遂行の意思をボタンで選択することによるタスク推進手法の提案

798 Views

February 03, 21

スライド概要

日常生活を送るうえでやるべきことは多数あり,手帳やToDo管理アプリなどを用いて忘れないようにするものの,それでもタスクを消化できないことは少なくない.これは,従来のタスク管理手法が人のタスクに対するモチベーションの向上へと結びついていないことが要因だと考えられる.そこで本研究では,「タスクに取り組む」という実行の意思をボタンで選択させることによって,タスクに対するモチベーションを向上させ,タスク遂行を推進する手法を提案する.本研究では,タスク遂行の意思を示す場所である通知の選択肢の種類の比較実験によって提案手法の有用性を検証した.その結果,タスクを30分以内に遂行するようになることと,Webページでのタスクやタスクの遂行を後回しにしがちな人に対して特に効果的であることがわかった.

profile-image

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
3.

✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦

4.

✦ ✦ ✦ ✦ ๏ ‣

5.

✦ ✦ ✦

6.

✦ ๏ ✦ ๏ ๏ ๏

7.

✦ ๏ ✦ ๏ ๏ ๏

8.

✦ ๏

9.

✦ ✦ ✦

10.

✦ ๏ ๏

11.

✦ ✦ ✦ ๏

12.

✦ ๏ ‣

13.

✦ ✦ ๏

14.

15.

✦ ✦

16.

✦ ✦ ✦

17.

✦ ๏ ✦

19.

✦ ๏ ‣ ๏ ‣ ๏ ‣ ๏

20.

21.

22.

23.

24.

✦ ๏ ✦ ๏

26.

✦ ๏ ✦

29.

36.

✦ ๏