AgileJapan2013_大阪サテライト_yohhatu

388 Views

May 24, 13

スライド概要

AgileJapan2013の大阪サテライトでの発表資料。Q&A形式にしたので半分以上話していないけど。

profile-image

レッドジャーニー(https://redjourney.jp/) 所属のアジャイルコーチ 元ギルドワークス 所属 様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至り、約10年で40の組織、80のチームを支援している。 「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、社内のみならず社外のチームがより良くなるお手伝いなど日々活動中。 ・アドバンスド認定スクラムマスター(A-CSM) ・認定プロダクトオーナー(CSPO) ブログ:サウスポーなエンジニアの独り言

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

アジャイルから 学んだこと 工夫したこと AgileJapan大阪サテライト 2013/05/24 中村 洋(@yohhatu)

2.

Who are you?

3.

◆自己紹介 ・name:中村 洋(よう) ・blog:サウスポーな エンジニアの独り言 ・twitter:@yohhatu

4.

◆自己紹介 ・work: 大阪在住のエンジニア ・community: DevLOVE関西 スクラム道関西 ・qualification: 認定スクラムマスター

7.

AgileJapan大阪サテライトのテーマ 関西人×アジャイル

8.

困った・・・ http://www.flickr.com/photos/art_clup/4272353488/in/photostream/

9.

皆さん何を 聴きたいですか? http://www.flickr.com/photos/itsjessie/4958652352/

10.

プロダクトバックログ を作ります http://www.flickr.com/photos/trpendarvis/8366928302/

11.

プロダクトバックログ(1/2ページ) 1:アジャイル開発とは? 2:Scrumとは? 従来の開発とアジャイル開発の違いは? 3:従来の開発とアジャイル開発の違いは? 4:アジャイルをやり始めたきっかけは? 5:組織に導入するためのヒントは? 6:まず何からしたら良い? 7:朝会のちょっとしたコツ

12.

プロダクトバックログ(2/2ページ) 8:ふりかえりのちょっとしたコツ 9:タスクボードのちょっとしたコツ 従来の開発とアジャイル開発の違いは? 10:インセプションデッキのちょっとしたコツ 11:失敗談:ワークショップで気をつけること 12:失敗談:みんながアジャイルになれる? 13:失敗談:いきなり導入 14:XXX

13.

まずは3つ http://www.flickr.com/photos/aigle_dore/5238575636/

15.

コンテキスト重要 http://www.flickr.com/photos/hoyvinmayvin/5873697252/

16.

用法・用量を お守り ください http://www.flickr.com/photos/97867906@N00/4772117172/

17.

1:アジャイル開発とは?

18.

アジャイルな開発 とは? http://www.flickr.com/photos/practicalparticipation/4055214381/

20.

1時間以上 かかるので 割愛 http://www.flickr.com/photos/debaj/2986670877

22.

2:Scrumとは?

23.

スクラム(Scrum)とは?

24.

複雑で変化の激しい問題に対 応するためのフレームワークで あり、可能な限り価値の高いプ ロダクトを生産的かつ創造的に 届けるためのものである。 ・軽量 ・理解が容易 ・習得は非常に困難 <Scrum Guide より>

26.

◆3つの原則 1:透明性 2:検査 3:適応 http://www.flickr.com/photos/silvertrace/1394642335/

27.

1時間以上 かかるので 割愛 http://www.flickr.com/photos/debaj/2986670877

29.

ジム・コプリエン (James O. Coplien)の 認定スクラムマスタ研修 http://jp.agilergo.com/30

30.

3:従来の開発とアジャイル開 発の違いは?

31.

フルコース http://www.flickr.com/photos/osakajon/12817953/

32.

http://www.flickr.com/photos/ekkie/411261949/

33.

都度支払の 立ち飲み屋

34.

アジャイル開発ってのは 安く・早く・楽なんでしょ? http://www.flickr.com/photos/43430703@N04/6284296690/

35.

http://www.flickr.com/photos/tommybear/119943772/

36.

・自分達が本当に欲しい ものが手に入る可能性が 高い開発手法 ・ただ、そのためには自分 達も都度考えて、フィード バックして頑張る必要が ある

37.

4:アジャイルをやり始めたきっ かけは?

38.

とあるプロジェクトにて・・・ http://www.flickr.com/photos/jiheffe/3462940215/

39.

厳しい場面 http://www.flickr.com/photos/67522976@N00/4498826660/

40.

