『登記所備付地図XMLデータ』に触れてみよう〜法務省が公開した大規模オープンデータとは一体何なのか〜

3.1K Views

March 24, 23

スライド概要

2023/03/23 に 開催された「スクエアfreeセミナー」での発表資料です。
『登記所備付地図XMLデータ』に触れてみよう
〜法務省が公開した大規模オープンデータとは一体何なのか〜
と題して、2023年1月に法務省から公開された地図XMLデータの基本的な紹介をいたしました。

イベントURL(そのうち「過去開催」のページに移動するかと思います):
https://www.opensquare.co.jp/free-seminar.html

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Twitterハッシュタグ スクエアfreeセミナー #140 地図情報が世界を変える 『登記所備付地図 XMLデータ』に 触れてみよう #sqsemi 〜法務省が公開した大規模オープンデータとは一体何なのか〜 2023/03/23 坂井 恵 (@sakaik)

2.

「法務省が、なんか 土地に関する情報を 一挙に公開した らしいぞ!?」

3.

自己紹介 なまえ: 坂井 恵 (さかいけい) 主なアカウント: @sakaik 生息地域① : 日本MySQLユーザ会 (副代表) 生息地域② : OSGeo日本支部 (運営委員) 生息地域③ : 有限会社アートライ (代表) • 「(自称)超濃厚なニワカ」: 自分で言うのもアレですけど、興味を持つと しつこいです • 測量士補 • 最近感動した本「位置情報エンジニア養成講座」 • 良い本なのだけど、唯一の難点は「緑であること」(オンライン登壇的な視点で)

4.

もう一度。 「法務省が、なんか 土地に関する情報を 一挙に公開した らしいぞ!?」

5.

今日は Twitterハッシュタグ #sqsemi • 今後「登記所備付地図データ」の話題を目にするようになるかもしれません • 話題が出たときに「あぁあれね」とか「この部分が改善されたのか」などと 分かるように思い出してもらえたら嬉しい • 人に話す機会があれば、ちょっと知ったフリができるように • 私が「面白い!」と感じたものをお伝えします。気楽に面白がって聞いてい ただければ嬉しい(今日の話は、ややIT技術者向けに寄せています)。 ※オンライン登壇って皆さんの反応が見えないので、かなり孤独です。Tweet やZoomのチャット欄などで反応いただけると嬉しいです

6.

登記所備付地図データXMLがやってきた! https://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00494.html

7.

1月23日 登記所備付地図データXML公開! https://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00494.html

8.

登記所備付地図データ ダウンロード

9.

このデータは何? • 全国の土地(敷地)の情報 • エリア(位置と形) • 名前(地番) • 全国規模の「オープンデータ」 • • • • 一部界隈から大盛り上がり ただし現時点では課題も多い まずは公開されたことに対するリスペクトを この段階で公開してくれたことで、実際に様々な動きが起こりました!

10.

「法務省登記所備付地図XMLデータ」 • いくつかの用語の理解が肝要。分解してみよう。 • 法務省 • 登記所 • 備付地図 • XMLデータ

11.

登記所備付地図 不動産登記法 第十四条(地図等) 登記所には、地図及び建物所在図を備え付けるものとする。 2 前項の地図は、一筆又は二筆以上の土地ごとに作成し、各土地の区画を明確にし、 地番を表示するものとする。 3 第一項の建物所在図は、一個又は二個以上の建物ごとに作成し、各建物の位置及び 家屋番号を表示するものとする。 4 第一項の規定にかかわらず、登記所には、同項の規定により地図が備え付けられる までの間、これに代えて、地図に準ずる図面を備え付けることができる。 5 前項の地図に準ずる図面は、一筆又は二筆以上の土地ごとに土地の位置、形状及び 地番を表示するものとする。 6 第一項の地図及び建物所在図並びに第四項の地図に準ずる図面は、電磁的記録に記 録することができる。

12.

