NT函館でtoioガンダムを出展した話

492 Views

May 17, 24

スライド概要

profile-image

コンテンツメイカー ●脱出ゲームメーカーでゲームリリース中。累計10万プレイ達成! ●スマホARグラス「ボロレンズ」ヒーローズリーグ2021決勝進出&ホログラム賞 ●udemy「ユニティちゃんが教える!初心者向けUnity講座」制作 ●まなぶてらすバーチャル講師「創条ユニト」の中の人 ●お仕事の依頼はDMまで

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

NT函館で toioガンダムを 出展した話 きっポジ@kitposition (フォロー推奨)

2.

・主にUnityを使って映像作品や小ネタを作る人 ・ここ数年はAR/VRにハマり中 …さらにここ数日はBlenderにハマり中

3.

NT函館とは? ・NT:なんかつくってみた(NT)人たちが集まる ものづくり系展示会イベント ・NT京都、NT金沢など全国各地で開催 ・北海道ではNT札幌(2019・2020)に続いて2都市目 ・今回のテーマ:俺得の祭典 ・30組以上が出展、数百人が来場し大盛況! ・当日のレポート(函館市地域交流まちづくりセンター様)

4.

今回の出展品「toioガンダム」 SONYのキューブ型ロボットトイ ロボットアニメの金字塔 「toio(トイオ)」 「ガンダム」 ARで 融合

5.

今回の出展品「toioガンダム」

6.

「toioガンダム」の仕組み 中心さえ ずれなけ キューブ 概ね追随 が高速動 したAR れば 作しても 合成が可 能 ・使用した技術 ・Unity(AR Foundation) ・toio ・toio SDK for Unity ・Niantic Lightship ARDK

7.

「toioガンダム」の遊び方 先に体力が0になった方が負け 敵(ザク)は IF文の羅列 AIで自立稼働

8.

今回の展示にあたって改良したこと ・展示物としての遊びやすさの向上、トラブルのない安定した展示 ・ガンダムの重量バランスの改善→転倒防止 ・Lightship ARDKの採用による 画像認識の精度向上 →プレイ中のズレを極力防ぐ ・ゲームバランスの調整 →1回のプレイ時間を最適化 (展示品のゲームは一回プレイすると離脱される) ・プログラムを改善して初期化バグを潰す →来客が連続しても対応可能に ・技術説明をきちんと書いて掲示 →遊んで終わらず技術トークに繋がるように

9.

お客さんの評価は? ←函館市地域交流まちづくりセンター様のブログで お気に入り展示の1つとして紹介されました! 目標とした「安定した展示」は概ね達成され 今までで最も手応えがある結果になりました!

10.

今後やってみたいこと ・マルチプレイ化 ・MRグラス(Quest3など)への対応 ・Lightship ARDKの採用理由の1つ ・空間共有でより精密なAR合成やマルチプレイが可能に? (ShereARの機能があった) ・現時点ではtoioとBluetooth接続はできないっぽい ・技術的には可能っぽいが ・スマホアプリならではの面白さもある 展示イベントでアテンド可能なのか?w (現実と仮想が同時に見えてしまう混乱体験)