コミック読書進度を考慮したシーン提示による続巻の消費への動機付けに関する研究

-- Views

February 20, 19

スライド概要

2019.02.01 修士論文発表会

profile-image

Nakamura Laboratory (Meiji University)

@nkmr-lab

スライド一覧

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

コミック読書進度を考慮したシーン提示による 続巻の消費への動機付けに関する研究 佐藤 剣太 先端メディアサイエンス専攻 中村聡史研究室 学籍番号:2722172041 2019.02.01 (金) 修士論文発表会

2.

本研究の概要 コミックの読書状態に応じて続きを 読みたくなるページの内容を解明 読書状態=読者がある作品をどこまで読み、内容を 体験したかという状態 • コミックの読書状態が、続きを読むモチベーションに どう影響しているかについて調査 • 読書状態を考慮した推薦ページのデータセット構築

3.

本研究の概要 - 各ユーザに適した広告 • 作品の読書量に応じて広告を動的に変更 読んだ経験なし 第1巻まで読了 第10巻まで読了 内容を知らない 内容を少しだけ 知っている 内容をある程度 知っている 読書状態に応じた 推薦内容の違いとは? ❌ 1

4.

背景 • コミックは長い間多くの人に楽しまれている - 1年間の発行部数 = 4億冊 - 1年間の売上額 = 4,600億円 • 電子媒体の普及により作品も電子化 - ebookJapanのコミック取扱冊数 = 約31万冊

5.

背景 コミックの一部を掲載するWeb広告 • 作中の重要なシーン • 多くの読者にとって魅力的なシーン 従来のWeb広告の問題点 • 作品の読書経験に関係なく表示されるため画一的な広告 - 読者の読んだシーンの提示が効果的な購買につながるか不明 • 読者ごとの読書状態に適した広告を載せることが必要 - 未読、〜巻まで読み進めた、などの状態

6.

関連研究 - コンテンツの推薦 • The effect of context-aware recommendations on customer purchasing behavior and trust [Gorgoglione 11] - ユーザの購買履歴に基づいた商品推薦がユーザの行動に作用 • インターネットにおける広告の効果に関する研究 [藤田 00] - Webページの構成とユーザの興味度合いを表す定量化モデルを 作成 本研究ではコミックを対象とし、 読書状態に応じたモチベーションの違いと 適切な推薦ページについて分析

7.

読書影響実験 - 読書の経験は関係するのか? 既に読んだシーンを提示すると効果的? ? 済 もしくは まだ読んでいないシーンを提示すると効果的? ? 未

8.

読書影響実験 - 概要 データセット構築者 • 推薦シーンの選出をおこなってもらった ①作品を全て読む ②前半/後半からシーン選出 前半 後半

9.

読書影響実験 – 推薦ページ収集 4ジャンルから4作品ずつ選定 =16作品 ラブストーリー バトル 恋は光 DRAGON QUEST -ダイの大冒険- グランメゾンむらさきばし 銃夢 密・リターンズ! 学園ノイズ Oh! われら劣等生徒会 花影戦記 妖魔降臨 スポーツ SF 帯をギュッとね! アトム ザ・ビギニング Over Drive 女騎士、経理になる。 ジョバレ BEMADER・P やまとの羽根 宇宙課々付 エヴァ・レディ

10.

読書影響実験 – 推薦ページ収集 コミックからシーンを選出 • 対象:20〜23歳の男子学生 5人 コミック(第1巻) 推薦シーン × 4ジャンル 計16作品 = 96(ページ) 6(ページ)/作品 各作品について 投票形式で決定

11.

読書影響実験 – 推薦ページ収集 • 第1巻を読み、前半・後半部から見開き3ページずつ選択 • 各ページに対する好みの度合い(0〜100)を決定 前半 30 後半 10 70 50 40 50 30 100 A 20 10 70 20 B 40 20 5 70 50 60 C … 前半部、後半部それぞれで上位3位のページを選出 ⇨評価実験に使用

12.

読書影響実験 データセット構築者 ①作品を全て読む ②前半/後半からページ推薦 未読部分 既読部分 評価者 ①作品を途中まで読む ②ページ評価 vs 既読部分 未読部分

13.

読書影響実験 – ページ評価実験 • 評価者と作品を2つのグループに分割 グ ル ー プ グ ル ー プ B A 読 書 評 価 ( 読 書 あ り ) 評 価 ( 読 書 あ り ) 読 書 作 品 群 作 品 群 α β

14.

