3次元点群データを活用した未来のまちづくり~VIRTUAL SHIZUOKA構想~

1.1K Views

July 05, 22

スライド概要

令和4年度 景観セミナー【点群×景観まちづくり】配布資料
説明者:静岡県 未来まちづくり室 藤島班長

profile-image

静岡県景観まちづくり課は、県内の景観行政を推進する市町の担当者の皆様に役立つ情報を提供します。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

3次元点群データを活用した未来のまちづくり ~ VIRTUAL SHIZUOKA構想~ VIRTUAL SHIZUOKA の点群データ 点群データ:レーザスキャナ等で計測したX,Y,Zの位置情報を持つ膨大な点の集まり

2.

点群データじゃなくても航空写真で良くない? 航空写真では撮影できない地表面が取得できる オリジナルデータ グラウンドデータ

3.

(表面)オリジナルデータ 除 去 (地形)グラウンドデータ 前 除 去 後 出典:中日本航空株式会社 これぐらいの隙間があればデータ取得できています

4.

光明山遺跡(浜松市天竜区) 写真提供:(株)フジヤマ 光明山遺跡(浜松市天竜区) オリジナルデータ 写真提供:(株)フジヤマ グラウンドデータ

5.

VIRTUAL SHIZUOKA 実現のため広範囲・高密度にデータ取得 航空レーザ計測 航空レーザ測深 移動計測車両 ( LP:Laser Profiler ) ( ALB:Airborne Laser Bathymetry ) ( MMS:Mobile Mapping System ) 地表面及び樹木・建物など 海岸及び水中部の地形 道路及び周辺部の地物 16点/m2以上 1点/m2以上 400点/m2以上 計測方法 計測内容 計測密度 航空レーザ測深(ALB) 航空レーザ計測(LP) 移動計測車両(MMS) 9

6.

航空レーザ計測 (LP) LP+ALB LP+MMS + + 水面と水中地形データを統合 + 広域の地形データと道路の地形データを統合 航空レーザ測深 (ALB) + 移動計測車両 (MMS) 統合データ(LP+ALB+MMS) 画像提供:朝日航洋株式会社 統合データ(LP+ALB)の事例 静岡県伊東市富戸 LP+ALB (建物・植生除去済み)

7.

VIRTUAL SHIZUOKA のデータをオープンデータ(CC-BY)として公開 https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/shizuoka-2019-pointcloud VIRTUAL SHIZUOKA のデータをオープンデータ(CC-BY)として公開 LPデータ ダウンロードページ ALBデータ ダウンロードページ MMSデータ ダウンロードページ 「選択範囲の指定」をクリックして領域を 選択し、「ダウンロード」をクリックする とデータが取得できます https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/shizuoka-19-20-pointcloud 13

8.

静岡県の3次元点群データ取得計画 総面積:6,700km²(全域:7,777km²) 総事業費:1,728,847千円 (国費: 365,717千円) R3 950km² 320,000千円 (内閣府:50,000+県:270,000) R3 R1 砂防基礎調査 4,000km² 877,140千円 (国土交通省:265,717+県:611,423) 1050km² 306,713千円 (県:306,713) R2 700km² 224,994千円 (内閣府:50,000+県:174,994) VIRTUAL SHIZUOKA構想 3次元点群データで創るデジタルツイン

9.

VITUAL SHIZUOKA は デジタルツイン ( 現実空間をコピーした仮想空間 ) 原寸(縮尺1:1)の世界!! 原寸の静岡県が仮想空間にある

10.

デジタルツイン = シミュレーション空間 現実空間をコピーした仮想空間を再現することで、 シミュレーションやフィードバックを可能にする仕組み メ タ バ ー ス = コミュニケーション空間 必ずしも既存の現実空間を再現する必要はないものの、 現実空間と同じように人々(アバター)が集まって 人間活動ができる「仮想の人間空間プラットフォーム」 デジタルツインの実現・・・ VIRTUAL SHIZUOKA バーチャル世界でシミュレーションを行い、現実世界における将来の変化を予測する バーチャル世界 (仮想) 現実世界 (フィジカル) 蓄積 3次元モデル 収集 モニタリング 分析 シミュレーション 活用 フィードバック

11.

