Stripeの開発者向け機能による 決済フロー開発・保守の効率化

4.1K Views

December 05, 23

スライド概要

決済フロー全体像から学ぶ 決済サービス活用実践LT

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

決済フロー全体像から学ぶ 決済サービス活用実践 LT Stripeの開発者向け機能による 決済フロー開発・保守の効率化 @hidetaka_dev Updated Apr 2023

2.

👋 Hello! Hidetaka Okamoto(岡本秀高) Developer Advocate @ Stripe 💬 @hidetaka_dev ✉ https://hidetaka.dev AWS Samurai 2017 AWS Community Builder Alexa Champions

3.

Increasing The GDP Of the Internet https://bfcm.stripe.dev/

4.

What is the main reason why businesses want to adopt prebuilt solutions? *岡本訳:構築済みの製品(SaaS / FaaSなど)を採用する理由はなにですか? コスト削減や 市場への投入速度に 関心が高まっている https://stripe.com/lp/state-of-subscription-and-billing

5.

State of payments 運用を開始してから見えてくる「様々な決済コスト」 手数料率 開発生産性 組み込みとメンテナンス 予定外の機能停止 コンプライアンスの維持 不正使用とチャージバック グローバル展開 データ侵害 会計上のオーバーヘッド 技術的負債 柔軟性のないシステム 5

6.

開発時間の41%は、 バグ対応や保守・技術負債に費やされている https://youtu.be/5aqwPlMHFM8

7.

開発時間を どのようにして 効率化するか?

8.

決済フロー全体像から学ぶ 決済サービス活用実践 LT Stripeを利用した「開発効率化」 ● ノーコード・ローコード製品で、 「開発せずに要件を満たす」 ● 開発者向け機能やツールを活用して、 「開発の手間を減らす」 ● LLMなどを用いた 「新しい開発者体験」 8

9.

コードを書かずに、 申し込みフォームや マイページを実装 https://stripe.com/docs/no-code/get-started

10.

“ユーザー向けの画面も用意さ れているので、自社のロゴを入 れるだけで新たに開発する必 要がありません。1週間という "爆速" で実装することができ ました” https://stripe.com/jp/customers/oh-my-teeth

11.

スムーズな請求と回収 メール認証ベースの ノーコード版カスタマーポータル New

12.

ローコードなマイページ組み込み Stripeによる、「段階的な独自UI化」 Payment Links / ダッシュボード ノーコードで素早く開始 ・メールアドレスまたはリンク ・単発・サブスクリプション ・システム連携はWebhook カスタマーポータル メール認証式マイページ ・請求情報の表示 ・決済情報の変更 ・プラン変更・解約など 12

13.

ローコードなマイページ組み込み Stripeによる、「段階的な独自UI化」 Payment Links / ダッシュボード Checkout / 料金表 ノーコードで素早く開始 段階的な「埋め込み化」 ・メールアドレスまたはリンク ・単発・サブスクリプション ・システム連携はWebhook ・リダイレクト型申し込みページ ・APIでシステムと顧客情報を連携 ・後ろの連携は、 ノーコード時代のシステムを活用 カスタマーポータル カスタマーポータル(ディープリンク) メール認証式マイページ 段階的な「埋め込み化」 ・請求情報の表示 ・決済情報の変更 ・プラン変更・解約など ・マイページTOPを独自UIに ・必要な「操作」を、 ディープリンクにて実現 13

14.

ローコードなマイページ組み込み Stripeによる、「段階的な独自UI化」 Payment Links / ダッシュボード Checkout / 料金表 Elements ( JS / iOS / Android ) ノーコードで素早く開始 段階的な「埋め込み化」 独自UIで「ホワイトラベル化」 ・メールアドレスまたはリンク ・単発・サブスクリプション ・システム連携はWebhook ・リダイレクト型申し込みページ ・APIでシステムと顧客情報を連携 ・後ろの連携は、 ノーコード時代のシステムを活用 ・埋め込み型決済フォーム ・より柔軟な決済シナリオ ・Appearance APIによるカスタマイズ カスタマーポータル カスタマーポータル(ディープリンク) APIを利用した独自UI メール認証式マイページ 段階的な「埋め込み化」 独自UIで「ホワイトラベル化」 ・請求情報の表示 ・決済情報の変更 ・プラン変更・解約など ・マイページTOPを独自UIに ・必要な「操作」を、 ディープリンクにて実現 ・Stripe APIをシステムに組み込み ・準備できた機能から順に ディープリンクより移行する 14

15.

ダッシュボードで デバッグの手間を 効率化

16.

Stripe APIの 呼び出し履歴 https://stripe.com/docs/no-code/get-started

17.

Stripe APIの 呼び出し履歴 https://stripe.com/docs/no-code/get-started

18.

ダッシュボードを使ったデバッグの効率化 期間やAPI・メソッド・エラーの種類でフィルタ

19.

ダッシュボードを使ったデバッグの効率化 Webhookに送信したデータとレスポンスは 詳細画面から確認可能

20.
[beta]
ダッシュボードを使ったデバッグの効率化

error.request_log_urlをSlackやSentryに送信する

{
"error": {
"message": "Finalized invoices can't be updated in this way",
"param": "custom_fields",
"request_log_url": "https://dashboard.stripe.com/test/logs/req_xxxx",
"type": "invalid_request_error"
}
}

21.

ダッシュボードを使ったデバッグの効率化 Webhookイベントの再送信も可能

22.

Next Generation Developer eXperience

24.

必要なデータを 必要なときに 今いるタブで 確認したい

25.

Stripe Workbench ( Private Bata )

26.

ダッシュボード 下部に常駐

27.

Next Generation Developer Experience 直近に発生したAPIエラーの分析とデバッグ

28.

Next Generation Developer Experience APIログやWebhook / イベント履歴もすぐに表示できる APIログ イベント・Webhook履歴 https://stripe.com/sessions 28

29.

Next Generation Developer Experience Stripe Shell: ブラウザから、Stripe APIをそのままテスト

30.

Next Generation Developer Experience API Explorer: テストしたAPIリクエストを 言語別にコード出力

31.

Next Generation Developer Experience システムの「異常」をダッシュボードでお知らせ 頻発しているAPIエラーの通知 直近のAPIエラー数 https://stripe.com/sessions 31

32.

Stripe Workbench (Preview) https://workbench.stripe.dev/workbench

33.

LLMを 活用する https://stripe.com/jp/newsroom/news/stripe-and-openai

34.

開発中 Sigma アシスタント LLMを利用して データ分析用SQLを テキストから生成

35.

開発中 Radarアシスタント LLMを利用して 不正利用対策の ルールを作成

36.

State of payments 表面化しにくいコストを、Stripeで効率化 手数料率 開発生産性 組み込みとメンテナンス 予定外の機能停止 コンプライアンスの維持 不正使用とチャージバック グローバル展開 データ侵害 会計上のオーバーヘッド 技術的負債 柔軟性のないシステム 36

37.

ビジネスのコア機能に 集中する仕組みを 安全かつ効率的に

38.

Next Generation Developer Experience Stripeとダッシュボードを、開発効率化にも活用しよう ノーコード・ローコード製品の段階的活用 Stripe Workbench https://stripe.com/sessions 38

39.

Thanks! 今年もアドベントカレンダーやります! https://adventar.org/calendars/9070 https://stripe.com/sessions 39