読書影響実験 – ページ評価 • 対象:20〜24歳の大学生 32名 • 各作品の前半部のみを読む 前半部 後半部 (ページ数) 既読部分 • Webシステムにて推薦ページ の評価(–3〜+3 の7段階) 未読部分

15.

読書影響実験 - 実験結果 読みたくなる度合い 作品を読み進めると、未読(後半)部分を見た時に モチベーションを上げることが可能!

16.

実験結果 - ③年代別の評価値(読みたくなる度合い) 「読みたくなる度合い」年代別に分けて比較 〜1999年 2000年〜 • 新しい作品の方を読みたいと感じる傾向にあり - 評価者の年代(20〜24歳)が影響?

17.

データセット構築 未読シーンを提示する場合 • 個人による好みのブレや,ネタバレなど • 読書意欲の十分な増進につながらない? 他人に続巻を推薦するためのシーンの データセット構築をおこなう 自身が気に入ったシーンではなく、 「他者に薦めたいシーン」として選ぶ必要性

18.

データセット構築 前巻まで読んだ人/作品を読んだ経験のない人を想定し、 続巻を読みたくなると思うページを推薦 推薦者 対象者 前巻まで読了 対象者 読んだ経験なし 推薦対象によってページの内容に どのような傾向の違いが出るか分析

19.

データセット構築 (読書進度) 巻数 1 2 推薦対象 前巻まで読了 推薦者 (10名) 推薦対象 読んだ経験なし 作品数:4作品 巻内の全ページに対し、0〜2で推薦度を決定 - 0: 続巻を読みたくなると思わない - 1: 続巻を読みたくなるとやや思う - 2: 続巻を読みたくなると特に強く思う 3

20.

実験結果 「恋は光」(ジャンル:恋愛) 前の巻まで読了 作品を読んでいない 3巻 平均推薦度 2巻 ページ番号 人物の告白や返事など、関係 が変わるシーンを会話で表現 主人公や女性の回想シーンを 文章で表現

21.

実験結果 「アドアストラ」(ジャンル:バトル) 前の巻まで読了 作品を読んでいない 3巻 平均推薦度 2巻 ページ番号 軍勢の立ちふさがる様子や 戦いの様子をイラストで強調 敵対関係などを 会話で表現

22.

実験結果 「Over Drive」(ジャンル:スポーツ) 前の巻まで読了 2巻 3巻 平均推薦度 作品を読んでいない ページ番号 主人公が自転車を漕ぐ 躍動感をイラストで表現 レースの状況(優劣など)を 会話で表現

23.

実験結果 「アトム ザ・ビギニング」(ジャンル:SF) 前の巻まで読了 作品を読んでいない 3巻 平均推薦度 2巻 ページ番号 ロボットがピンチになり どう乗り切ったかを絵で表現

24.

考察 恋愛:どちらも会話が重要だが、できごとか回想かの 違いあり • なぜそのような回想をしているかのコンテキストが必要 バトル・スポーツ:未読者にはイラストで、既読者に は会話で面白さを伝えられる • 作品の第一印象はイラストで伝わるが、コンテキストを 踏まえるとライバル関係など会話にも面白みを見出せる SF:既読者にはイラストを強調したシーンが推薦

25.

考察 – 推薦ページの特徴 • 大きなコマを持つページ - 直線検出を用いたコマ数の 分割 - コマ数が少ないほど大きなコマをもつ • 活字によるセリフの量が少ないページ - 文字認識を用いた セリフの量の変化 画像的な特徴量を用いて機械学習を行い 推薦ページを自動推定できる可能性 Manga109[Matsui 15]

26.

まとめ • コミックのシーンの提示が、作品の読書意欲に及ぼ す影響について再検証 - • 途中まで読んだユーザに対しては未読シーンが有効 コミックの読書状態を考慮した推薦ページデータセッ トを構築 - イラスト/会話・文章のどちらで面白さを伝えられるかは、読書状 態とジャンルに依存する [今後の展望] • 画像特徴を用いた、シーンの自動選出手法の検討 【研究業績】 佐藤 剣太, 牧 良樹, 中村 聡史: 未読および既読シーンの提示が読者のコミック閲覧意欲に与える影響, 情報処理学会 研究報 告エンタテインメントコンピューティング(EC), 2018-EC-47(3), pp.1-8 (2018). 佐藤剣太, 牧良樹, 中村聡史: コミックの読書意欲を増進させる要素に関する分析,第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018), 1K1-OS-2a-01 (2018).