「まち」のデジタルツイン化の流れ Map the New World.

12.

VIRTUAL SINGAPREやPLATEAU のような作成方法が現在の主流 3Dモデルを作成する概念が変わるかもしれない!? 3次元点群データから3Dモデルを作成する(Scan to BIM) VIRTUAL SHIZUOKAから3D都市モデルを(Scan to BIM)で自動作成する LOD3は精緻でリアルな3D都市表現が可能であるが作成コストが高い LOD2(コスト低) LOD3(コスト高)

13.

VIRTUAL SHIZUOKAから3D都市モデルを(Scan to BIM)で自動作成する LOD2で不足する建物などの情報を点群で補うことが可能なのでは? LOD2 自動作成 点群データ 建物だけでなくインフラ(道路、河川、港湾等)の3D都市モデルを作成する インフラの施設情報の意味付けが可能になる(3D台帳・管内図のベースに) LOD2 自動作成 点群データ

14.

熱海市のPLATEAUデータ( CityGML)があったら。。。 LOD 1(建物+高さ)のデータがあり、都市計画基礎調査情報がオープンデータ化 されていれば、流出した建物の戸数、世帯数などが把握できたのではないか? VIRTUAL SHIZUOKA 多 様 な 活 用 事 例

15.

データ取得後の被災時対応 LP(被災前) UAV計測(被災後) 堆積土量 45m3 崩壊土量 79m3 合成 崩壊箇所 崩壊箇所 堆積土砂 堆積土砂 津波浸水シミュレーションへの活用(静岡県賀茂郡河津町) 出典:静岡県危機管理部 29

16.

景観シミュレーション(景観まちづくり課) 電柱・電線の移設、支障木の伐採による景観シミュレーションを実施 富士山眺望を阻害する電柱・電線の移設 海洋眺望を阻害する支障木の伐採 3次元モデルによる河川計画(河川CIM) 出典:日本工営株式会社 佐藤氏(本人承諾済)

17.

伊豆ジオパークのVR化 体験者とガイドが同一のVR空間に入り込み、自由な視点でジオサイトを体感するツアーを実施 ・ アフターコロナの訪問動機につなげる VR空間 ・ 高齢者や障害者がアクセス困難な場所を案内する ⇨バリアフリー施策としてのサービスが期待できる ガイド 体験者 点群データをオープンにしたら みんなが使い始めた!!

18.

富 士 山 ※ データ容量が大きいため5mメッシュに1点に間引いています

19.

36 37

20.

出典:アジア航測株式会社 出典:アジア航測株式会社

21.

レーシングゲームへの活用(スペイン)

22.

VIRTUAL SHIZUOKAをデジタルツイン基盤として新たな価値の創出へ! 点群利用ソフトウェア等 https://youtu.be/TXp3UuITmZ0 VIRTUAL SHIZUOKA データセット (コンセプト説明及びダウンロードチュートリアル) ハンズオン体験動画 https://youtu.be/TXp3UuITmZ0 バーチャル・シズオカの点群データを ダウンロード&3Dでみる方法【CloudCompare】 https://youtu.be/TXp3UuITmZ0 「バーチャル・シズオカ」の点群データを ダウンロードして「QGIS」で解析する方法

23.

城ヶ崎海岸 https://youtu.be/TXp3UuITmZ0 観光VRコンテンツ 紹介動画 堂ヶ島 https://youtu.be/pG7xLAlr36w 龍宮窟 https://youtu.be/GYrEu6G5MC8 鮎壺の滝 https://youtu.be/9arFmA9JV5M バーチャル・シズオカでVR体験 VIRTUAL SHIZUOKAイメージ動画 静岡県 交通基盤部 政策管理局 建設政策課 未来まちづくり室 E-mail:mirai@pref.shizuoka.lg.jp