成功要因 http://www.flickr.com/photos/allenhori/5969595155/

41.

悩 み

42.

お客様の問題が解決 できた? お客様の目標が達成 できた? http://www.flickr.com/photos/001fj/3045447097/

43.

同じ方向を向く http://www.flickr.com/photos/katiemcatackneyphotography/7517074824/

44.

保守開発 http://www.flickr.com/photos/todbot/3492542234/

45.

5:組織に導入するためのヒン トは?

46.

http://www.flickr.com/photos/tie_ler/5969283186/

47.

見えている 世界が違う前提 http://www.flickr.com/photos/vermininc/4042474604/

48.

Linda Rising による Adoption / Innovation Curve と Fear less change Innovator 新しい! カッコイイ! 新しい! カッコイイ! Early Adopter ちゃんと 知ってから 情報、利点やデータ Early Majority みんなは? 他チーム、会社はやってる。 成功事例 Late Majority Laggards もう前にやったけどうまく行 かなかったし、ダメな理由は 沢山あるし、とにかく今のや り方を変える気はないから うん、わかった、OK。 でもちょっとだけ試そうよ。 命令ですか そうです

49.

期待を マネジメントする http://www.flickr.com/photos/atbartlett/2432704579/

50.

6:まず何からしたら良い?

51.

まずは1人から・・・ でも・・・ http://www.flickr.com/photos/sifro/4266326549/

52.

仲間を 見つけて 巻き込む http://www.flickr.com/photos/corvid01/2349521410/

53.

1人でできるものから・・・ Myタスクボード・ニコニコカレンダー CI、テストコードを書く、1人ふりかえり etc http://www.flickr.com/photos/37571036@N00/424608164/

54.

計測する

55.

7:朝会のちょっとしたコツ

56.

朝会 http://www.flickr.com/photos/e-sites/6542447581/

57.

会話の流れや 表情などを 観察する http://www.flickr.com/photos/kyydizzle/5714138411/

58.

同じものを みんなで見る http://www.flickr.com/photos/rachelcreative/2600453332/

59.

◆ちょっと工夫したこと ・退社時間の宣言 ・夕会 ・進行役持ち回り ※参考:プロジェクトファシリテーション実践編: 朝会ガイド

60.

8:ふりかえりのちょっとしたコ ツ

61.

ふりかえり

62.

Keepが出にくければ まずはGoodからでも http://www.flickr.com/photos/ystenes/6198740271/

63.

Problemでは 「どう困ったのか?」 を意識 http://www.flickr.com/photos/26777958@N05/3030934530/

64.

Tryは「それでPはな くなるか?」を意識 http://www.flickr.com/photos/tharrin/4183726303/

65.

◆ちょっと工夫したこと ・前回との差分を確 認する ・深掘りする ※参考:プロジェクトファシリテーション実践編: ふりかえりガイド

66.

9:タスクボードのちょっとした コツ

67.

タスクボード

68.

「可視化」と 「見える化」 http://www.flickr.com/photos/phooto/4318536468/

69.

Doingは2つまで マルチタスクは 効率が悪い http://www.flickr.com/photos/87598432@N00/3497916154/

70.

Doneの定義 Done of Definition http://www.flickr.com/photos/anselm23/431943046/

71.

◆ちょっと工夫したこと ・タスクの粒度 ・「後で貼っておく」」 は禁止

72.

10:インセプションデッキの ちょっとしたコツ

74.

・Pjに対する期待をマネジメントす るためのツール ・10の課題で構成されている ・Pjを開始する前に聞いておく必要 のある質問ばかり ・お客様も含めた期待を共有し、 認識を合わせることができる <アジャイルサムライP47より>

75.

WHY (1)我々は何故ここにいるの か? (2)エレベーターピッチ (3)パッケージデザイン (4)やること/やらないことリスト (5)「ご近所さん」を探せ

76.

HOW (6)技術的な解決案を描く (7)夜も眠れない問題 (8)期間を見極める (9)諦めるべきものをはっきりさ せる(トレードオフスライダー) (10)何がどれだけ必要なのか 提示する

77.

エレベーターピッチ [潜在的なニーズを満たしたり、抱えてい る課題を解決したり]したい、 [対象顧客]向けの[プロダクト名]という プロダクトは[プロダクトのカテゴリー] です。 これは[重要な利点、対価に見合う説得力 のある理由]ができ、[代替手段の最右翼] とは違って、[差別化の決定的な特徴]が 備わっている。 Copyright © TIS Inc.

