Microsoft Azureを使ったバックアップの基礎

221 Views

October 24, 15

スライド概要

2015年10月24日(土)「.NETラボ勉強会」で使った資料。
http://www.dotnetlab.net/dnn/2015/10/net%e3%83%a9%e3%83%9c2015%e5%b9%b410%e6%9c%88/
Microsoft Azureの仮想マシンのバックアップと災害対策についての基本的な機能について説明します。

以下のプレゼンテーションをベースにしています。
http://www.slideshare.net/yokoyamatetsuya/microsoft-azure-54933265

profile-image

トレノケート株式会社で、Windows ServerとAzureを中心に技術者向けトレーニングを担当

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Microsoft Azureを使ったバックアップの基礎 グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社 横山哲也

2.

自己紹介: 横山哲也 1994年~ ITプロ向けWindows関連教育 2003年~ マイクロソフトMVP (Directory Services)  2012年のみ「Virtual Machines」 好きなクラウドサービス  仮想マシンテンプレート 最近の著書・雑誌記事  ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 (日経BP)  グループポリシー逆引きリファレンス厳選92 (日経BP) ブログ  仕事ブログ: ヨコヤマ企画(http://yp.g20k.jp)  個人ブログ: ヨコヤマ企画(分室) (http://yokoyama-tetsuya.cocolog-nifty.com/) 2 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

3.

はじめに 目標  社内のデータをAzureにバックアップする  Azureの仮想マシンをAzureにバックアップする  社内の仮想マシンをAzureに複製する ※System Centerについては扱いません。 内容 1. 2. 3. 4. 3 バックアップ概要 データの保護(ゲストベースバックアップ) 仮想マシンの保護(ホストベースバックアップ) サイトの保護(Azure Site Recovery) Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

4.

第1章 バックアップ概要  データ保護…ゲストベースバックアップ  仮想マシン保護…ホストベースバックアップ  サイト保護…仮想マシンの複製

5.

バックアップ概要 データ保護…ゲストベースバックアップ 仮想マシン保護…ホストベースバックアップ サイト保護…仮想マシンの複製 待機 デ ーバ タッ 保ク 護ア ッ プ ) 待機 仮 想 マ シ ン 保 護 Azure ( 仮想マシン複製 (サイト保護) Azureバックアップ (データ保護) 5 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

6.

データ保護…ゲストベースバックアップ 動作: 実装: 目的: 対象: データのバックアップ先がAzure Windows Server Backupの拡張 データのバックアップ(システム状態不可) Windows Server 2012 & Windows 8 以降  オンプレミスのサーバー(物理および仮想マシン)  Azure上の仮想マシン Microsoft Azure 仮想マシン 物理マシン または仮想マシン 復元 データ バックアップ データのバックアップ 6 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

7.

仮想マシン保護…ホストベースバックアップ 動作: 実装: 目的: 対象: Azure仮想マシンのバックアップ先がAzure Azureポータル Azure仮想マシンのバックアップ Azure上の仮想マシン Microsoft Azure バックアップ 7 復元(作成) Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

8.

サイト保護…待機用仮想マシンの作成 動作: 実装: 目的: 対象: Hyper-V仮想マシンの複製先がAzure Hyper-Vマネージャー & Azureポータル Azure仮想マシンのコールドスタンバイ オンプレミス仮想マシン  Hyper-V、 SCVMM 、VMware、物理マシン オンプレミスHyper-V Microsoft Azure 仮想マシン システムの複製 8 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

9.

バックアップまとめ データの整合性重視…データ保護  アプリケーション固有のツールを利用可能 管理コスト重視…仮想マシン保護  仮想マシン全体の定期バックアップ 復旧時点・復旧時間重視…サイト保護  最短30秒間隔の複製 データ保護 仮想マシン保護 サイト保護 データの整合性 ◎ ○ ○ システムの保護 ストレージ容量 管理コスト × ○ × ○ △ ○ ○ △ △ 目標復旧時点(RPO) 目標復旧時間(RTO) × × △ △ ○ ○ 9 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

10.

