ダンス動画への軌跡の重畳付与が動きの理解に及ぼす影響

527 Views

December 15, 22

スライド概要

ダンス動画への軌跡の重畳付与が動きの理解に及ぼす影響

profile-image

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 中村聡史研究室

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ダンス動画への軌跡の重畳付与が 動きの理解に及ぼす影響 明治大学 中村瞭汰, 藤原優花,中村聡史

2.

背景・問題 • 踊ってみた動画が流行している • ダンス動画を見て練習する人が多い →しかし,ダンス初心者が動画から振り付けを 理解し,真似することは容易ではない

3.

理解が難しい動きの例 見本 間違いの例

4.

理解が難しい動きの例 見本 間違いの例

5.

理解が難しい動きの例 見本の動き: 「手を体に沿って肩の位置まで 上げて横に伸ばす」 見本の動き 間違った動き: 見本を「手を肩の横に出す」と理解し, 再現した動き 間違った動き

6.

理解が難しい動きの例 見え方の違い 見本の動き: すっきりした動き 間違った動き: ぼやけた動き 見本の動き 間違った動き

7.

関連研究 指導者の動きを撮影し,練習者の身長に合わせた ボーン情報に変形したものを重ねて提示する [Fujimotoら, 2012]

8.

関連研究 このシステムは振り付けを覚える段階よりも, 覚えた振り付けを練習する段階で効果的だった

9.

関連研究 • VRなどを用いたダンスの練習支援に関する 研究が多い • ダンス習得支援システムの多くが持ち運びが 難しく,実際の練習環境で用いることが難しい [Rehebら,2020]

10.

関連研究 見本のダンスの動画にオノマトペの文字を 付与して,振り付けのニュアンスを伝えやすくする [斎藤ら, 2020]

11.

関連研究 オノマトペは動きの緩急を表すことには 適しているが,動き方の違いを表すことは難しい

12.

大目的 見本のダンス動画に情報を付与することによって 動き方の習得を支援する

13.

過去の研究 見本のダンス動画に対して,手の軌跡を 付与することでダンスの習得に影響するか調査 中村 瞭汰, 藤原 優花, 古市 冴佳, 中村 聡史. 見本のダンス動画に対する手の軌跡の付与が 動きの習得に及ぼす影響の調査, 情報処理学会 研究報告 ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI), Vol.2022-HCI-198, No.11, pp.1-8, 2022

14.

過去の研究 腕の動きが似ているか

15.

過去の研究 考察: 動画1, 2に関しては腕の動きよりも足などの動きの 印象が強く,あまり腕の動きが注視されなかった

16.

過去の研究で明らかでないこと • 軌跡提示によって動きの理解度が上がり, 評価値も上がったのか • 軌跡提示に対する慣れが表れ,評価値が 上がったのか

17.

本研究の目的 ダンス動画に対する軌跡提示によって, 動きの理解度が上がるのか調査する

18.

提案手法 no: 軌跡提示なし

19.

提案手法 back: 手が通った箇所に軌跡が提示される

20.

提案手法 front: 手がこれから動く先に軌跡が提示される

21.

提案手法

22.

実験 実験内容: ダンス動画を見てもらい,腕の動きについての 穴埋め問題に解答してもらう 穴埋め問題1 手を「どこ」から「どこ」へ「どのように」動かす

23.

実験 実験協力者: ダンスを習っていた経験が3年未満の大学生 (男性10名,女性10名)

24.

実験 実験で用いるダンス動画: AIST Dance Video Databaseから,腕の動きに 目が向きやすい動画を6本選定 それぞれの手法を2本ずつ,順番はランダムで提示

25.

穴埋め問題一覧 動画番号 動画1 動画2 動画3 動画4 動画5 動画6 穴埋め問題 手を「どこ」から「どこ」へ 「どのように」動かす 右手を「どこ」から上げる→ 「どこ」まで下げる→「どこ」に伸ばす 手を「どこ」から「どこ」に上げる →「どこ」に上げる 手を「どこ」から,「どこ」を支点として, 「どのように」動かす 右手を「どこ」から「どこ」まで回す →「どこ」まで下げる 右手を「どこ」から「どこ」へ 「どこ」を支点として回す

26.

実験手順 はじめに問題文を確認 1回目: 動画を1回見る→穴埋め問題に回答 2回目: 動画をもう一回見る→穴埋め問題に回答 3回目: ゆっくり流したり,何度見ても良い →穴埋め問題に回答する

27.

実験手順 穴埋め回答を3回にした理由: • 動画の視聴回数によって理解が変化すると 考えられる • 振り付けを覚える際にも,数回しか見ない 場合と,何回も見返す場合がある

28.

実験 採点方法: 採点基準をもとに,著者が1~3点の3段階評価で, 各空欄の採点を行った.

29.

採点基準 1点 「上」などの 「どこ」の空欄 位置の情報が ない 「どのように」 の空欄 動かし方に 関する情報 がない 2点 3点 位置が 模範回答と 少し異なる 模範回答の 位置が再現 できる 動かし方が 模範回答と 少し異なる 模範回答と 同じ動きが 再現できる

30.

結果 no: 軌跡提示なし back:手が通った箇所に軌跡が提示される front:手がこれから動く先に軌跡が提示される

31.

結果 どの提示方法でも,徐々に点数が増加している 動画の視聴回数による平均点の推移 3 2.5 2 1.5 1 0.5 0 1回目 2回目 no back 3回目 front

32.

結果 空欄を4種類(「どこ」から,「どこ」へ, 「どのように」,「どこ」を支点として)に分類

33.

結果 「どのように」の空欄は軌跡提示がある場合の 点数が高かった 「どこ」から no back front 2.28 2.49 2.34 「どこ」へ 2.59 2.57 2.41 「どのように」 2.58 2.82 2.89 「どこ」を 支点として 2.58 1.63 2.21

34.

結果 「どこ」を支点としての問題においてはback, frontの点数が低かった 「どこ」から no back front 2.28 2.49 2.34 「どこ」へ 2.59 2.57 2.41 「どのように」 2.58 2.82 2.89 「どこ」を 支点として 2.58 1.63 2.21

35.

考察 軌跡の提示が手を「どのように」動かすかを 理解するのに効果的であることが示唆された 「どこ」から no back front 2.28 2.49 2.34 「どこ」へ 2.59 2.57 2.41 「どのように」 2.58 2.82 2.89 「どこ」を 支点として 2.58 1.63 2.21

36.

考察 模範回答:「弧を描くように」動かす 回答例:「外に膨らむように」動かす 「ハイパーヨーヨーをするように」動かす

37.

考察 支点が問われているが,解答としては腕が通った 箇所を誤って解答したものが多かった 「どこ」から no back front 2.28 2.49 2.34 「どこ」へ 2.59 2.57 2.41 「どのように」 2.58 2.82 2.89 「どこ」を 支点として 2.58 1.63 2.21

38.

考察 模範回答: 肩を支点として回す 多かった間違い: 胸を支点として回す

39.

今後の展望 軌跡の効果がある動きにのみ軌跡の提示する動画を 作成し,手法の有用性の調査を行う

40.

まとめ 背景・問題: 初心者がダンスを動画から学ぶの難しい 実験: ダンス動画を見てもらい,その動きを説明する穴埋め問題に 回答してもらった 結果・考察: 軌跡が手を「どのように」動かすかの理解に効果的であることが 示唆された