ObotShooter | 世田谷学園中学校 チーム「山羊」- Unityユースクリエイターカップ 2022 プレゼン発表会本選

626 Views

December 27, 22

スライド概要

Unityユースクリエイターカップ 2022 プレゼン発表会本選より抜粋

■作品概要
ObotShooter | 世田谷学園中学校 (東京) チーム「山羊」
#Unity杯 2022年 準優勝 集英社ゲームクリエイターズCAMP賞
https://uycc.unity3d.jp/entry/2022/1791

profile-image

リアルタイム3Dコンテンツを制作・運用するための世界的にリードするプラットフォームである「Unity」の日本国内における販売、サポート、コミュニティ活動、研究開発、教育支援を行っています。ゲーム開発者からアーティスト、建築家、自動車デザイナー、映画製作者など、さまざまなクリエイターがUnityを使い想像力を発揮しています。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

世⽥⾕学園中学校3年 ⽮⽊ 彰⼈

2.

このゲームの特徴

3.

このゲームの特徴 キャラクターのアニメーション を物理演算で作っている そもそも物理演算って何?

4.

このゲームの特徴 物理演算とは… 物体の運動をプログラムで再現すること 例) 落ちる、滑る

5.

このゲームの特徴 物理演算をベースに作っているので ふにゃふにゃで⾯⽩い動き 他のゲームにはない独特な操作感 を楽しめる

6.

このゲームの特徴 アニメーションでいろんな動きを作ろうと思ったら…

7.

このゲームの特徴 だるい

8.

このゲームの特徴 このゲームのアニメーションは ⾜の⾓度を変えるのではなく、 ⾜に与える⼒を変えている

9.

このゲームの特徴 そのため、細かい環境の変化でObotの反応が⼤きく変わり 動きに多彩な表現を⽣み出すことができる

10.

こだわった点

11.

こだわった点 1.操作感について 独特で予測不能な動き ↓ シフトチェンジ 操作を⾃在にコントロールできること 操作に慣れる前にゲームをやめてしまうのを防ぐ

12.

こだわった点 2.難易度調整について そもそもの操作が難しい →敵の強さは基本⼀定

13.

こだわった点 緊張感や達成感を味わえるように →ボスの難易度は⾼めに調整 ⾃然と技術が上がり、より⾃分⾃⾝の成⻑を感じられる

14.

こだわった点 クリアするとタイムとやられた回数が表⽰される ⼀回クリアして終わりではなく プレイするたびに ⾃分なりの⽬標を⾒つけて何度でも楽しめるようにデザインしました

15.

課題と展望

16.

課題と展望 課題: いろいろ設定はあったが 世界観をうまく伝えられなかった →背景を描きこんで没⼊感を上げる 途中にストーリーがわかるムービーを⼊れる コントローラー対応もしたかった

17.

課題と展望 今後の展望: オンライン対戦 協⼒プレイとかも⾯⽩そう 開発中の「ObotShooter Online」

18.

Thank Thank you you for for listening listening