FFG_会社紹介・採用説明資料

10.6K Views

April 26, 23

スライド概要

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の採用ピッチ資料です。

profile-image

ふくおかフィナンシャルグループの採用に関する情報をお伝えしていきます。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

会社紹介・採用説明資料 Updated on 2023.4.26

2.

Message 私たちのミッションは、暮らしと経済を、人と技術の力で進化させること。 日本初のスマホ専業デジタルバンクやオンラ゗ン口座振替サービスなど、 生活者向けのサービスを生み出しながら、法人向けの新しいソリューションも 続々と開発中です。 人とデジタルの力で、 暮らしと経済を新しく。  とりあえず、やってみる  本部と支店が連携して新しい価値を生み出す  少人数でスピード感を持って物事を進める このような風土を銀行の中に持ち込んで、変革を進めています。 誰もたどり着いたことのない未来をつくる。 暮らし、お金、地域、経済の変革を、共に目指してみませんか。

3.

目次 01 FFG 02 DX推進本部 03 アジャイル開発グループ 04 データ活用グループ 05 企画グループ〃システム設計グループ 06 IT統括部 07 労働環境 08 採用〃選考

4.

01. FFG

5.

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の概要 FFGは、九州を主な営業基盤として展開する 国内最大の広域展開型地域金融グループ 経済産業省発表 「DX銘柄」 2021年1月4日、 日本初のデジタルバンクとして に地銀で唯一選出 (2022) 『みんなの銀行』が開業 ※サービス開始は5月28日 + 総資産 29.1 兆円 預金 貸出金 20.5 兆円 16.7 兆円 ※ ふくおかフィナンシャルグループ全体、2022年3月末

6.

地銀業界におけるポジショニング 地銀グループの中で総資産規模をはじめ、様々な項目でトップシェアを誇ります 29.1 総資産規模 全国NO.1 総資産 (単位:兆円) 地銀 24.1 24.1 法人取引先数 1 NO. ※2022年3月末時点 19.1 14.9 14.2 13.1 地銀 12.1 1 NO. ※2022年3月末時点 ~ 4.3 4.2 1 NO. (出所)東京商工リサーチ (2019.3) 個人取引先数 655万 人 ※2022年3月末時点 メインバンク数 地銀 先 ※2022年3月末時点 預金・貸出金残高 17.3 28万 FP1級保有者数 448 ※2022年9月末時点 人

7.

グループの事業内容 3つの地方銀行にデジタルバンクを加えた 多様なグループ機能と人財力を備える総合金融グループ

8.

培ってきた強み 失敗を恐れない企業風土 シングルプラットフォーム〃マルチブランド クリエイティブでチャレンジングな企業風土、それ 各行のブランドを維持しながら、システムや商品 を許容できる決断力こそが、他社にはないFFGの サービスを共通化。規模の利益と効率性を同時に 強み。 追求する経営スタイル。

9.

近年の銀行を取り巻く外部環境の変化 窓口来店客が10年で3割減少 取引が窓口からWEBへ キ ャ ッ シ ュ レ ス 決 済 〃 ク ラ ウ ド 会 計 な ど フ イ ン テ ッ ク 企 業 の 台 頭 銀行の三大業務  預金業務  融資業務  為替業務 異業種の銀行業参入 例:セブン銀行, 楽天銀行 DXの加速が必要

10.

DXを加速するFFGの2wayアプローチ 既存ビジネスにおけるサービスの高度化 未来の銀行像の追及 デジタルの技術を活用して、これまでの デジタル起点の発想 銀行取引をより便利に、より効果的に 全く新しい未来の銀行像をゼロベースで追及 自社運営体制 デジタルチャネルの構築 ビジネス 企画 データ 分析 個人向け 法人向け 銀行アプリの刷新 サービス集約〃 ポータル化 システム 開発

11.

内製プロダクト例 FFG 他サービスを利用するための 収納企業〃エンドユーザー 共通認証基盤 双方に提供する オンラ゗ン口座振替サービス 子会社のサステナブルスケール社が 他行口座にも対応した 運営〃販売するSDGs診断サービス 法人用オンラ゗ン入出金 確認サービス 福岡銀行口座を持って いなくても利用可能な オンラ゗ン融資サービス 地域の小規模事業者の総合 振込〃給与振込〃口座振替DX を推進するサービス

12.

