SUPLLYFRAME DESIGNLAB HACKADAY PRIZE 2023

133 Views

May 22, 23

スライド概要

世界最大規模のハードウェア開発コンテストHackaday Prize 2023の紹介
https://www.youtube.com/watch?v=lD2ssVa3Kws

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

SUPPLYFRAME DESIGNLAB HACKADAY PRIZE 2023 https://prize.supplyframe.com/

2.

Hackaday Prizeとは 広範でインパクトのあるイノベーションに焦点を当てたグローバルなハードウェ アデザインチャレンジです。 Hackaday Prizeは10年間、オープンソースハードウェアコミュニティとエレクト ロニクス業界に対して、現実のグローバルな問題に踏み込み、インパクトを与 えるデザインを考案する機会を提供しています。この10年の節目に、私たち は、エンジニア、デザイナー、科学者、ハッカーのオープンソースコミュニティ に、私たちのコミュニティが過去10年間に取り組んできた最もインパクトのある テーマのいくつかを呼び起こす一連の課題を課しています。

3.

賞金総額 $130,000 ≒ 1700万円 Grand Prize : $50,000 ≒ 6,726,175円 Second Prize : $20,000 ≒ 2,690,470円 Third Prize : $15,000 ≒ 2,017,852円 Fourth Prize : $10,000 ≒ 1,345,235円 Fifth Prize : $ 5,000 ≒ 672,618円 ※ 1USD=134.52円換算

4.

今年は6位も設定 Sixth Prize : $5,000 ≒ 672,618円 $5,000相当のProto Labs,Incが提供する試作品製造サービス(射出成 形、CNC機械加工、3Dプリント、板金加工など)と交換することができる 権利を獲得します。 Fifty Finalist Prizes : $ 500 ≒ 67,262円 各テーマから各10組選出されるファイナリストへも賞金が与えられま す。 ※ 1USD=134.52円換算

5.

選考の流れ 予選1 Round 予選ラウンドは5回、 テーマ設定に沿った作品を HACKADAY.IOにアップして エントリー。 各ラウンドから10作品ずつが 選出されて決勝ラウンドへ進出。 予選2 Round 予選3 Round 予選4 Round 予選5 Round 決勝 Round 50作品の中から 1~6位を選出する。

6.

決勝までの各ラウンドと応募期間(JST) Round 1:Re-engineering Education エントリー期間:2023年03月26日(日) 00:01 ~ 2023年04月26日(水) 00:00 Round 2:Assistive Tech エントリー期間:2023年04月26日(水) 00:01 ~ 2023年05月31日(水) 00:00 Round 3:Green Hacks エントリー期間:2023年05月31日(水) 00:01 ~ 2023年07月05日(水) 00:00 Round 4:Gearing Up エントリー期間:2023年07月05日(水) 00:01 ~ 2023年08月09日(水) 00:00 Round 5:Save the World Wildcard エントリー期間:2023年08月09日(水) 00:00 ~ 2023年09月13日(水) 00:00

7.

Final Round 応募期限:~ 2023年09月27日(水) 00:00 1~5の各予選ラウンドへのエントリーは完成品である必要はありませんが、Finalistに選 出された場合は、Final Round の応募期限内に稼働するプロトタイプを完成させ、動画 や図面、プログラム、3Dデータ、開発ログ、製作方法などについてアップロードする必要 があります。 1~5及びFinal Roundへのエントリー方法の詳細は、公式ルールを精読してください。 https://cdn.hackaday.io/files/1901528135463168/Hackaday%20Prize%202023%2 0Official%20Rules.pdf

8.

Challenge 1: Re-engineering Education 私たちは皆、何らかの方法で獲得した知識を持っています。しかしそれは必ずしも正式 な教育によるものとは限りません。 ハッカーは、実践することで高い学習効果を得る傾 向があります。 Re-engineering Educationのチャレンジでは、他の人が新しいスキル を学ぶ機会を提供する手助けをしてほしいと考えています。 DIYラジオキット、ブレッド ボード・イット・ユアセルフ・コンピューター、あるいはデモ用ロボットアームなど、あなたが 苦労して身につけたスキルを伝えるのに役立つものであれば、ぜひここに応募してくだ さい。 決勝選出発表は:5/16頃

9.

Challenge 2: Assistive Tech 最も必要とする人々のためにモノを作ることは、最も崇高な追求です。 Assistive Tech チャレンジでは、障害を持つ人々が学習し、働き、移動し、そして自分の人生を最大限に 生きられるようにするためのプロジェクトを募集しています。 彼らが実際に困っているこ とを見つけて、それを解決するために行動してください。 小さなハックでも、大きなプロ ジェクトでも、私たちは、あなたが人々の生活をより良くする方法を知りたいのです。 決勝進出発表:6/12頃

10.

Challenge 3: Green Hacks 私たちが地球上でできることは、何百通りもあります。 クリーンなエネルギー、よりス マートなリサイクル、廃棄物の防止、あるいは私たちが残したゴミの後始末など、どのよ うな方法であれ、燃やさずに残った石油の一滴やゴミ箱に捨てられないガジェットの一つ 一つが、私たちの世界をよりクリーンに保つのに役立ちます。 地球のためにハックする チャンスです。 決勝進出発表:7/17頃

11.

Challenge 4: Gearing Up 人間は道具を使う種であり、ハッカーは道具を作る種である。 たとえ研究室の隅から隅 まで揃っていたとしても、測定器や作業用治具、またはその他の機能的な快適さは十分 ではありません。Gearing Upチャレンジでは、次のプロジェクトを成功させるために、あ なたが作った道具を見せてください。 決勝進出発表:8/21頃

12.

Challenge 5: Save the World Wildcard 「Wildcard Challenge」はあなたのプロジェクトが自己表現するチャンスです。何を設 計、構築、または計画しているにせよ、私たちはそれが実現するのを見たいと思いま す。素晴らしいものにし、十分に文書化し、世界と共有してください。ワイルドに行こう! 決勝進出発表:9/26頃