Stripeではじめるサブスクリプション - どんな料金体系がStripeで実現できるのか? / JP_Stripes Tokyo 202309

2.6K Views

September 27, 23

スライド概要

JP_Stripes Tokyoでの登壇資料です

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

JP_Stripes東京 Vol.10 Stripeではじめるサブスクリプション どんな料金体系がStripeで実現できるのか? @hidetaka_dev Updated June 2023

2.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? 料金モデルを知ることで、ビジネスの柔軟性を高めよう 定額・ 段階 定額+ 従量 従量 2

3.

JP_Stripes東京 Vol.10 👋 Hello! Hidetaka Okamoto(岡本秀高) Developer Advocate @ Stripe AWS Community Builder 💬 @hidetaka_dev ✉ [email protected] Hyogo / Kyoto, Japan

4.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? なぜ今「価格」の話なのか? 40% 価格の最適化を検討している企業の割合 サブスクリプションと課金請求管理の現状に関する報告書- Stripe https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000077879.html https://stripe.com/sessions 4

5.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? なぜ今「価格」の話なのか? 40% 43% 価格の最適化を検討している企業の割合 解約率が今後増加するだろうと 予想する企業の割合 サブスクリプションと課金請求管理の現状に関する報告書- Stripe https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000077879.html https://stripe.com/sessions 5

6.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? 「価格」は解約理由になりやすい 顧客がサブスクリプションを解約する 主な原因は何だと考えていますか? 価格 サービスが顧客のニーズ を満たせなかった サービスが不要になった 競合サービスへの移行 その他・わからない サブスクリプションと課金請求管理の現状に関する報告書- Stripe https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000077879.html https://stripe.com/sessions 6

7.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? 「価格」は解約理由になりやすい 顧客がサブスクリプションを解約する 主な原因は何だと考えていますか? 価格 サービスが顧客のニーズ を満たせなかった 25% サービスが不要になった 競合サービスへの移行 その他・わからない 顧客離れ対策で、 価格を引き下げることを検討する企業の割合 サブスクリプションと課金請求管理の現状に関する報告書- Stripe https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000077879.html https://stripe.com/sessions 7

8.

価格設定と料金プラン設定は SaaSの収益性に 大きな影響を与える 8

10.

複雑な課金ロジックをシ ンプルに ● 継続課金 週 / 月 / 年 / カスタム ● 単発の請求との組み合わせ 初回手数料・更新料など ● 柔軟な価格モデル 従量課金や段階的価格 ● 割引・トライアル ● etc…

11.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? Stripe Billingで作れる料金体系モデルの例 ● 標準の料金体系 ● パッケージ料金体系 ● 数量ベースの料金体系 ● 段階的な料金体系 11

12.

Stripeの料金体系モデルいろいろ 標準の料金体系 ● 1つの価格 ● 合計額は 数量に比例 ● 1,000円 51ユーザー -> 51,000円

13.

Stripeの料金体系モデルいろいろ パッケージ 料金体系 ● 1つの価格 ● ユニット単位で 合計金額が増加 ● 10,000円 51ユーザー -> 60,000円

14.

Stripeの料金体系モデルいろいろ 数量ベースの 料金体系 ● 数量ごとの価格 ● ユニット単価は 該当数量で決定 ● 左表の価格 51ユーザー -> 45,900円

15.

Stripeの料金体系モデルいろいろ 段階的な 料金体系 ● 数量ごとの価格 ● ユニット単価は 該当数量で決定 ● 左表の価格 51ユーザー -> 59,900円

16.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? サービスの使われ方に応じた料金モデルの選定 ● 数量に比例した請求金額 -> 標準な料金体系 ● 特定ユニット単位で金額を変更 -> パッケージな料金体系 ● 数量に応じて全体の単価を変更 -> 数量ベースな料金体系 ● 閾値ごとに単価を設定 -> 段階的な料金体系 ● 定額 + 従量課金の組み合わせ -> 数量ベース or 段階的 16

17.

多岐にわたる料金体系を どのように実装するか? 17

18.

Billing概要 Billing オブジェクト間の処理の流れ Products Customer Prices 500 円 / 月 1000 円 / 月 機能料金 会員料金 10000 円 / 年 18

19.

Billing概要 Billing オブジェクト間の処理の流れ Products Customer Subscription Prices 500 円 / 月 Invoices Paid: Aug. 2020 1000 円 / 月 機能料金 会員料金 10000 円 / 年 19

20.

Billing概要 Billing オブジェクト間の処理の流れ Products Customer Subscription Prices 500 円 / 月 Invoices Paid: Aug. 2020 1000 円 / 月 機能料金 会員料金 10000 円 / 年 Paid: July. 2020 20

21.

Billing概要 料金や商品の中身を、サブスクリプションは意識しない Products Customer Subscription Prices 500 円 / 月 Invoices 申し込み処理で、 料金体系の違いは 考慮しなくて良い Paid: Aug. 2020 1000 円 / 月 機能料金 会員料金 10000 円 / 年 Paid: July. 2020 Paid: June 2020 21

22.

サブスクリプションの作り方 await stripe.subscriptions.create({ customer: 'cus_xxxxxx', items: [{ price: 'price_xxxxxxx', quantity: 51, }] }) 料金IDと顧客ID 数量を指定する

23.

サブスクリプションの作り方 await stripe.subscriptions.create({ customer: 'cus_xxxxxx', items: [{ price: 'price_xxxxxxx', quantity: 51, }], promotion_code: 'promo_xxx', trial_period_days: 7, }) 割引や トライアルの 設定

24.