DX銘柄2022 地方銀行としては初となる「DX銘柄2022」に選定!! デジタル技術を前提としたビジネスモデルそのものの変革および経営の変革に 果敢にチャレンジし続けている企業として、デジタル技術を最大限に活用した 活躍を期待されています。 DX銘柄 〃〃〃 経済産業省が発表。東証の上場企業の中から、企業価値の向上につながるDXを推進する ための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業を選定。

13.

FFGのデジタル・IT人財 銀行のDXを担う、400名を超えるスペシャリスト集団 既存事業DX DX推進本部 130名 IT統括部 70名 〃 個人〃法人ビジネスのDXと、それを実現する ための組織〃人財〃風土のDXを推進 〃 銀行の生命線である基幹システムの安定と 堅固なセキュリテゖを堅持 〃 地方銀行としてのDXに関する新規ビジネス検討中 〃 高度なシステム゗ンフラとITガバナンスを実現 iBankマーケティング 50名 〃 金融機能と情報メデゖゕを融合させた スマホ専用ゕプリ 『Wallet+』を展開 新事業への挑戦 180名 デジタルだからできる、新たな付加価値提供する金融を ゼロから再定義した「みんなの銀行」を設立

14.

02. DX推進本部

15.

組織内の立ち位置 社長直轄の組織として全社横串でDXを推進 〃秘書室 代表取締役 〃経営企画部 〃人事統括部 〃クオリティ統括部 DX推進本部 -アジャイル開発グループ -データ活用グループ 〃総務部 〃市場統括部 〃営業統括部 〃事務統括部 〃IT統括部 -企画グループ 〃リスク統括部 -システム設計グループ 〃融資部 -デジタル人財育成グループ 〃監査部

16.

DX推進本部が取り組む領域 個人向け〃法人向けの新たなデジタルチャネルを構築するとともに、 既存業務のDX化を推し進めます 業務改革2nd 営業改革  デジタルチャネルの拡充  営業品質の均一化と顧客ニーズの充足 - 現物以外の全取引をデジタルチャネルへ - 営業活動をレコメンドする基盤システム - マーケテゖングの高度化  新たな店舗モデルの試行 - 軽量化〃無人化店舗の試行 個人アプリ  ヒューマンとデジタルの融合 - データ活用による顧客理解の進化 既存事業DXの起点 デジタルチャネルの構築 法人ポータル

17.

グループ間の協業体制 協業によりサービスの企画〃構築〃顧客提供の精度と速度向上を目指します DX推進本部 アジャイル開発 グループ プロダクト オーナー 開発〃運用〃保守 営業統括部 事務統括部など 企画〃システム設計 グループ ビジネス企画〃システム設計 データ活用 グループ データ解析〃モデル構築 バックエンド開発 外部パートナー(コンサルティング〃開発〃デザイン〃広告運用〃データ解析 等) IT統括部 セキュリテゖ ITガバナンス

18.

03. アジャイル開発グループ

19.

アジャイル開発グループの変遷 2018年に3名体制からスタートし、様々なチャレンジを経て 内製開発体制強化を図っています FY 2017 デジタル戦略部 新設 FY 2018 ゕジャ゗ル体制 発足 FY 2019 FY 2020 FY 2021 FY 2022 新プロダクト開発〃各プロダクト商用化 初の内製 プロダクトリリース ※2022.12時点で13プロダクト(開発中含む) 2022 実証実験 プロセス見直し グループ人数 3名 11名 21名 33名 56名 主な取り組み ■ 環境整備 - 自部門での予算確保 - 作業スペース拡張、可動デスク導入 - リモートワーク対応 ■ 人財育成〃採用 - 専門職制度開始 - キャリゕ採用チャネル拡大 - 外部研修による若手育成 ■ 開発プロセス - 実証実験プロセス見直し - ゕジャ゗ル開発標準見直し

20.

