「ふりかえり」の始め方と続け方

1.2K Views

December 07, 21

スライド概要

profile-image

レッドジャーニー(https://redjourney.jp/) 所属のアジャイルコーチ 元ギルドワークス 所属 様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至り、約10年で40の組織、80のチームを支援している。 「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、社内のみならず社外のチームがより良くなるお手伝いなど日々活動中。 ・アドバンスド認定スクラムマスター(A-CSM) ・認定プロダクトオーナー(CSPO) ブログ:サウスポーなエンジニアの独り言

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Regional SCRUM GATHERING Tokyo 「ふりかえり」の始め方と続け方 ギルドワークス 中村 洋(@yohhatu) https://visualhunt.com/photo/215760/

2.

自己紹介 ・中村 洋(よう) ・ギルドワークス ・エナジャイル ・現場コーチ/アジャイルコーチ ・認定スクラムマスター ・DevLOVE関西 ・@yohhatu http://about.me/yohhatu

3.

https://speakerdeck.com/yohhatu/asiyairukarutiyakazu-zhi-nigen-fu-kumatefalsetiao-zhan

4.

注意点 https://visualhunt.com/photo/172801/

5.

注意点 ✔ ある特定の現場のことではないです ✔ 自分の体験や知見からの意見です ✔ スライドは後で公開しています

6.

自分のコンテキスト https://visualhunt.com/photo/193910/

7.

関わった現場 19社 https://visualhunt.com/photo/8648/

8.

関わったチーム 40チーム https://visualhunt.com/photo/35879/

9.

現場でのふりかえり (たぶん)数百回以上

10.

(改めて)今日お話すること アジャイルコーチとして様々な現場のふ りかえりを観察、ファシリテートしてき た経験や知見から得た“ふりかえり”の始 め方と続け方をお話します

11.

このセッションでの ”ふりかえり”の定義 https://visualhunt.com/photo/163706/

12.

このセッションでの”ふりかえり”の定義 1:自分達の仕事のやり方をもっとうまく できるようにすること 2:うまくできるやり方を考えるために仕 事の手を止めて立ち止まること

13.

参考:ScrumGuideでの定義 スプリントレトロスペクティブは、スクラムチーム の検査と次のスプリントの改善計画を作成する機 会である。 ✔ 人・関係・プロセス・ツールの観点から今回の スプリントを検査する。 ✔ うまくいった項目や今後の改善が必要な項目を 特定・整理する。 ✔ スクラムチームの作業の改善実施計画を作成す る。

14.

ふりかえりの基本の型 https://visualhunt.com/photo/50481/

15.

ふりかえりの大前提 心理的安全性があること ✔ 本当に思っていることが言えないと「真因」に は辿り着かない ✔ 「あなた vs 私」→「問題 vs 私達」 ✔ 時には参加者を選ぶことも必要(場作り大事)

16.

ふりかえりの基本の型 1:場を設定する 2:データを収集する 3:アイデアを出す 4:何をすべきか決定する 5:終了する 参考:アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の 手引き

17.

みなさんにお聞きしたいこと http://www.flickr.com/photos/oregondot/4132135156/

18.

聞きたいこと 1. ふりかえりをやっていますか? 2. ふりかえりを”うまく”やれています か?

19.

(再掲)このセッションでの”ふりかえり”の定義 1:自分達の仕事のやり方をもっとうまく できるようにすること 2:うまくできるやり方を考えるために仕 事の手を止めて立ち止まること

20.

ふりかえりの始め方 https://visualhunt.com/photo/195428/

21.

ふりかえりの始め方のポイント ✔ 場づくり ✔ 状況にあったやり方を選ぶ

22.

場づくり https://visualhunt.com/f/photo/4380112096/c7c6f353a6/

23.

場づくり ✔ どういう人に参加してもらうか? ✔ 参加者の気持ちや準備は? ✔ 場の空間、道具などの環境は?

24.

状況にあったやり方を選ぶ https://visualhunt.com/f/photo/312210315/f2b941f339/

25.

なんでもかんでも とりあえずKPT

26.

状況にあったやり方を選ぶ ✔ チームの状況はどうか? ✔ 参加人数は? ✔ 何にフォーカスする?(問題?わかったこ と?感情?)

28.

状況にあったやり方を選ぶ ✔ プラス/デルタ(Good/More) ✔ YWT ✔ 因果関係図 ✔ タイムライン(エモーショナルグラフ) ✔ ニコニコカレンダー

29.

状況にあったやり方

30.

ふりかえりの続け方 https://visualhunt.com/photo/8372/

31.

ふりかえりの続け方のポイント ✔ “点”ではなく”線”でふりかえる ✔ アクションを日々の活動に組み入れる

32.

“点”ではなく”線”でふりかえる https://visualhunt.com/f2/photo/3286666946/e4a3499378/

33.

“点”ではなく”線”でふりかえる ✔ 点を”線”になるように計測できる指標(メト リクス)を取る ✔ 事実に向き合え、状況を引き起こしている 原因に集中しやすくなる

34.

メトリクスの例 ・ベロシティ ・1回のリリースが終わるまでの時間 ・バックログアイテムの分類(機能追加?バグ?) ・トラブル数 ・テストコードのカバレッジ ・デプロイメントパイプラインが異常から正常に戻る時間 ・追加コードと削除コードの割合 ・手戻りの数 ・残業時間

35.

メトリクスのポイント ✔ 2点以上を見て、傾向を見る(一喜一憂しな い) ✔ 他の値も見る(副作用があるかも) ✔ 定性的なものもあり(five fingerとか)

37.

アクションを 日々の活動に組み入れる https://visualhunt.com/f2/photo/3286666946/e4a3499378/ https://visualhunt.com/photo/262134/

38.

アクションを日々の活動に組み入れる ✔ タスクボードにタスクとして見える化する ✔ Scrumならスプリントバックログに入れる ✔ リードする人を決める(責任はチームにある) ✔ このタスクをする時間を見積り、確保する(何を するか、どうなったら終わりかわかっていないと見 積もれない)

39.

参考:ScrumGuide 7.「スプリントバックログ」のセクションに以下 を追加した。 継続的改善を確実なものとするために、前回のレ トロスペクティブで特定した優先順位の高いプロ セスの改善策を少なくとも1つは含めておく。

40.

まとめ https://visualhunt.com/photo/128272/

41.

まとめ ふりかえりの始め方のポイント ✔ 場づくり ✔ 状況にあったやり方を選ぶ ふりかえりの続け方のポイント ✔ “点”ではなく”線”でふりかえる ✔ アクションを日々の活動に組み入れる

42.

参考資料 https://slide.meguro.ryuzee.com/slides/84 https://www.slideshare.net/ssuser968fab/ss-70489058 https://speakerdeck.com/yohhatu/hurikaeriteyokujian-kakeruke-ti-tosofalsejie-jue-an

43.

ギルドワークス ✔ 仮説検証型のサービス企画や開発、現場 改善する現場コーチなどでクライアントの 事業を推進する ✔ ミッションは「正しいものを正しくつく る」、価値は「越境」 ✔ 全国各地のエンジニア、デザイナー組 み、適時適チームを実現している

44.

よい”ふりかえり”を https://www.flickr.com/photos/rishibando/4282630035 https://www.flickr.com/photos/kacey/14903219403