サブスクリプションの作り方 await stripe.subscriptions.create({ customer: 'cus_xxxxxx', items: [{ price: 'price_xxxxxxx', quantity: 51, }], trial_period_days: 7, trial_settings: { end_behavior: { missing_payment_method: 'cancel', }, }, }) トライアルで、 支払い方法を 後から登録する

25.

サブスクリプションの作り方 await stripe.subscriptions.create({ customer: 'cus_xxxxxx', items: [{ price: 'price_xxxxxxx', quantity: 51, }] }) 料金IDと顧客ID 数量を指定する

26.

サブスクリプションの作り方 const session = await stripe.checkout .sessions .create({ success_url: 'https://example.com/thanks ', cancel_url: 'https://example.com ', line_items: [{ price: 'price_xxx', quantity: 1, },{ price: 'price_xxx', quantity: 1, }], mode: 'subscription' , }) return Response .redirect (session.url, 303) Checkoutでは、 初回手数料ありの サブスクリプションも 提供することが可能

27.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? 実装時には、料金体系の違いは意識せずに済む ● Subscription / Price / Customerそれぞれ独立したデータ ● 「どのIDの料金でサブスクリプションを作るか?」だけ 意識すれば、申し込みフローのAPI組み込みが可能 ● Checkout ( リダイレクト型申し込みフォーム )では、 初回手数料などの1回きり請求も、まとめて処理できる 27

28.

One more thing 28

29.

Stripeで「従量課金・使っただけ課金」を実装する Usage based billing(従量課金) 従量課金プランの作成 顧客への課金 使用量の記録 subscription amount: 1400 invoice item item Plan amount: 800 usage record amount: 200 quantity: 4 currency: JPY timestamp: 1586475800 interval: week usage_type: metered item item Plan amount: 600 usage record amount: 100 quantity: 6 currency: JPY timestamp: 1585872000 interval: week usage_type: metered 29

30.
[beta]
Stripeで「従量課金・使っただけ課金」を実装する

UsageRecordで、「どれだけ使ったか」を登録
const subscription = await stripe.subscriptions.retrieve('sub_xxxx');
const usageRecordPrice = subscription.items.data.find(item => {
return item.price.recurring?.usage_type === 'metered';
});
if (usageRecordPrice) {
await stripe.subscriptionItems.createUsageRecord(usageRecordPrice.id, {
action: 'set',
quantity: 10,
timestamp: Math.floor(new Date().getTime() / 1000)
});
}
30

31.

Stripeで「従量課金・使っただけ課金」を実装する Stripeで「従量課金」を実装する ● サブスクリプションの作成方法は同じ ● 「どれだけ使ったか」をUsage Recordとして登録 ○ 登録しないと、「数量0」として扱われる ● SubscriptionのIDではなく、 SubscriptionLineItemsのIDを使う ○ 「サブスクリプション(sub_xxx)の、 この請求項目(si_xxx)についてUsageを登録する」 31

35.

Stripeのデータを使った、レポート分析や成長施策 BilligのダッシュボードでMRRやLTVを確認 35

36.

Stripeのデータを使った、レポート分析や成長施策 BilligのダッシュボードでMRRやLTVを確認 36

37.

Stripe Sigmaで SQLを使った より詳細な分析も

38.

Revenue and Finance Automation ( RFA )

39.

Life Time Value 顧客が取引を終了するまでに、 平均継続期間 x 平均売上高 x 粗利率 いくら企業に支払ったか https://stripe.com/sessions 39

40.

適切な価格設定は、 「平均売上高の向上」に貢献する 40

41.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? 「売上・決済」から「収益」へ https://offers.hubspot.jp/state-of-revops-report HubSpot: Revenue Operations ( RevOps ) https://stripe.com/jp/use-cases/finance-automation Stripe: Revenue And Finance Automation ( RFA ) https://stripe.com/sessions 41

42.

AWS & Stripeで RevOps https://www.docswell.com/s/hidetaka-stripe/K YWMN9-revops-stripe-aws

43.

10/4 オンライン https://stripe.events/saas-webinar

44.

Stripeではじめるサブスクリプション- どんな料金体系がStripeで実現できるのか? まとめ ● Stripeでは、様々な料金体系のサブスクリプションが作れる ● 料金体系ごとの実装方法は、ほとんど同じ ● レポートやSigmaで、価格が最適かを検証しよう ● RevOps / RFAなど、 「収益を最大化するための取り組み」をはじめよう 44

45.

Stripe Billing サブスクリプション変更管理 subscription 価格の変更 subscription item price A item price B 既存サブスクリプションを別の価格オブジェクトに変更する 日割り計算 ビジネス要件に合わせて柔軟にオン・オフできる 45

46.
[beta]
サブスクリプション変更管理

Invoice RetriveUpcoming APIで変更をプレビュー
const subscription = await stripe.subscriptions.retrieve('sub_49ty4767H20z6a');
const items = [{
id: subscription.items.data[0].id,
Price: 'price_CBb6IXqvTLXp3f', // 変更したい項目
}];

const invoice = await stripe.invoices.retrieveUpcoming({
customer: 'cus_4fdAW5ftNQow1a',
subscription: 'sub_49ty4767H20z6a',
subscription_items: items,
subscription_proration_date: Math.floor(Date.now() / 1000),
});
46