TELEPORTAL | 愛知総合工科高校 チーム「TELEPORTAL」- Unityユースクリエイターカップ 2022 プレゼン発表会本選

307 Views

December 27, 22

スライド概要

Unityユースクリエイターカップ 2022 プレゼン発表会本選より抜粋

■作品概要
TELEPORTAL | 愛知総合工科高校 (愛知) チーム「TELEPORTAL」
#Unity杯 2022年 シルバーアワード
https://uycc.unity3d.jp/entry/2022/1525

profile-image

リアルタイム3Dコンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

愛知総合⼯科⾼等学校 3年 古市太郎

3.

⽬次 ・操作性 ・ステージ ・デザイン

4.

操作性 操作を単純 どんな⽅でも楽しめる ゲームに慣れていない⽅でも混乱しない 過去 プレイヤーの動き合わせて狙い続けないといけない 現在 オートエイム 誰でも簡単に狙える

5.

ステージ構成 プレイヤーが飽きないよう 変化を取り⼊れる 同じような場⾯、体験→飽きてします ステージごとに⾒た⽬とギミックが変わる チェックポイントを細かく置く 繰り返しのストレスを軽減

6.

アクション性 パズル性 敵を直接攻撃出来ない 環境を利⽤する必要がある ⼀⼿⼆⼿先を考え 決まった時の⾼揚感 敵を敵の弾で倒す

7.

デザイン ギミックの分かりやすさ 視覚的情報だけで分かる ⼊れ替えの演出 どこと⼊れ替わったのか スピード感ある気持ち良い体験

8.

まとめ 操作は「単純」かつ「扱いやすく」 新しい体験を継続 「分かりやすく」かつ「気持ち良く」 ・