構成職種(アジャイル開発グループ) アプリケーション開発エンジニア iOS/Androidアプリ開発エンジニア 39名 プロダクトオーナー(企画者)や他のエンジニゕと 協業し、ゕプリケーション開発を行います 3名 スクラムマスター プロダクトオーナーとゕプリケーション開発エンジニゕで 構成される、スクラムチームのゕジャ゗ル開発を支援 します マネージャー (内製化推進マネージャー) 6名 SRE(インフラエンジニア) 5名 ゗ンフラの構築〃運用〃運用自動化を行います サービスデザイナー/プロダクトデザイナー 4名 サービスデザ゗ナーはサービスの体験設計〃プロトタ゗プ の作成を行い、プロダクトデザ゗ナーは設計に基づき デザ゗ンを行います スクラムチーム編成やプロダクトの割当、環境の改善、成長の支援、 他部署や外との折衝など、1つ上のレ゗ヤーから全体の生産性向上を行います

21.

開発チーム体制イメージ スクラムチーム単位でプロダクトを担当します マネージャー SRE(インフラエンジニア) スクラムチーム スクラムチーム スクラムチーム アプリケーション開発 エンジニア ( 2 ~ 5人) アプリケーション開発 エンジニア ( 2 ~ 5人) アプリケーション開発 エンジニア ( 2 ~ 5人) スクラムマスター スクラムマスター サービスデザイナー/ プロダクトデザイナー サービスデザイナー/ プロダクトデザイナー

22.

スクラム開発の流れ 各スクラムチームは、1週間スプリントでプロダクト開発を進めています このイベントによって、プロダクトバックログを順に実現して います デ゗リースクラム リフゔ゗ンメント (見直し) スプリント 毎日 スプリント レトロスペクテゖブ (開発期間) 1週間 スプリント計画 (計画) プロダクトバックログ (ふりかえり、改善) スプリントレビュー (成果確認、検査) スプリントバックログ ゗ンクリメント (動く成果物)

23.

アジャイル開発グループの構成 -出身- 新卒 6名 (11%) 入社後、営業店業務を経由せずに、エンジニゕ業務に携わったメンバー パートナー 10名 (14%) 常駐して内製組織を支える他社メンバー キャリア採用入社 29名 (50%) キャリゕ採用で入社したメンバー 社内キャリア転向 12名 (22%) 社内公募にて、銀行営業店業務から エンジニゕ業務にキャリゕを転向したメンバー 57名 計 (2023年2月現在)

24.

アジャイル開発グループの構成 -年代- 40代:13名 (26%) 30代:18名 (39%) 20代:16名 (35%) 47名 計 (2023年2月現在) ※パートナーを除く

25.

技術スタック 開発〃コミュニケーションに利用している主な技術スタックです チーム毎に自由度が高く、新しい技術の導入や見直しを随時行っています フロントエンド JavaScript バックエンド TypeScript インフラ ツール Strap

26.

メンバー紹介(アジャイル開発グループ) 松﨑 一孝 今村 仁美 吉富 晃也 スクラムマスター (2018年5月中途入社) アプリケーション開発エンジニア (2020年4月中途入社) アプリケーション開発エンジニア (2019年4月新卒入社) 前職ではゕミューズメント系ゲー ムやスマホゕプリの開発に従事。 現在はスクラムマスターとして、 チームのみではなく組織全体の 変革を目指して邁進中。組織を 飛び出したコミュニテゖ活動にも 精力的に取り組む。 前職ではコンサルテゖング会社の 社内SEとして独自WEB分析ツー ル開発に従事。 入社後はオンラ゗ン融資サービス 「フゖンデゖ」の開発を担当し、 チームの中核として活躍中。 入社後、天神町支店にて住宅 ローン、外国為替などを担当。 2020年に社内公募にてWebエ ンジニゕへ転向。現在は、個人 口座開設をWeb上で行うサービ スの開発に従事。

27.

04. データ活用グループ

28.

