ファンデーションの塗りムラをなくすための基礎調査

885 Views

March 01, 21

スライド概要

ファンデーションはムラなく塗ることで肌の欠点を隠すカバー効果が期待される.しかしファンデーションは自身の肌色に近いため素肌と同化しやすく,塗りすぎや一部だけ塗り忘れてしまう問題などが起こりやすい.そこで本研究では,化粧時にリアルタイムでファンデーションの塗布状態を可視化することで,塗りムラをなくすための化粧支援システムの実現を目指す.本稿では,その研究の初期段階としてファンデーションを中心とした化粧に関する調査を,クラウドソーシングを用い大規模調査するとともに,ファンデーションの塗布画像と素肌の画像を,機械学習を用いて分類する手法について検討した結果,82.3%と高精度で判別可能であることがわかった.

profile-image

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

明治大学 総合数理学部 梶田美帆 中村聡史

2.

• • • 2

3.

• • • • 3

4.

• • • 4

11.

• • 11

13.

• • • 13

14.

• • • 14

15.

• • 15

16.

• • 16

18.

• • 18

19.

• • 19

20.

• • • 20

21.

• • • 21

22.

• • • 22

23.

• • • 23

24.

• • 24

25.

• • 25

26.

• • • 26

27.

• • • 27

29.

• • 29

30.

• • 30

31.

• • • • 31

32.

• • • • 32

33.

• • • • 33

34.

• • • 34

35.

• • • • • 35