第2章 データ保護: ゲストベースバックアップ     Windows Serverバックアップ(ローカルバックアップ) Azureバックアップ Azureバックアップの手順 Azureバックアップのコストと制約

11.

Windows Serverバックアップ(ローカルバックアップ) Windows Server標準のバックアップ バックアップ元 バックアップ  システム全体  データ バックアップ先 バックアップ StorSimple  専用ハードディスク推奨  ディスク障害対策が必要 StorSimple  iSCSIアプライアンス  Azureへ自動バックアップ  AWSのStorageGatewayとほぼ同じ 11 バ ッ ク ア ッ プ Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

12.

Azureバックアップ Azureバックアップ(オンラインバックアップ)  Windows Serverバックアップの拡張(ゲストベース)  ファイルやボリュームのバックアップ バックアップ元  Windows Server 2008 R2/Windows 7以降 バックアップ先 Microsoft Azure  Microsoft Azure  安全でアクセスが容易 物理マシンまたは仮想マシン 仮想マシン データの バックアップ データのバックアップ 12 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

13.

Azureバックアップの手順 コンテナ作成  [新規]-[Recovery Services]-[バックアップコンテナ] エージェントのインストール  コンテナ資格情報のダウンロード  エージェントのダウンロード  エージェントのインストール  サーバーの登録 バックアップツールの起動 13 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

14.

Azureバックアップのコストと制約 コスト  ストレージ使用料金 (データ圧縮あり)  コンテナ使用料金  データ転送料無料 制約  システム状態のバックアップ不可  最大バックアップ容量54400GB/ボリューム (従来は1700GB) Microsoft Azure 復元 物理マシンまたは 仮想マシン データのバックアップ 圧縮 14 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

15.

【参考】バックアップ価格 ※2015年8月現在の価格(西日本) バックアップコンテナ利用料金(ストレージ料金別) 保護対象仮想マシンの月間保存データ 料金(仮想マシン単位) ~50GBのデータを持つ仮想マシン ¥510/月 50GB~500GBのデータを持つ仮想マシン ¥1,020/月 500GB超のデータを持つ仮想マシン 500GBごとに¥1,020/月 ストレージ使用料金 使用容量 LRS(円/GB) GRS(円/GB) RA-GRS(円/GB) ~1TB/月 ¥5.10/GB ¥9.69/GB ¥12.24/GB 1~次の50TB/月 ¥5.10/GB ¥8.16/GB ¥10.20/GB 50~500TB/月 ¥5.10/GB ¥7.14/GB ¥9.18/GB 500~1,000TB/月 ¥5.10/GB ¥6.63/GB ¥8.16/GB 1,000~5,000TB/月 ¥4.59/GB ¥6.12/GB ¥7.65/GB 5,000TB超/月 15 別途問い合わせ Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

16.

章のまとめ  Windows Serverバックアップ  Azureバックアップ  Azureバックアップの手順  Azureバックアップのコストと制約  参考資料 https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/backup-azure-backup-faq/ 16 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

17.

第3章 仮想マシン保護: ホストベースバックアップ  仮想マシン保護の意味  仮想マシン保護の手順  仮想マシン保護のコストと制約

18.

仮想マシン保護の意味 Azure管理ポータルからのバックアップ  仮想マシン全体のバックアップ  (一種の)ホストベースバックアップ バックアップ元  Azure上の仮想マシン  オンプレミス不可  バックアップコンテナ  Azureバックアップと兼用 デ ーバ タッ 保ク 護ア ッ プ ) 18 仮 想 マ シ ン 保 護 Azure ( バックアップ先 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

19.

仮想マシン保護の手順 バックアップコンテナ作成 バックアップコンテナの作業 1. 2. 3. 4. Azure仮想マシンに切り替え 探索 登録 保護 2 19 1 3 4 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

20.