登記所備付地図 • 明治から脈々と続く権利情報 • 検地・刀狩 • 廃藩置県・地租改正 • 「筆」の単位で管理 • 地図の変更タイミング • 複数の筆をひとつにまとめたり • 1つの筆を複数の筆に分けたり • 最新状態確認のための調査、測量したり

13.

登記所備付地図作成事業 全国の、もっと正確な情報となるよう 何年もかけて整備実施中 https://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00236.html

14.

登記所備付地図XMLに含まれる情報 • つまりは「筆」に関する情報 (権利情報は含まない) 今ここ何番地? (法務省地図 on Maplibre) by 土地家屋調査士 白土洋介氏 https://office-shirado.github.io/Moj_Maps/

15.

AMX Project 興味を持った人たちによる情報公開、 情報交換、実証実験の場 例えば: • • • • など データの再配布 ベクトルタイル公開 地図上へのデータ表示 メタデータの解析 https://github.com/amx-project

16.

「登記所備付地図データ」 は どんなデータ?

17.

登記所備付地図データの概要 • XMLファイルである • 全国の「筆」の情報が含まれている • ポリゴン(土地の形と位置) • メタデータ(地番、精度区分、作成日等) • 全国分なので、とてもとても膨大なデータ • ファイル数は、県によってかなり差がある。 • 最大の愛知県や千葉県で 16,000ファイル程度 • 最小の沖縄県や香川県で 2,200ファイル程度

18.

登記所備付地図データの概要 特に期待しすぎ ちゃってる人に向 けては • (私見) 登記所にあるあの地図をスキャンした程度、と考えると 良いかな、と。 (実際はメタデータがデジタル化されているのは勿論、位置(形)に関する情報もすべて座 標情報としてデジタル化されています) • 最近調査しなおして、とても正確になっている地域もあるし • 明治の最初に描いたきりのエリアもある → 基本的な考え方:紙の地図が持っていた以上の情報は持っていない

19.

登記所備付地図データXMLの構造 全体構造

20.

空間属性(点) • 点(Point)の座標値が定義さ れている

21.

空間属性(線) • 線(Curve)が、 Pointをつなぐ形で 定義されている

22.

空間属性(面) • 面(ポリゴン;Surface)の 情報が、Curveから構成 されている

23.

主題属性 • 点、線、面、筆に関するメ タ情報 • 画像では筆の部分を紹介

24.

図郭 • デジタル化の元にした紙の地 図に関する情報。

25.

地図「XML」データ ご覧のとおり、 • とても美しい構造(私見) • でも、このままじゃ使いにくい → じゃぁどうしよう (つづく)

26.

「座標」について XMLファイルの中身を見てきたとおり、「座標」の情報を持つ のは、原則として「点」のみ(一部例外あり)。 座標は「緯度経度」だけではない! →さまざまな座標系 備付地図XMLファイルで使用されている座標系は、日本の「平 面直角座標系」である。

27.

平面直角座標系 • 2023/02/16 「来たぞ登記所備付XMLデータ(1)」にて詳説 • https://speakerdeck.com/sakaik/moj-map-xml-data-digest • 正確に位置や距離を表すには球面上での計算が必要 • でも球面上での計算って、すごくすごくすごく大変 • → 平面に投影して、許容できる歪み範囲で利用しよう! • これが「平面直角座標系」です。ちゃんと日本の法律でも定められている、 歴とした手法です • 日本を19のエリアに分けて、それぞれの「原点」を定め、その原点からのタ テヨコの距離で座標を表す • もちろん、平面直角座標系の座標から、地理座標計(緯度経度)へ変換できる

28.

(参考) 平面直角座標系→経緯度 への変換 • 出典:国土地理院 https://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/surv eycalc/algorithm/xy2bl/xy2bl.htm

29.

