インラインスケートが子どもに与える効果

360 Views

October 12, 22

スライド概要

インラインスケートが子どもに与える効果を紹介しています。
関連する記事は、こちら
https://daitoku.site/inlineskate-children-effect/
https://daitoku.site/inlineskate-good-children-activity-on-weekend/

profile-image

人を尊重して話を聞かせていただく「アクティブリスニング」エバンジェリスト『自己満足ではない「徹底的に聞く」技術』著者赤羽雄二氏公認 Clubhouseで本は読んで終わりじゃない行動するためのもの『アクションリーディング』実践 仲間と一緒に成長できる「親子のクオリティタイム」「最速ロールプレイング」「A4メモ書き」などのグループ運営中

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

インラインスケートが 子どもに与える効果

2.

インラインスケートは 子どもの成長に合ったバランストレーニング

3.

人の成長には段階がある 人の成長には段階があります。 スキャモンの発育曲線では、臓器のそれぞ れの発育パターンが示されています。 出典:国立スポーツ科学センター,発育・発達について https://www.jpnsport.go.jp/jiss/Portals/0/column/woman/seichoki_handobook_1.pdf

4.

スキャモンの発育曲線とは 1930年にスキャモンが作成した発育曲線です。 スキャモンは、人の身体諸属性を大きく4つのパターンに分類することを 提唱しました。

5.

4つのパターン 生殖型 子宮、卵巣、睾丸などが生殖型です。 思春期に入ると急激な発育を開始します。 一般型 骨格や筋肉、呼吸器、消化器、循環器など多くが一般型です。 乳児期と思春期に盛んな発育をします。 神経型 脳、頭蓋骨、脊髄、視覚器などが神経型です。 スパートが最も早く、学童期には成人に近い発育量を示します。 リンパ系型 リンパ腺や胸腺、扁桃腺などです。 乳幼児期から学童期にかけて発育は急激。

6.

神経系のスパートは最も早い 神経系は、スパートが最も早く、学童期には 成人に近い発育量を示します。 この時期は、器用さ、バランス感覚、リズム感 が一番育ちやすいといわれています。

7.

インラインスケートとは アイススケートのブレード(刃)状に 細いウィールを縦一列に配置したスケート

8.

インラインスケートは神経系が鍛えられる運動 正しいスケーティングを身につける過程で 姿勢改善・足腰の強化・柔軟性のあるバランスをつくります。

9.

インラインスケートは4歳から始めることができる 子どもに無理のないバランストレーニング インラインスケートは不安定ななか、バランス良く滑るもの。 自分の体重を利用した子どもに無理のないバランストレーニン グです。

10.

インラインスケートは 子どもの成長に合ったバランストレーニング

11.

スライド作成者 岡 大徳 Facebook https://www.facebook.com/oka.hironori.1 Instagram https://www.instagram.com/daitoku0110/ Twitter https://twitter.com/daitoku0110 成長記録 https://daitoku.site/ 関連する記事 https://daitoku.site/inlineskate-children-effect/ https://daitoku.site/inlineskate-good-children-activity-on-weekend/