仮想マシン保護のパラメータ 日次バックアップ 月(複数可) 日(複数可) 日次 週次 月次 年次 何月 時刻(1回) 保持期間 指定 日数 曜日 週数 日付または曜日 月数 日付または曜日 年数 週次バックアップ 月(複数可) 日(複数可) 20 時刻(1回) 保持期間 週次 月次 曜日 指定 日付または曜日 週数 月数 年次 何月 日付または曜日 年数 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

21.

仮想マシン保護のコストと制約 コスト  ストレージ使用量  コンテナ使用量 制約  Azure上の仮想マシンのみ - オンプレミス不可  仮想マシン全体の保護 - ファイル保護不可 - 1台あたり最大54400GB  復元は仮想マシン新規作成 別の仮想マシン 仮 想 マ シ ン 保 護 復元 21 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

22.

章のまとめ  仮想マシン保護の意味  仮想マシン保護の手順  仮想マシン保護のコストと制約 22 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

23.

第4章 サイト保護: Azure Site Recovery       サイト保護の意味 Azure Site Recovery サイト保護の機能 サイト保護の主な要件 サイト保護の手順 サイト保護のコストと制約

24.

サイト保護の意味 Hyper-Vレプリケーションとほぼ同等の機能  最小のRPO(Recovery Point Objective) 平常時…仮想マシンの情報を定期的にAzureへ複製 障害時…複製仮想ディスクから仮想マシンを作成 復旧計画…関連する複数のサーバーを一度に切替 仮想マシン複製 待機 (サイト保護) 仮想マシン複製 待機 24 仮 想 ネ ッ ト ワ ー ク Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

25.

Azure Site Recovery マイクロソフトテクノロジ  2つのオンプレミスSCVMMサイト SCVMM SCVMM  オンプレミスSCVMMサイトとAzure SCVMM  オンプレミスHyper-VとAzure 今回はこれ Hyper-V  【参考】2つのオンプレミスHyper-V (Hyper-V標準) Hyper-V Hyper-V VMwareサイト(vCenterサーバー利用)も可能 25 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

26.

サイト保護の機能 平常時に利用する機能 計画フェールオーバー  Azureで仮想マシンを起動 テストフェールオーバー  独立した仮想ネットワークでテスト用に起動 レプリケーションの反転  マスターとレプリカの役割を入れ換える 障害時に利用する機能 非計画フェールオーバー  Azureで仮想マシンを起動 26 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

27.

サイト保護の主な要件 仮想マシン  Windows Server 2008 R2 以降  Linux (CentOS、openSUSE、SUSE、Ubuntuなど)  システムディスク: 20MB~1023GB  データディスク: 16基以下(AzureのVMサイズにも依存) Azure仮想ネットワーク  サイト間接続ネットワークを想定 (必須ではない) Hyper-Vホスト  Windows Server 2012 R2 27 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

28.

サイト保護の手順: 準備 Site Recoveryコンテナの作成 Hyper-Vサイト(ローカルサイト)の作成 Hyper-Vサーバーの登録  登録キーのダウンロード  プロバイダーのダウンロードとインストール リソースの準備  ストレージアカウントの作成(地理冗長推奨)  Azure仮想ネットワークの作成(リモートサイト) 保護グループの作成  コピー頻度: 30秒・5分・15分  復旧ポイント保持時間: 0~24時間  整合性スナップショットの作成頻度: 0~12時間  初期レプリケーション開始時刻: すぐに 28 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

29.

サイト保護の手順: サーバーの複製 保護グループに仮想マシンを追加  仮想マシンの選択  初期レプリケーション(Hyper-Vレプリケーション使用) 複製  仮想ネットワークの選択(IPアドレス固定可) 復旧計画の構成  フェールオーバー対象のサーバーを選択(複数可)  フェールオーバー時に実行するスクリプトを指定 29 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

30.

