映像制作者向けUE4で作る映像制作ワークショップ

タグ ue4

スライド概要

『映像制作者向けUE4で作る映像制作ワークショップ』で使用したスライドです。
http://crossmedia.kyoto/seminar_event/ue4workshop2018

profile-image

alwei

@alwei

作者について:

関西を拠点にUnreal Engineを専門とするゲームスタジオ、Indie-us Games代表&クリエイター。

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-05-12 15:51:00

各ページのテキスト

1. ~映像制作者向け~ UE4で作る映像制作ワークショップ

2. 自己紹介 株式会社Indie-us Games 代表取締役 中村 匡彦 関西でのUE4専門会社。 ゲーム制作だけでなく、映像制作やVRの案件もやります。 UE4のお仕事はいつでも募集しております!

3. ゲームエンジンを使う映像制作

4. 国内映像事例の増加 ・テレビドラマ版デスノート (デジタルフロンティア) ・HAPPY FOREST (マーザ アニメーション プラネット) ・PELICAN FANCLUB (東映ツークン研究所) ・ヘキサギア PR VIDEO (コラット) ・レイヤードストーリーズ ゼロ (ポリゴンピクチュアズ) 全てUE4をフル活用されています。

5. レイヤードストーリーズ ゼロ

6. レイヤードストーリーズ ゼロ 映像のポリゴンピクチュアズさんと、 ゲームのヒストリアさんがタッグを組んで制作。 UE4オンリーでレンダリングされたシーンも多いとか。 現在配信中のゲームアプリ内でアニメも配信中。

7. 海外では更に活発 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーで一部採用

8. 海外では更に活発 The Mill制作の「The Human Race」

9. Fortnite UE4の開発元であるEpic Games制作のゲーム。 国内ではあまり知られてないが、海外ではPUBGと 同じかそれ以上の大人気っぷり。 ゲームのトレイラームービーもUE4を使って制作。 もちろん全てリアルタイム。

10. Fortnite

11. Fortnite Understanding the Fortnite Cinematic Trailer Animation Pipeline https://www.youtube.com/watch?v=OLITdghhZxg Fortnite Trailer Pipeline | Unreal Dev Day Montreal 2017 | Unreal Engine https://www.youtube.com/watch?v=LS0VsMMTaQA Fortniteで実際に使用したリアルタイムパイプラインや 高速なワークフローについての解説をしているPDFドキュメント http://na-sj22.marketo.com /lp/754-DFT-709/UE-Virtual-production-Whitepaper.html

12. シーケンサー

13. シーケンサー UE4のシネマティックシーン作成ツール。 ゲームでのカットシーンはもちろん、 本格的な映像制作でも利用可能。 After Effectsに近いUIと編集感。 映像制作におけるメインツール。

14. シーケンサーのワークフロー 一般的な映像のワークフローはリニアワークフロー。 ここでいうリニアワークフローは色合成の事ではありません。 シーケンサーでは一度レンダリングしたものでも、 気軽に戻して確認ができる、ノンリニアワークフローが 実現できるように様々な面で配慮されています。

15.

16. シーケンサーのワークフロー 後工程段階で問題が起きた場合でも、 レンダリングコストは非常に低くなるので 問題があった場合でもその場で即時修正が可能。 再レンダリング時も前工程まで戻って作業が 発生する可能性が非常に低くなります。

17. Masterレベルシーケンス 複数人で同時に作業を行うことを可能とするために、 『レベルシーケンス』と呼ばれる作業単位で分割します。 レベルシーケンス内には、カメラカットや アクターの配置情報など必要な情報が含まれています。

18. ショットとテイク ひとつのレベルシーケンスの事をショットとも呼びます。 ショットはMasterレベルシーケンス内で自由に弄る事が可能と なっており、ノンリニアワークフローとなっています。 テイク機能を使うと複数のカットを保存する事ができ、 他のショットと比較しながらより良い映像を自分で選択が可能に。

19. サブシーンの合成 別のレベルシーケンスを、そのままレベルシーケンス内へと持っ てくることが可能です。 これを使うと作業をサブシーン単位で分割が可能で、 同じカットを複数人で同時に編集する事も可能となります。

20. Spawnables レベルシーケンス内でアクターを動かす場合、 そのシーケンス内で直接アクターを生成するかを選択可能です。 これはレベル上にアクターを直接配置せず、 汎用的なシーケンスを作成したい場合には非常に便利。