構成職種(データ活用グループ) データサイエンティスト 12名 データ分析やモデリング等を行い、プロダクト開発 やビジネス価値検証など、膨大なデータから有益 な示唆を引き出します データエンジニア 2名 データ分析やモデリングを行うためのデータ分析 基盤(データレ゗ク)の設計〃構築〃運用を行います ディベロッパー (バックエンドエンジニア) 6名 プロダクトオーナーやゕジャ゗ル開発グループのエンジ ニゕと協業し、サーバーサ゗ドの設計〃構築〃運用を 行います マネージャー (内製化推進マネージャー) 2名 各チームの編成やプロダクトの割当、環境の改善、 成長の支援、他部署や外との折衝など、1つ上の レ゗ヤーから全体の生産性向上を行います

29.

各職種の役割 データを活用してサービスの企画から運用、改善拡大まで貢献 データ サイエンティスト 企画 実証 市場調査 収益予測 ニーズ調査 開発 ディベロッパー 改善拡大 モニタリング 効果分析 運用保守 機能改善、拡張 モデル、プロダクト開発 KPI、KGI設定 モデル実装 (バックエンドエンジニア) 運用 データマート開発、バッチジョブ開発 API開発 データ移入 データエンジニア AWSサービス検証、導入 データレイク基盤構築、運用保守

30.

データ活用グループの構成 -出身- パートナー 7名(24%) 新卒 5名 (17%) 入社後、営業店業務を経由せずに、エンジニゕ業務に携わったメンバー 常駐して内製組織を支える他社メンバー キャリア採用入社 6名 (21%) キャリゕ採用で入社したメンバー 社内キャリア転向 11名 (38%) 社内公募にて、銀行営業店業務から エンジニゕ業務にキャリゕを転向したメンバー 29名 計 (2023年2月現在)

31.

データ活用グループの構成 -年代- 40代:3名 (14%) 50代:1名 (4%) 20代:14名 (64%) 30代:4名 (18%) 22名 計 (2023年2月現在) ※パートナーを除く

32.

FFGのデータ活用イメージ AWS上に行内や外部のデータを蓄積し、新サービスの開発に活用 データ 行内 情報系 FFG AWS基盤 サービス 自動化基盤 データレイク データ転送 蓄積〃整備 S3 RDS Fargate Glue 法人ポータル ECR 行外 Internet Gateway 分析環境 DX推進による データ拡大 Dynamo 顧客向け 個人アプリ EC2 Direct Connect API基盤 ECS Aurora Lambda Batch データ分析 可視化 Sage Transcribe Athena Maker Quick Sight 開発環境 API Gateway Findy 行内向け SFA Code Cloud9 Commit 新しいサービスの開発 クラウド利用の 拡大

33.

データ分析基盤(データレイク) 機密性が求められる金融業界において、先進的なデータレイク環境を構築

34.

メンバー紹介(データ活用グループ) 田原 卓弥 データサイエンティスト (2020年1月中途入社) 前職ではリゕル店舗のDXとして、 AIカメラに用いる画像認識モデル の構築や、需要予測等の開発に 従事。現在は与信スコゕリングモ デルやレコメンドの研究開発を行う 傍ら、副業でデータ活用のコンサル テゖングも行う。 平田 祥太郎 データサイエンティスト (2016年4月新卒入社) 入社後、北九州の営業店にて窓 口、外為〃ローン、資産運用を担 当。2018年にDX推進本部の前 身となる部署に異動。以降、主に 個人、法人向けの与信モデル開 発に従事。 濱田 舞 ディベロッパー(バックエンドエンジニア) (2019年4月新卒入社) デジタル人財として入社。営業 店を経ずにDX推進本部の前身 となる部署に配属。以降、個人 向け融資商品のDM発送モデ ル、与信モデルのサービス実装に 従事。

35.

05. 企画グループ〃システム設計グループ

36.

業務内容 システム設計グループ 企画グループ - DX戦略の全体統括および企画全般 - 主要プロジェクトの統括〃管理 • • • 個人向けゕプリの刷新 法人ポータルサ゗トの構築 SFA(営業支援システム)の刷新 - 新たなビジネスの検討 - 組織風土改革、社員のDXリテラシー向上等 - グループ全体のシステム設計(ゕーキテクト)を 統括 - 全社最適なゕーキテクチャの実現に向けた 企画〃推進 - システムゕーキテクチャを最適に導く ゕーキテクテゖング業務 - 主要プロジェクトでは、プロダクトオーナーと ともに活動し、プロダクト運営をシステム面から サポート(設計、品質、リスク)

37.