78.

諦めるべきものをはっきりさせる トレードオフスライダー MAX MI N スコープ MAX MI N 予算 MAX MI N 時間 MAX MI N 品質 MAX MI N 使い勝手 MAX MI N Copyright © TIS Inc. 効用

79.

契約前に エレベーターピッチを 考える http://www.flickr.com/photos/nobmouse/4052848608/

80.

11:失敗談:ワークショップで 気をつけること

81.

手順をなぞって 分かった気になる http://www.flickr.com/photos/dlplonner/4608808472/

82.

素振り重要 http://www.flickr.com/photos/blackmailismylife/8293979721/

83.

12:失敗談:みんながアジャイ ルになれる?

84.

誰もがこの 働き方を気 に入るわけ じゃない

85.

人間は イイワケ の天才 でも・・・ だって・・・ http://www.flickr.com/photos/theforshizzalist/201248807/

86.

すぐに変われる わけではない http://www.flickr.com/photos/drzax/3068597347/

87.

ベストを尽くそうと している http://www.flickr.com/photos/25504455@N02/4704575075/

88.

13:失敗談:いきなり導入

89.

いきなり真剣を振り回すと 大ケガする http://www.flickr.com/photos/willem83/5464379138/

90.

どうやって やったらいいか 道筋が分からない http://www.flickr.com/photos/very_life/4901069076/

91.

守 破 離 http://www.flickr.com/photos/dreadwear/4042342772/

92.

Communitiy http://www.flickr.com/photos/aigle_dore/5238575636/

93.

同じ悩みを持った 仲間と巡り会う場

94.

300人月 http://www.flickr.com/photos/tonivc/2283676770/

96.

DevLOVEとは、開発(Develop)を 愛する人たちの集まりです。 この集まりでは、開発の楽しさを再 発見し、広げるために、2つのコン セプトのもと、明日の開発の現場に 役に立つことを目指した勉強会や イベントを開催しています。 DevLOVE公式サイトより

97.

1.開発の楽しさを発見 しよう。広げよう。 2.開発の現場を前進さ せよう。 DevLOVE公式サイトより

98.

・勉強会勉強会 ・自分の学習パターンを知る ・関西人の自分戦略 ・SQLアンチパターン・レトロスペク ティブ関西・リターン ・ロールプレイング・インセプション デッキ ・こんな世の中だからこそ、安全な Webアプリケーション勉強会 ~明 日は我が身~

99.

・セルフ・タスクマネジメント ・「かんばんゲーム」ワークショップ ・統計学勉強会 ・「ペーパープロトタイピング」ワー クショップ ・「開発スタートアップ」ワークショッ プ ・「わかりやすいアジャイル開発の 教科書」読書会風味のワーク ショップ

100.

DevLOVE関西の情報 ・Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/devkan/ ・Doorkeeperコミュニティ http://devlove-kansai.doorkeeper.jp/ ・Twitterハッシュタグ #DevKan

101.

スクラム道関西 http://www.flickr.com/photos/43430703@N04/6284296690/

102.

私たちは、ソフトウェア開発における私たち自身 の現場をより良くしたいという想いから、スクラムや アジャイルな開発の知識を相互に共有し、議論 しながら切磋琢磨するために集まった関西のコミュ ニティです。 より多くの人々に、従事する開発現場を改善す るきっかけになるような情報を発信し、また、みな さんの悩みや問題を一緒に考え話し合うことで、 より広い知恵と知識を培っていける場を設けてい きたいと考えています。 私たちは開発者のみなさんがいつも笑顔で開発 できるような世界を目指しています。

103.

アジャイル・スクラムを実施して いる人たちでのディスカッション (2週間に1回)

105.

最後に

106.

Agileは 手段の1つ http://www.flickr.com/photos/28861972@N06/2696151179/

107.

Agileな姿勢や考え方 は当たり前になってい る http://www.flickr.com/photos/firesign/173000769/

108.

1人1人が考えて Actionする http://www.flickr.com/photos/highersights/6231641551/

109.

銀の 弾丸は ない http://www.flickr.com/photos/33854131@N06/4088827509/

110.

先人達が 築いた 高速道路は ある http://www.flickr.com/photos/sfantti/274905309/

111.

皆さんの お話を 楽しみに しています http://www.flickr.com/photos/sadfeeling/4165952638/