ikitoku - 企画書-

1.4K Views

November 18, 23

スライド概要

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

2023 November 04 IKITOKU 卒業制作 企画書 北千住校 5月生 川尻 楓

2.

目次 1. 2. 3. 4. 5. 6. の紹介 サイトを作る目的 Web制作で達成できる解決案 ターゲット ペルソナ サイトマップ IKITOKU 3 5 6 10 11 15 2

3.

IKITOKU の紹介 歳女性が香川で経営するゲストハウス。 30 代目祖父が経営していた旅館をゲストハウスに リノベーションし、15年ぶりに宿を再開させる。 3 一番古い建築が築140年前(明治15年)。 昭和24年昭和天皇が宿泊された歴史ある場所。 クライアント自身も幼少期に宿の手伝いをしており、 様々な人が来る宿の仕事に憧れを抱いていた。 3 2

4.

IKITOKU の つの価値 ①古き日本家屋での宿泊体験ができる →日本の田舎生活を体験でき、都内の滞在では体験できないようなゆっくりした時の 過ごし方を体感できる。 ②こども食堂での交流に参加できる →地域の子どもとお年寄り、海外から来た宿泊客が食を通して交流することによって 他では体験出来ない面白い空間がある。 ③自分自身と向き合える時間が作れる →いつも過ごす場所から遠く離れた、自然の中や宿の部屋で流れる時はゆっくり。 なので普段は向き合えていない自分と向き合える時間がある。 4

5.

サイトを作る目的 1. 2. サイトを作ることで、都内で忙しく過ごしている人や 日本の田舎に興味がある海外の人に宿の存在を知って貰いたい為。 宿にはこども食堂があり、地域の人と宿泊客が文化の違いや 人の温かさをお互い感じられる場所だと知って貰いたい為。 425

6.

制作で 達成できる課題 Web 1. 2. 海外の人にも読みやすいよう、英語と日本語の切り替えが できる様にすることで、国内外問わず、宿の存在を知って貰える。 SNS との連携も行い、より多くの人に知って貰うことができる。 こども食堂について、知らない人や参加したことのない人の為に、 紹介ページを作成する事で、子ども食堂について周知できる。 6

7.

制作で 達成できる解決案 Web 1. サイト上に英語表記への切り替えを 乗せることで、 海外の人にも読みやすいサイトにする。 Web ・ボタンひとつですぐに切り替えられるようにし、 ユーザーにストレスの無いようにする。 ENG JPN 7 2

8.

制作で 達成できる解決案 Web 1. 宿の存在を多くの人に知って貰うべく、 SNSと連携。 ・SNSのホームにリンクを乗せる。 ・サイトのメニューバーにSNSを乗せる。 ・季節折々の写真でリアルタイムに魅力を配信。 ・日々オープン時や空室状況なども配信し、 目にする機会を増やすことで常にフォロワーへの 認知を意識。 8

9.

制作で 達成できる解決案 Web 2. こども食堂について参加したことのないの為に、 紹介ページを作成。 ・ここで子ども食堂に参加する価値を記載。 宿泊者や、地域の方が文化を超えた交流できる、他にはない面白い場となっているとゆう説明を記載。 ・子ども食堂とは何なのかの説明も。 ・開催日や時間などの詳細が目にとまりやすく、余白を持って記載。 9

10.

ターゲット層 年齢 : 25~30代 性別 : 問わず 職業 : 問わず 人数 : 1人旅 / 2人での旅行 趣味 : アウトドア / グルメ / 旅行好き / 人が好き 情報 : Instagram / Googleでのリサーチから 趣向 : ホテルではなく、人と話しやすいゲストハウスを選ぶ。 旅先では自分と向き合う時間も大切にしている。 日本のローカルな場所や文化、自然に興味がある。 10

11.

ペルソナ 年齢 : 25歳 性別 : 男性 趣味 : 釣り / グルメ 生活 : 朝型で活動的 価値観 : 旅先での出会いを旅の醍醐 味だと思っている。日本で 特別な体験がしたいと思っ ている。 情報源: Googleでの検索から 年齢 : 32歳 性別 : 女性 趣味 : 読書 / ヨガ 生活 : 自分の時間を過ごす 価値観 : 人と話すのも好きだが、静 かな自然でゆっくり自分に 向き合い、考えることが好 き。 情報源 : Instagramでの検索から 11 2

12.

サイトマップ トップページ 宿の紹介 部屋の紹介 子ども食堂 アクセス 宿を引き継いだ思い 部屋の種類 子ども食堂とは? 各交通機関の紹介 過ごし方 予約 日程 地図 12

13.

2023 November 04 ! Let's look at the site then