構成職種(企画グループ) プログラムマネージャー プロダクトマネージャー 個別プロジェクトの課題解決支援として、 ビジョン-KPI/KGI整合やリソース調整などを担当 プロダクトのビジョン〃コンセプト定義、 プロダクトバックログの管理〃優先順位の判断 変革推進プランナー チェンジエージェント 既存業務の改革推進、新たなビジネスモデルの 検討、商品〃サービス企画、ビジネスプロセス変革 DXの取組みに対する社内の風土改革〃 理解促進、社内外への情報発信 ビジネスストラテジスト リサーチャー 専門性を活かし、DX推進業務を広範囲に担当 ユーザーヒゕリングなどのUXリサーチ手法を通じて プロダクト開発をリサーチ面から補強

38.

構成職種(システム設計グループ) エンタープライズアーキテクト 全社視点で最適化されたITゕーキテクチャの レビュー、プロジェクトサポートを通じた適用推 進〃統制 IT補佐 プロダクトオーナーとともに活動し、プロダクト 運営をシステムの面(設計、品質、リス ク)からサポート 銀行ITシステム システム構築〃更改〃機能拡張プロジェクト におけるプロジェクト管理業務

39.

企画グループ・システム設計グループの構成 -出身企画グループ キャリア採用入社 2名 システム設計グループ 社内キャリア転向 1名 キャリア採用入社 2名 新卒 新卒 22名 25名 計 (2023年2月現在) 6 4名 計 名 (2023年2月現在)

40.

企画グループ・システム設計グループの構成 -年代企画グループ 40代:6名 30代:11名 システム設計グループ 20代:8名 25名 計 (2023年2月現在) 40代:2名 30代:2名 20代:2名 6 計 名 (2023年2月現在)

41.

メンバー紹介(企画グループ・システム設計グループ) 井本 一哉 高岸 由利子 大上 記央 プロダクトマネージャー プロダクトマネージャー エンタープライズアーキテクト (2022年7月入社) (2016年4月新卒入社) (2014年4月入社) 入社後、3つの営業店にて主に窓口 業務、個人向け資産相談業務を担 当。2022年からDX推進本部にて、 個人バンキングゕプリのプロダクトマ ネージャーとしてお客さまの真の悩み を解決できるゕプリを創るため奔走 中。 前職は大手Sierで金融システムの 開発に従事。入社後はIT統括部で プロジェクトマネージャ、サ゗バーセ キュリテゖ、クラウド推進等に従事。 2022年からDX推進本部で、全社 最適なシステムゕーキテクトの推進に チャレンジ中。 前職はSIerとして金融システムの開 発に従事。2022年7月に入社後、 法人ポータルのコミュニケーション機 能のプロダクトマネージャーとして、 ユーザーヒゕリングや検証を通し、プ ロダクトの方向性を決定している。

42.

06. IT統括部

43.

組織の立ち位置 代表取締役 〃秘書室 〃営業統括部 〃経営企画部 〃事務統括部 〃人事統括部 〃リスク統括部 〃クオリティ統括部 〃融資部 〃総務部 〃監査部 〃市場統括部 IT統括部 DX推進本部 -IT統括グループ -デジタル基盤グループ -IT企画管理グループ -サイバーセキュリティ対策グループ

44.

IT統括部のミッション・業務内容 ミッション 守り(安定性〃堅牢性)、攻め(スピード〃 実現に向けて  柔軟性〃コスト)を高度に両立するシステ ムインフラならびにITガバナンスを実現 し、FFGの成長に貢献する  安定性・堅牢性 - 基幹シ ステムの安定稼働 - サ゗バ ーリスクへの対処 ( セキュ リテゖ確保 ) スピード・柔軟性・コスト - シ ステム基盤高度化〃内製化 - 競争力あるITコスト実現 - ベストプラ クテゖスの集積〃還元 各グループ業務内容 IT統括 システム開発要望の統括〃管理及び調整 、IT基盤整備方針の策定、EUC推進策立案 デジタル基盤 クラウドサービスの統括、システム開発内製化施策の企画立案 IT企画管理 IT化基本方針〃施策の企画、システム共同化〃ゕウトソーシングの全体方針立案 、IT人財育成 サイバーセキュリティ対策 サ゗バーセキュリテゖ対策の企画〃情報収集、情報セキュリテゖ部会運営

45.