公共座標系と任意座標系 登記所備付地図XMLデータの座標表現には以下の2つがある • 公共座標系 • 平面直角座標系の座標値で表されたもの • (1~19系の(自身が含まれるエリアの)原点からのタテヨコで表したもの) • 任意座標系: • その地図内で適当に原点を定めて記述されたもの • 当然、日本地図上のドコに乗るかは、これだけでは分からない • 「精度区分」値が示されているデータは平行移動のみで正しい位置にマッチさせ ることができそう(坂井独自調査) ※今回公開された地図XMLデータでは、この「任意座標系」のデータが非常に多い (地域差あり。最低の千葉県では87%が任意座標系であり、逆に最高の沖縄県では4%程度。

30.

話を戻します 地図「XML」データ ご覧のとおり、 • とても美しい構造(私見) • でも、このままじゃ使いにくい → • (1)変換して使うか • (2)変換されたものを使うか

31.

地図XMLデータ:自分で変換したい場合 • デジタル庁コンバータ • 地図XMLファイルを GeoJSONに変換 • https://www.digital.go.jp/news/4b7250a3 -3fcf-4b83-8d52-4bb131e1ba9d/ • 坂井ツール • 地図XMLファイルを GeoJSONに変換 • https://github.com/sakaik/kuwanauchi_x ml_digest/tree/main/scripts

32.

坂井ツール(mojxml2json.py)の使い方 動作環境:Python (>=3.8)が動作する環境 • GeoJSONに変換したい ZIPファイルたちをフォルダに集める • 中にXMLファイルがひとつだけ含まれているZIPファイル • mojxml2json.py と xy2do.py の2つのファイルを取得する • https://github.com/sakaik/kuwanauchi_xml_digest/tree/main/scripts • 入力フォルダと出力先フォルダを指定してスクリプト実行 • 例: $ python3 mojxml2json.py ./datafolder/ ./outputfolder たったこれだけ! デジ庁ツールとの違いは • 環境の用意がシンプル • XMLファイルではなくZIPファイル群のフォルダを指定 • 「代表点」情報を含んでいない(残念) • その他、多少のメタデータが多め • 任意座標は勝手に変換しません

33.

変換済のデータを使う場合 AMX Project の amx-a • ベクトルファイル配布 • PMTiles形式など • https://github.com/amx-project/a-spec

34.

活用事例(フロント) • 今ここ何番地? • by 土地家屋調査士 白土さん • https://office-shirado.github.io/Moj_Maps/ • MAPPLE法務局地図ビューア • by マップル さん • https://labs.mapple.com/mapplexml.html その他いろいろ! プログラム書ければ、誰でも作れる! 誰でも試せる!

35.

記事紹介 最近、登記所備付地図XMLに関する記事も 出始めました。 INTERNET Watch (2023/03/15) 『「登記所備付地図」の電子データを法務省が無償公開→有志による 「変換ツール」や「地番を調べられる地図サイト」など続々登場』 https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/chizu3/1485850.html ※ AMX Projectの活動が紹介されています。

36.

さいごに

37.

坂井の提言 • 1年単位ではなく、最初は特にこまめな更新を! • まずは形式的なミスを適宜直してほしい、直したい • 入力項目を誤って登録したもの(使用プログラムとバージョンが逆、など) • 任意座標系の値なのに「公共座標系」として誤って公開されているもの • ファイル内の文字化けの排除 • フィードバックの窓口の明確化を! • 今のところフィードバック先はないと認識 • データの正確性への進化の道を! • • • • (これは上2つに比べると少しずつ進化していければ良い) 精度区分なしのデータファイルの精緻化 図郭分裂筆の統合 任意座標系から公共座標系への移行

38.

まとめ • 「法務省登記所備付地図XML」が公開された • XMLファイルの中身は、点から線、面へと積み上げられ、面に 対して、地番等のメタ情報が紐付けられている • XMLのままでは使いにくいので、GeoJSONやベクトルタイル 等に変換して使用する • 座標系には、任意座標系と公共座標系がある。この地図XMLに は任意座標系が多いのは今後の進化に期待。 • データがオープンになったので、様々な試みが広がっている