0 -3.5 -4.0 -4.5 -5.0 -5.5 -6.0 -6.5 -7.0 -7.5 -8.0 -8.5 -9.0 -9.5 -10.0 10.0 - 50 事前に味を 決めていた 度数(回) データの取り扱いについて 選択時間ヒストグラム(予備実験) 80 70 60 40 30 意図しない 影響を 考慮し 20 取り除く 10 0 選択にかかった時間(S)

39. データの取り扱いについて 予備実験では 十分にデータが得られた うまい棒の結果を紹介

40. 予備実験の結果:うまい棒 0秒~10秒

41. データの取り扱いについて 味やフォントの 偏りを考慮 選択された割合の算出 各 味 の合計個数で正規化 ↓ 各 フォント の合計値で正規化

42. 予備実験の結果:うまい棒 0秒~10秒 同フォント中で味が選ばれた割合(%) 期待値 100% / 味9種 ≒ 11.1%

43. 予備実験の結果:うまい棒 2.5秒~10秒 期待値 100% / 味9種 ≒ 11.1% 同フォント中で味が選ばれた割合(%)

44. 予備実験の考察 選択された味に偏りがある フォント によって商品選択 に 影響 がある可能性

45. 予備実験の考察 しかし 選択時間を絞る前後で データにあまり差がない フォント による 影響 は 薄い?

46. 予備実験の考察 焦りや プレッシャー 出張型 フォントに意識を 向けられなかった 可能性

47. 本実験

48. 本実験 うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ○ ソイジョイ …11種類 ○ こんにゃく畑 …6種類 ○ ○ お菓子選択 設置型 のみ 味選択(フォント提示)

49. 本実験:お菓子 うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ○ ソイジョイ …11種類 ○ こんにゃく畑 …6種類 ○ ○ お菓子選択 設置型 のみ 味選択(フォント提示)

50. 本実験:お菓子 予備実験 本実験 影響の検証はできた 幅広いデータを収集 うまい棒 … 9種類 チュッパチャップス … 6種類 ○ ソイジョイ … 11種類 ○ こんにゃく畑 … 6種類 ○ ○

51. 本実験:実験環境 うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ○ ソイジョイ …11種類 ○ こんにゃく畑 …6種類 ○ ○ お菓子選択 設置型 のみ 味選択(フォント提示)

52. 本実験:実験環境 出張型 設置型 のみ フォント以外の 影響に配慮 キャンパスの学生を対象 ◦ 実験者が端末を持つ ◦ 授業後に実施 ◦ 研究室の所属学生を対象 ◦ 設営スペース ◦ 任意のタイミング ◦

53. 本実験:システム操作の流れ うまい棒 …9種類 チュッパチャップス …6種類 ○ ソイジョイ …11種類 ○ こんにゃく畑 …6種類 ○ ○ お菓子選択 設置型 のみ 味選択(フォント提示)

54. 本実験:システム操作の流れ お菓子選択 味選択(フォント提示)

55. 本実験:システム操作の流れ 9種類から ランダムで1種 お菓子選択 味選択(フォント提示)

56. 本実験 記録データ 2,361 件 ○ (2018/12/21 ~ 2019/3/22) ○ ◦ 設置型 : ○ ○ ○ 日付 提示フォント 選ばれた味 味のボタン位置 選択にかかった時間

57. 結果

58. データの取り扱いについて 十分にデータが得られた うまい棒とこんにゃく畑の 結果を紹介

59. 本実験の結果:うまい棒 0秒~10秒 期待値 100% / 味9種 ≒ 11.1 % 同フォント中で味が選ばれた割合(%) ひげ文字 タコヤキ 18.5% 行書体 ヤサイ サラダ 22.0%

60. 期待値 本実験の結果:うまい棒 100% / 味9種 2.5秒~10秒 同フォント中で味が選ばれた割合(%) ≒ 11.1 % ひげ文字 POP1体 コーン ポタージュ 18.7% ひげ文字 タコヤキ 20.0% 円楷書 タコヤキ 19.2% チーズ 20.3% 行書体 ヤサイ サラダ 18.6%

61. 本実験の結果:うまい棒 期待値 100% / 味9種 2.5秒~10秒 同フォント中で味が選ばれた割合(%) ≒ 11.1 % ひげ文字 クリスタル エビ マヨネーズ 4.3% 娥眉明朝体 まるもじ体 メンタイ 0.0% 金文体 チーズ 4.3% チーズ 3.8% ヤサイ サラダ 2.9%

62. 本実験の結果:こんにゃく畑 0秒~10秒 100% / 味6種 ≒ 16.7 % 同フォント中で味が選ばれた割合(%) クリスタル いちご ミルク 23.0% 期待値 娥眉明朝体 金文体 りんご 24.3% 白桃 25.8%

63. 本実験の結果:こんにゃく畑 期待値 100% / 味6種 2.5秒~10秒 同フォント中で味が選ばれた割合(%) ≒ 16.7 % クリスタル いちご ミルク 27.1% ひげ文字 POP1体 ぶどう まるもじ体 いちご ミルク 27.9% 30.7% 娥眉明朝体 コーヒー 31.8% 白桃 30.4%

64. 本実験の結果:こんにゃく畑 期待値 100% / 味6種 2.5秒~10秒 同フォント中で味が選ばれた割合(%) ≒ 16.7 % ひげ文字 いちご ミルク 6.9% まるもじ体 娥眉明朝体 いちご ミルク 0.0% 金文体 コーヒー 0.0% POP1体 白桃 9.8% コーヒー 0.0%

65. 味9種を6種に正規化した割合 エビ マヨネーズ タコヤキ コーン ポタージュ 13.2 % 36.1 % 15.7 % 期待値 100% / 味6種 ≒ 16.7 % チキン カレー メンタイ ヤサイ サラダ 20.4 % 0.0 % 14.6 %

66. 味9種を6種に正規化した割合 エビ マヨネーズ タコヤキ コーン ポタージュ 16.7 % 13.1 % 13.9 % 期待値 100% / 味6種 ≒ 16.7 % チキン カレー メンタイ ヤサイ サラダ 16.7 % 14.6 % 24.9 %

67. 結果まとめ 選択される 味 は フォント によって偏りがある が 商品選択 に 影響 している!

68. 結果まとめ 選択された味の 偏りが小さいフォント がある 特定の味に影響を与えない がある

69. 考察

70. 考察 結果より,フォントによって ○ ○ 一部の商品選択 を誘導 あえて偏らない選択 を誘導 の可能性を示唆

71. 考察 本研究を応用する際、 傾向の似ているフォントを省くと効率的 フォントごとのスコアをもとに フォント同士のコサイン類似度を算出

72. 考察 クリスタルとPOP1体 互いに代用可 類似度高 娥眉明朝体・金文体 他との代用不可 他との類似度低

73. 応用

74. 応用先 デジタルサイネージ 選択側 迷いが を 解決される 変更することで 選択行動を誘導 提示側 ユーザが 選択に迷っている 分散する ユーザーを分散させる

75. 展望

76. 今後の展望 特定の味と フォントのみを評価した 個人の好み、 反復利用による印象の記憶 フォントの印象値を フォント以外の 実験の指標に加える、 影響も考慮、 味やフォントを増やす、 好みが出づらい検証、 味以外への影響を調査 システム自体の見直し

77. まとめ

78. まとめ(結果・考察) フォント 影響 味 選択 の 誘導 が可能に!