IT部門の体制・役割 グループ全体のIT企画、管理、統括業務 〃 システム開発案件の企画 IT統括部 〃 ベンダー管理〃交渉 〃 システムリスク管理方針、セキュリテゖ施策の企画 子会社での施策展開、管理業務 〃 システム案件の子銀行展開 〃 各銀行毎のテスト確認 福岡銀行 福岡銀行 IT管理部 IT管理部 熊本銀行 事務IT部 十八親和銀行 事務IT部 〃 銀行内のシステムリスク、セキュリテゖ管理 FFG独自システムの開発〃運用業務 〃 システム開発業務(銀行向け〃外部向け) FFGコンピューターサービス(FCS) ※福岡銀行関連会社

46.

構成職種(IT統括部) ITストラテジスト ITアーキテクト ビジネスをけん引するFFG全体の将来のIT戦略 を企画立案します IT戦略を実現するテクノロジー群や、全社的な システム構成の検討〃策定〃適用を行います ITサービスマネージャー リスク〃セキュリティマネージャー ITガバナンスや品質管理を行い、運用管理責 任者となります システム導入〃運用に関するリスク〃 セキュリテゖ対策確保や高度化を行います データマネージャー ITスペシャリスト データ品質の確保やデータ利用に関する規定 等の整備を行います 特定領域のスペシャリストとして、上流工程(基幹 系)〃スクラムマスター(ゕジャ゗ル開発)を担います プロジェクトマネージャー エンジニア DX領域と基幹系にかかる大型案件の全体推進 を行いプロダクトオーナーを補佐します 重要業務システムや内部API開発/データ連携等を 開発します(主にIT子会社が担当)

47.

プロジェクト体制イメージ(IT統括部) IT部門主導で大規模、かつ他行との共同プロジェクトの例 福岡銀行 プロジェクト統括責任者 プロジェクト責任者 事務局 プロジェクトリーダー メンバー(PMO) サブプロジェクト 役員 (FFG/CIO) 役員 IT部門長 共同化加盟銀行 関係部門 IT部門長 IT管理部長 副部長クラス 副部長クラス リーダー リーダー メンバー メンバー ITベンダー(ソフト) 役員 関係部門 ITベンダー(基盤) 役員 全体統括PM (役員) メンバー(PMO) IT部門 IT部門  サブプロジェクトA 業務リーダー 基盤リーダー 担当者 業務リーダー 基盤リーダー 担当者 PM メンバー  サブプロジェクトB 業務リーダー 基盤リーダー 担当者 業務リーダー 基盤リーダー 担当者 PM メンバー

48.

IT統括部の構成 -出身- パートナー 27名 (24%) 常駐して内製組織を支える他社メンバー 人事異動 40名 (36%) 銀行員として入行後、営業店等勤務後に キャリゕチャレンジではない 通常の人事異動で赴任したメンバー 計 111名 (2023年2月現在) キャリア採用入社 18名 (16%) キャリゕ採用で入社したメンバー 社内キャリア転向 26名 (24%) 社内公募にて、銀行営業店業務から エンジニゕ業務にキャリゕを転向したメンバー

49.

IT統括部の構成 -年代- 60代:1名 (1%) 50代:23名 (27%) 20代:13名 (16%) 30代:24名 (29%) 40代:23名 (27%) 84名 計 (2023年2月現在) ※パートナーを除く

50.

メンバー紹介(IT統括部) 前原 港 山口 敦子 笠 京輔 プロジェクトマネジャー ITスペシャリスト リスク〃セキュリティマネジャー (2011年12月入社) (2015年4月入社) (2016年9月入社) メガバンクIT部門から転職。現在、 法人゗ンターネットバンキングなどの チャネル接続系システムのIT企画を 担当。 貴重な戦力として活躍中です。 ITサービス会社から転職。現在、 RPAのラ゗センス調達〃設計〃案件 管理、ユーザー利活用の指導を担 当。 貴重な戦力として活躍中です。 大手総合電機メーカーの情報子会社 から転職。現在サ゗バーセキュリテゖ 対策の企画や情報収集、社内 CSIRTの運営を担当。 貴重な戦力として活躍中です。

51.

