FileMakerユーザー向けのINTER-Mediator 4.0の新機能

>100 Views

November 06, 13

スライド概要

2013/11/06 INTER-Mediator勉強会2013-#2 発表資料

profile-image

株式会社エミック代表取締役。Claris FileMaker 認定デベロッパ、kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2020年2月)、kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年3月)。 https://www.emic.co.jp/

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

FileMakerユーザー向けの INTER-Mediator 4.0の新機能 2013/11/6 INTER-Mediator勉強会#2 松尾 篤(株式会社エミック)

2.

Agenda • FileMakerユーザー向けのINTER-Mediator 4.0の新機能 • INTER-Mediator 3.x系統との主な違い

3.

INTER-Mediator 3.x系統 との主な違い

4.

チェックボックスセット • FileMaker Server利用時に、チェック ボックスセットをWebページ上で実現 可能に(バージョン3.6以降) • FileMakerライクにフィールド内に改行区 切りで保存

5.

オブジェクトフィールド • オブジェクトフィールドをサポート(表 示のみ、バージョン3.7以降)

7.

PHP 5.2系統との互換性 • PHP 5.2系統を使用している場合でも、 INTER-Mediatorのネイティブ認証を利用 できるように(バージョン3.7以降) (Windows版FileMaker Server 11では PHP 5.2系統が使用されている)

8.

ネイティブ認証の改善 • FileMakerデータベースに設定されている アカウントを利用した認証周りが改善 (バージョン3.8以降)

9.

よりシンプルに • FileMakerのレイアウト上にキーフィール ドを配置する必要がなくなる(バージョ ン3.9以降) • ポータル展開に対応することで関連レ コード用の別レイアウトが不要に(バー ジョン3.10以降)

10.

サロゲートペアパッチ • FileMaker Server 12ではFX.phpのサロ ゲートペアパッチが不要に • params.phpで$dbDataType = ‘FMPro12’と 指定することでパッチをキャンセルで きるように(バージョン3.10以降)

11.

FileMaekr Server に関するシステム条件 • FileMaker Server 10 or later • OS X v10.6 or later

12.

まとめ • INTER-Mediator 4.0ではFileMaker Server との親和性や互換性が向上 • 今後も継続的に改善をしていく予定