ビジュアルトリガを用いたタスク管理におけるモチベーション向上手法の有用性の検討

267 Views

March 19, 19

スライド概要

HCI182で発表に使用したスライドです

profile-image

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ビジュアルトリガを用いた タスク管理におけるモチベーション向上 手法の有用性の検討 松田滉平(明治大学 大学院) 中村聡史(明治大学) 第182回HCI研究会

2.

デモ

3.

背景 人の記憶は結構適当 • 借りたDVDを期日までに返す → 忘れる • 切れた電球を帰りに買おう → 忘れる 対策として 手帳 タスク管理ツール 記憶の外在化を行うことで 忘れないようにしている

4.

関連研究 • 空き時間とタスク間関係を利用したユーザ のスケジューリング支援手法 [堤ら 2017] • What a To-Do: Studies of Task Management Towards the Design of a Personal Task List Manager [Bellotti 2004] タスク“管理”のデザインによって 実行のハードルを下げる

5.

問題点 管理のハードルを下げるだけでは 行動(実行)に繋がらない タスクに対する意識を変容させ 行動に繋げる必要がある

6.

画像による行動変容研究 • 画像をトリガにしたリマインダー • 画像の方が実行率が高い[Rogers 2017] • 画像提示による行動変容 • アイコンで撮影対象が変化[磯山ら 2016] 画像提示による認知を利用して タスクへの行動を促す可能性

7.

先行研究 [Matsuda AVI2018] [松田 HCI174] ビジュアルイメージで管理される行動 を促すトリガの性質調査 画像からモチベーションを得る タスクに関連するもの パソコン内の作業タスク 使い方をする人がいる

8.

目的 ビジュアルトリガによって タスクへの行動意欲が向上するかの検証 • 画像提示によって行動変容を促すか実験で 検証 • タスクのトリガーとしての妥当性 • 画像と文字とのモチベーションの比較 • 画像内容の形式の違いによる影響調査

9.

仮説 • 行動を促すトリガを画像で管理 • 画像として提示することで意識を変化 • モチベーションが増加 タスクを 画像として見る 行動に繋がる

10.

仮説と実験 【実験1】 • 文字同様に画像はタスクを想起する トリガとして機能するか検証 【実験2】 • 文字と比べて画像はモチベーション向上に 効果があるのか検証 【実験3】 • どのような画像がモチベーションに効果 があるのか検証

11.

実験1:想起トリガの機能 画像が文字同様にタスク内容を 想起させるトリガとして機能するか • 10個の任意タスクを画像or文字で表現 • 実験協力者 大学生12人

12.

実験1:実験手順

13.

実験1:実験結果 • タスク想起の割合結果 • 画像の想起割合 = 0.98 • 文字の想起割合 = 1.00 画像 A B C D E F 平均 自由想起 手がかりあ り想起 0.5 1.0 0.2 0.7 0.9 0.7 0.9 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.67 0.98 文字 G H I J K L 平均 自由想起 手がかりあ り想起 0.7 0.5 0.5 1.0 0.8 0.3 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 1.0 0.63 1.00 タスク内容を想起させるトリガとして 文字同様の機能を有する

14.

実験2:モチベーション向上 イメージとして提示することで モチベーションに繋がるか • 文字or画像の提示方法で達成度を比較 • 実験協力者 大学生12人

15.

実験2:実験手順 与えたタスクを画像or文字で表現 2週間タスクを実行してもらう 7月10日 7月11日 7月12日

16.

実験2:実験結果 • 結果(タスク達成の割合) • 画像の割合平均 = 85% • 文字の割合平均 = 79% 6割 9割 画像の表現方法によって タスクのモチベーションが変化?

17.

実験3:表現形式の比較 タスクの表現形式によって モチベーションが変化するか検証 • LINEBOT用いた実験(大学生 12人) • こちらが選定したタスク画像を4パターン提示 • 提示から達成までの時間間隔を計測 文字 イラスト画像 抽象画像 (フォトグラフ) 具体画像 (タスク関連)

18.

実験3:実験結果(時間間隔) • タスク達成率 • タスク実行までの時間 文字 平均時間 (分) 38.64 イラスト 画像 45.67 抽象表現 画像 21.84 具体表現 画像 22.44

19.

考察 • Goal-setting theory [Edwin 2006] • タスクパフォーマンスの研究 • 具体的な目標 > 抽象的な目標 イラスト 抽象的画像 具体的画像 具体的にタスク行動を 表現する方が良い

20.

実験まとめ 画像でもタスクの想起の機能は果たせる タスク内容を想起しやすい画像は モチベーションを向上させる

21.

まとめ パシャボン 背景 文字ベースのタスク管理はハードルが高い 目的 画像の認知特性を生かした記憶トリガ管理 提案 画像ベースのタスク管理で行動変容を促す 実験 画像の認知特性がタスク管理にも適用可能か 結果 画像からモチベーションを得られる可能性