現場コーチから見えてきた越境する現場の3つの特徴

>100 Views

July 23, 15

スライド概要

開発者ギルドカンファレンス2015での発表資料 https://guildworks.doorkeeper.jp/events/26156

profile-image

レッドジャーニー(https://redjourney.jp/) 所属のアジャイルコーチ 元ギルドワークス 所属 様々な規模のSIerでのシステム開発を経て今に至り、約10年で40の組織、80のチームを支援している。 「ええと思うなら、やったらよろしいやん」を口癖に、社内のみならず社外のチームがより良くなるお手伝いなど日々活動中。 ・アドバンスド認定スクラムマスター(A-CSM) ・認定プロダクトオーナー(CSPO) ブログ:サウスポーなエンジニアの独り言

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

現場コーチから見えてきた 越境する現場の3つの特徴 開発者ギルドカンファレンス2015 中村 洋(@yohhatu) https://www.flickr.com/photos/rishibando/4282630035

2.

Agenda 1:自己紹介 2:現場コーチの事例 3:越境できる組織の3つの特徴 4:まとめ

3.

Agenda 1:自己紹介 2:現場コーチの事例 3:越境できる組織の3つの特徴 4:まとめ

4.

自己紹介 Copyright (c) 2014 Guild Works Inc.

5.

自己紹介 ・name:中村 洋(よう) ・blog:サウスポーなエンジニアの独り言 ・twitter:@yohhatu http://about.me/yohhatu

6.

自己紹介 ・アジャイル開発 ・チームビルディング ・組織改善 ・認定スクラムマスター

8.

自分のコンテキスト https://www.flickr.com/photos/infomatique/795234368

9.

社歴 1:2次受けの開発会社 2:(派遣的な)開発会社 3:割と堅調な開発会社 4:(元)海岸沿いのSIer 5:国産ブラウザを作っている会社 6:フリーランス 7:ギルドワークス←イマココ

10.

JobHopper https://www.flickr.com/photos/jussiahonen/14554677228/

11.

やっていた仕事(肩書き的なもの) 1:システムエンジニア(SE) 2:チームリーダー 3:スクラムマスター https://www.flickr.com/photos/streamishmc/4450196865/

12.

やっていた仕事(役割的なもの) 1:ファシリテーション 2:コーチング 3:サーバント・リーダーシップ https://www.flickr.com/photos/goldjian/6080603264

13.

スクラムマスターや 現場コーチとして 6つのクライアント https://www.flickr.com/photos/clementpetit/3174254978/

14.

Agenda 1:自己紹介 2:現場コーチの事例 3:越境できる組織の3つの特徴 4:まとめ

15.

・現場で開発チーム、事業側と一 緒になって改善を進めていく ・現場に常駐して、現場と一緒に 行動する ・独立した視点を持ち、制約に縛 られない

16.

これまでのコーチの現場 https://www.flickr.com/photos/davedehetre/4665263618/

17.

オズビジョンさんとの関わり 2014年6月〜10月:開発チームの現場コーチ 2014年11月〜現在:CTO代行 (※CTO=chief technology officer) 「アジャイルな開発手法」の定着からチームマネ ジメント、技術指導、仮説検証、育成まで様々な 分野で関わる。

20.

モノタロウさんとの関わり 2014年8月〜現在:現場コーチ プロセス改善と技術課題改善の2軸をコーチ2人 体制で関わっている。

22.

サンロフトさんとの関わり 2014年4月〜7月:現場コーチ 週に1回のクライアント打合せとその前後を一緒 に行動し、「会議の方法」「要件のまとめ方」な どを支援。

24.

状況に応じた現場コーチ 対象チーム、事業 を増やしていく CTOの支援や 代行請負 ターゲットチーム 企画側(プロダク トオーナー)を含 を決めて現場改善 めて改善

25.

詳細な事例はこちらで http://guildworks.jp/works/

26.

ギルドワークス流 「現場コーチ」の特徴 https://www.flickr.com/photos/goldjian/6080603264

27.

守破離 https://www.flickr.com/photos/mandolux/36074503

28.

TeachingとCoaching https://www.flickr.com/photos/̲boris/2002063172

29.

成長しながら 価値を届ける https://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6355836713

30.

ギルドワークス流 「現場コーチ」の価値 https://www.flickr.com/photos/wolfsoul/2202358527

31.

現場に寄り添いながら ビジネスと向き合う

32.

自律的に動くことが できるようになる https://www.flickr.com/photos/hatalmas/6094281702/in/photostream/

33.

境界線を越境していく https://www.flickr.com/photos/horrgakx/5191178095

34.

Agenda 1:自己紹介 2:現場コーチの事例 3:越境できる組織の3つの特徴 4:まとめ

35.

越境できる組織の 3つの特徴 その1

36.

現場が自分事で 考えている

37.

「偉い誰かが言った から」ではない https://www.flickr.com/photos/sanchom/2963072255

39.

自分がお金を出すとしたら 同じやり方をする? https://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6355836713

40.

インセプションデッキ

41.

インセプションデッキの特徴 ・10個のタフクエスチョン ・関係者全員で ・1デッキ60〜90分 ・1回で終わりではない(叩き台) ・作っておわりでもない ・ふりかえり、リリース後に見直す ・常に見えるように

42.

ドラッカー風 エクササイズ https://www.flickr.com/photos/sanchom/2963072255

43.

ドラッカー風エクササイズ チームメンバー同士の 期待をすりあわせるために 行うチームビルディングの プラクティス。 4つのタフな質問から成り立つ。 これをメンバーで話し合う。

44.

4つの質問 1:自分は何が得意なのか? 2:自分はどうやって貢献する つもりか? 3:大切に思う価値はなにか? 4:メンバは自分にどんな成果 を期待しているのか?

45.

越境できる組織の 3つの特徴 その2

46.

失敗を 恐れていない

47.

軽くやってみる https://www.flickr.com/photos/pmorgan/3661681163/

48.

失敗や現実を 受け入れることが できるか? https://www.flickr.com/photos/a2gemma/1448178195

49.

説明責任と改善責任 https://www.flickr.com/photos/vuhung/8095592977/

50.

ふりかえり https://www.flickr.com/photos/sanchom/2963072255

51.

(「プロジェクト ファシリテーョン 実践編 ふりかえりガイド」P14から引用)

52.

越境できる組織の 3つの特徴 その3

53.

組織全体で 取り組む

54.

障害やボトルネックは 移動する https://www.flickr.com/photos/archeon/3335289895

55.

「自分達は関係ない」 ということはない https://www.flickr.com/photos/hopefoote/2435351092

56.

見える化と見せる化 https://www.flickr.com/photos/stevewall/3925965984

57.

カンバン

59.

Agenda 1:自己紹介 2:現場コーチの事例 3:越境できる組織の3つの特徴 4:まとめ

60.

越境できる組織の3つの特徴 1:現場が自分事で考えて いる 2:失敗を恐れていない 3:組織全体で取り組む

61.

現場コーチの価値は 「正しいものを正しくつくる」 できる現場を増やすこと https://www.flickr.com/photos/kacey/14903219403