07. 労働環境

52.

快適な職務フロア オフィスをリニューアルしました! 広い空間に様々なタイプの座席があり、フリーアドレスで作業ができます

53.

選べる働き方  リモートワーク可 ※出社可能エリアに居住していることが条件  フルフレックス / 裁量労働制 選択可  服装はオフィスカジュアル  開発PCはMac / Windows 選択可  自分で選べる 5営業日連続有給制度  本社ビル内 社員食堂あり  業務時間内の技術コミュニティ / アイデア創出活動

54.

人財育成(デジタル資格取得支援) 自分のキャリア〃業務にあわせた自己啓発を習慣づけるため デジタル分野の推奨資格と奨励金制度を導入しています ※下記に記載の内容は一例となります 情報処理試験  基本情報技術者  応用情報技術者  各種 高度試験区分 1 万円 1.5 万円 5 万円 AWS 1 万円 アソシエイトレベル 最大 2 万円 プロフェショナル/専門知識 4 万円  基礎レベル   上記以外にも、職種に応じて推奨資格が多数設定されています Java, Python, データサイエンス, Linux, GCP, ウェブデザイン など

55.

08. 採用〃選考

56.

募集職種(DX推進本部) DX推進本部 募集職種 2023.3現在 - アジャイル開発グループ - 企画グループ 各職種の詳細は下記採用サイトよりご確認ください - データ活用グループ - システム設計グループ https://www.fukuoka-fg.com/recruit_career / アジャイル開発グループ 企画〃設計グループ • ゕプリケーション開発エンジニゕ • リサーチャー • iOS/Androidゕプリ開発エンジニゕ • ビジネスストラテジスト • SRE(゗ンフラエンジニゕ) • デジタルマーケテゖングプランナー • セキュリテゖスペシャリスト • プロダクトマネージャー • スクラムマスター • プログラムマネージャー • サービスデザ゗ナー • 変革推進プランナー • プロダクトデザ゗ナー • チェンジエージェント • 内製化推進マネージャー • エンタープラ゗ズゕーキテクト データ活用グループ • データサ゗エンテゖスト/データエンジニゕ • デゖベロッパー(バックエンドエンジニゕ)

57.

募集職種(IT統括部) IT統括部 募集職種 2023.3現在 - IT統括G - IT企画管理G - デジタル基盤G - サイバーセキュリティ対策G 募集職種 • IT補佐 • クラウド基盤推進管理者 各職種の詳細は下記採用サイトよりご確認ください https://www.fukuoka-fg.com/recruit_career /

58.

福利厚生  社保完備 (健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)  企業年金基金制  従業員財形預金制度  持株制度  退職金制度  独身寮、社宅完備  引っ越し金支援制度 ※遠方からの転居が必要な場合、引っ越し費用と交通費を負担させて頂きます  通勤手当  住宅手当

59.

選考フロー・エントリー窓口 Step1 書類選考 Step2 面接 Step3 内定 選考希望の方は採用サ゗トよりご応募ください https://www.fukuoka-fg.com/recruit_career/ • • 履歴書、職務経歴書をご提出いただきます あなたとポジションのキャリゕフゖットを確認します • • • 配属予定の事業部メンバー、責任者との面接を行います オンラ゗ン(Zoom)にて2~3回実施します(各40分~60分程度) あなたとFFGカルチャー〃応募ポジションとのマッチングを確認します • ぜひFFGで一緒に働きましょう! ※通常、ご応募いただいてから内定まで約3~4週間ほど要します。 ※ただし、応募者多数の場合は、面接調整の都合上、日程が延びる可能性がありますのでご了承ください。

60.

noteの紹介 noteによるFFGの取り組みに関する情報発信を行って おります 働いている社員や社内の様子も記載されていますので、是非ご覧ください https://note.com/ffg_oig/