【Unity道場 自動車編】HMIにおけるUnity活用事例

763 Views

October 12, 21

スライド概要

2021/10/07に開催された Unity道場 自動車編 の講演スライドです。 
講師:町屋 直裕(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社)

Unityのイベント資料はこちらから:https://www.slideshare.net/UnityTechnologiesJapan/clipboards

profile-image

Unity Technologies Japan

@UnityJapan

スライド一覧

リアルタイム3Dコンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 事業開発マネージャー、自動車・輸送機器分野担当 町屋直裕 Generative Art — Made with Unity HMIにおける Unity活用事例

2.

町屋 直裕 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社 事業開発マネージャー 自動車・輸送機器業界担当 自動車部品サプライヤー、CAD・CAM・CAE メーカーを経て、ユニティー・テクノロジー ズ・ジャパンに入社。現在は、自動車・輸送機 器業界においてUnityによる課題解決に注力。 Generative Art — Made with Unity 自己紹介

4.

自動運転の実現により 車室空間に変化が起こる 4

5.

先進的なHMIの重要性

6.

UnityのHMIオーサリングツールとなります。 (2022年3月リリース予定) Generative Art — Made with Unity Unity HMI Editor

7.

Unityは、SoCおよびOSの組合せでプラットフォーム対応します。 対応重視のSoC ❑ NXP i.MX8, i.MX8.5* and i.MX10* SoC ❑ Nvidia Parker SoC, Xavier SoC ❑ Qualcomm Snapdragon SA6155, SA8155, SA8195 ❑ INTEL NUC family ❑ Renesas** R-Car M3 and H3 対応重視のOS ❑ Yocto Linux (IVI及びメーター) -D-Busによるデータバインディング ❑ Android Automotive(IVI) -Android Automotive HALによるデータバイディング ❑ QNX (IVI及びメーター) *直近対応予定 **顧客要望による Generative Art — Made with Unity マルチプラットフォーム対応

8.

Generative Art — Made with Unity

9.

Generative Art — Made with Unity

10.

さらに、アジアの自動車メーカー2社がUnity採用、2022年後半より搭載 Generative Art — Made with Unity 量産実績:XPeng Motors

12.

https://assetstore.unity.com/packages/templates/automotive-hmi-template-201095 Generative Art — Made with Unity Automotive HMI Template

13.

お問合せ先: sales@unity3d.co.jp Generative Art — Made with Unity

14.

Thank you. #unity3d Generative Art — Made with Unity