サイト保護の手順: 回復(フェールオーバー) 復旧計画に従って動作  Azure VMの作成と起動  Hyper-V仮想マシンの停止  DR用に作成した仮想ネットワークで起動  その他必要な作業 停止 VM作成 起動 フェールオーバー中に利用可能なオプション  コミット…複製の反転  中止…Azure VMの停止と削除 30 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

31.

サイト保護の手順: 回復(テストフェールオーバー:避難訓練) 復旧計画に従って動作  Azure VMの作成と起動  Hyper-V仮想マシンは変化なし  テスト用に作成した専用の仮想ネットワークで起動  その他必要な作業 変化なし VM作成 起動 テストフェールオーバー中に利用可能なオプション  中止…Azure VMの停止と削除 31 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

32.

【ヒント】Azureへの移行 = 反転後に保護の解除 Hyper-V仮想マシンをAzureへ移行 1. フェールオーバー 2. 反転 VM作成 起動 停止 複製の反転 3. 保護の解除…複製の停止 32 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

33.

【ヒント】Azureへ移行する仮想マシンのための追加設定 リモートデスクトップ接続  VMの構成: リモートデスクトップ接続の許可  Azureの構成: エンドポイントの構成 (必要に応じて) VMエージェントのインストール  Windows版: http://go.microsoft.com/fwlink/ ?LinkID=394789&clcid=0x409  Linux版: https://github.com/Azure/WALinuxAgent VMエージェントが有効なことをAzureに指示 $svc = クラウドサービス名 $name = 仮想マシン名 $vm = Get-AzureVM –ServiceName $svc –Name $name $vm.VM.ProvisionGuestAgent = $TRUE Update-AzureVM –Name $name –VM $vm.VM –ServiceName $svc 33 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

34.

サイト保護のコストと制約 コスト  ストレージ使用料金  コンテナ使用料金 - 最初の31日は無料 - Azureへ複製する場合…インスタンスにつき ¥5,508/月  ネットワーク使用料金(反転時のみ) 制約  仮想ネットワーク必須  エンドポイントが構成されない(追加は可能) - サイト間接続があればエンドポイントは不要  設定が複雑 34 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

35.

章のまとめ  サイト保護の意味  Azure Site Recovery  サイト保護の機能  サイト保護の要件  サイト保護の手順  サイト保護のコストと制約 35 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

36.

まとめ

37.

Microsoft Azureを使った災害復旧の基礎 1. バックアップ概要 2. データの保護(ゲストベース)  Windows Serverバックアップの拡張  データのみだが、整合性を取りやすい  オンプレミス物理・仮想マシン/Azure仮想マシン 3. 仮想マシンの保護(ホストベース)  Azure仮想マシン全体を簡単に保護  個別データのバックアップは非対応 4. サイトの保護(Azure Site Recovery)  Hyper-V複製を拡張するためRPOを最小化  複数サーバーをまとめて切り替え可能  仮想マシンをAzure上で実行 37 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

38.

Microsoft Azure IaaS関連コース マイクロソフト公式カリキュラム MSC0522V(5日間) Microsoft Azureインフラストラクチャ ソリューションの実装 (#23533) グローバルナレッジネットワーク MSC0517V(1日間) Microsoft AzureによるITインフラの拡張 MSC0528V(1日間) Microsoft Azureによるサイト間ネットワークの構築 無償オンライントレーニング Microsoft Virtual Academy http://www.microsoftvirtualacademy.com /product-training/product-windows-azure-jp 38 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

39.

参考資料 Azureポータル: http://azure.com ブログ: Microsoft Azure (IaaS)  高添はここにいます http://blogs.technet.com/b/osamut/  フィールドSE上がりの安納です http://blogs.technet.com/b/junichia/  S/N Ratio (さとうなおき) http://satonaoki.wordpress.com/ Japan Azure User Group (ユーザー会)  https://www.facebook.com/jazug.jp 書籍  ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 (日経BP) 横山哲也 著 39 Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.

40.

Copyright Global Knowledge Network Japan, Ltd. All Rights Reserved.