6th長崎QDG 「地方在住管理職から見る、ソフトウェアテストの過去・現状・未来」

1.5K Views

April 15, 22

スライド概要

2022年4月15日(金)に出島メッセ長崎にて「6th長崎QDG」を開催しました。
ご講演者より許可を頂いた資料につきましてNaITEにて公開いたします。(公開版資料は当日版資料と内容が異なっていることがあります)

★6th長崎QDG
 https://nagasaki-it-engineers.connpass.com/event/222448/

★NaITE(長崎IT技術者会)
 https://naite.swquality.jp/

profile-image

NaITE(長崎IT技術者会)です。 イベントや勉強会の資料を公開していきます! ★NaITE(長崎IT技術者会)  https://naite.swquality.jp/

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

「地方在住管理職から見 る 、 ソ フ ト ウ ェ アテ ス ト の 過 去 ・ 現 状 ・ 未 来 」 6th長崎QDG 日本ナレッジ株式会社 検証事業本部 上田 和樹 [email protected] 1 Copyright© 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd.

2.

自己紹介 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 22

3.

自己紹介 氏名:上田 和樹(うえだ かずき) 所属:日本ナレッジ株式会社 2000年よりIT業界へ転職。札幌にて販売管理パッケージソフトの品質 保証課に所属。ソフトウェアテストと品質改善に取り組む • 2009年よりCMMIのアプレイザルチーム所属及びSQA担当。プロセス改善に 取り組む。 • 2010年より日本ナレッジ株式会社に転職。札幌事業所を立ち上げる。 • ASTER JaSST北海道実行委員長(2014~2017) • 日科技連 SQiPソフトウェア品質管理研究会 副主査(2017~) • 論文: • 「サポート問合せ分析による、利用時品質向上及びシステム品質向上」 • ソフトウェア品質シンポジウム2017 • 短納期型開発プロジェクトのためのテスト手法「FaRSeT(Flexible and Rapid Software Test)」の適用と効果 • ソフトウェア品質シンポジウム2018 • 探索的テストを対象とする機械学習(SOM)を利用した進行中プロジェクトにおける探 索箇所推定手法「FaRSeT-# / ファルセットシャープ」の提案 • ソフトウェア品質シンポジウム2018/ 喜多 義弘(長崎県立大学) 、上田 和樹(日本ナレッ ジ㈱) 、櫻井 清敬(日本ナレッジ㈱) • ★ 「SQiP Best Paper Future Award」受賞 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 3

4.

自分がやってきたこと ~2000 • 内地(本州)で異業種に就くも札幌に戻るために未経験でIT業界入りし、 札幌帰還。パッケージ製品の品質保証課に配属。 2010 • 現在の会社の札幌事業所(検証会社)に転職。入社後すぐに札幌事業 所の立ち上げを任命される 2011~2013 • すごく色々頑張る(9割は失敗) 2014 • 札幌事業所が100名規模の事業所となる 2019 • ベトナム拠点を立ち上げる 2020~ • 本社の東京検証部も統括 • 検証部全体の統括として、執行役員(検証事業本部長)となる • 今も札幌在住 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 4

5.

会社紹介 本社所在地 〒111-0042 東京都台東区寿3-19-5 JSビル9階 拠点 札幌センター、郡山センター、つくばセンター 成田センター、諏訪センター、名古屋センター 設立 1985年10月 札幌 代表取締役 藤井 洋一 資本金 7,100万円 従業員数 296名 (2021年4月時点) 売上 28.2億円 (2021年3月実績) 主な加盟団体 • SAJ 一般社団法人 ソフトウェア協会 • iVIA 一般社団法人 IT検証産業協会 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 郡山 諏訪 つくば 成田 東京本社 5

6.

検証事業 業務系 検証サービス 組込系 検証サービス PSQ 評価機関 札幌テストセンター Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 6

7.

開発事業 シンクライアント/セキュリティ製品 鋼材業向けパッケージ 「Power Steel」 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 建材、木材卸業向けパッケージ 「Power Cubic」 7

8.

品質ソリューション テスト自動化 プロセス改善     社内規程・規約策定 チームビルディング 要求/要件分析管理 トレーニング      標準規格を活用した 品質評価プロセス構 築のご支援 ツール導入 テストプロセス改善 テスト設計検討 スクリプト管理 トレーニング テストプロセス改善 とテストカバレッジ の拡大 品質分析     現状分析 課題の洗い出し Bottom-Up 小集団活動 課題の見える化から 次ステップの検討 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 8

9.

AGENDA I. ソフトウェアテストの現状 II. 地方都市(ニアショア)の現状 III. IT業界における地方都市の未来と期待 IV. 地方活用によるテスト業界の未来 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 9

10.

Ⅰ ソフトウェアテストの現状 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 10 10

11.

検証(ソフトウェアテスト)の目的の拡大 品質全体情報 仕様書の通り に動く(機能 を網羅する) バグを見つ ける(不具 合を検出す る) を収集しプロ ジェクトへ フィードバッ システムを使う 利用者が満足す る(利用者の目 的を達成する) システムが社会 に受け入れられ る(システムを 使ったビジネス が成功する) クする(不具 合を組み込ま ない) 「品質」の定義がどんどん拡大している Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 11

12.

品質エンジニアに求められるスキルは高くなっている アジャイル化、短納期、仕様変更、体制変更に素早く 柔軟にオールラウンドに対応できないといけない 下流工程や単純作業はオフショアや自動化に移行 自動化技術、CI技術、ネットワークやDBなど広いIT技 術領域がないと通用しない さらには、AI製品のテストや、AIを活用したテスト技術 など、先端技術も知らなくてはいけない IT技術の他に、テスト対象ドメイン自体を理解しなけれ ば、利用者の目的を充足させる品質を保証できない Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 12

13.

一方で人材不足は続く デジタル庁の発足やDX推進によって社会のIT化が進 むが、人材が追い付かない 人材不足による経済損失「2025年の壁」は間近。 一方で日本の人口の減少は進む 案件の発注元は首都圏に集中。よって、IT企業もエン ジニアも首都圏に集中。しかし、首都圏は人材も土地 も枯渇。 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 13

14.

日本の未来はどーなっちゃうの? Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 14

15.

Ⅱ 地方都市(ニアショア)の現状 ここで紹介する地方都市の現状は、札幌 に住む東京本社企業の管理職である私の 主観に基づく見解であることを、はじめに お断りさせていただきます。 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 15 15

16.

地方都市とは 地方都市(ちほうとし)とは(Wikipedia「地方都市」より) 首都以外の都市、あるいは七大都市圏以外の都市。福祉医療 機構では札幌圏、仙台圏、東京圏、名古屋圏、関西圏、広島圏、 北九州・福岡圏以外の都市を地方都市と定義している 第四次全国総合開発計画では、以下のように分類される(都市 圏参照)。 • 地方中枢都市:札幌市、仙台市、広島市、福岡市・北九州市。札仙広福 参照。 • 地方中核都市:地方圏(三大都市圏以外の地域)における、札仙広福以 外の県庁所在地および人口が概ね30万人以上の都市。当時、後者にあ てはまるのは旭川市、いわき市、浜松市、豊橋市、福山市など。 • 地方中心都市:地方圏において生活圏の中心で人口10万人程度。 • 地方中小都市:地方圏において人口5万人程度以下の都市。 首都・首都圏以外の街(特に主要都市に該当する地域)。 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 16

17.

IT企業は東京に一極集中  情報通信業事業所数ランキング • 情報通信業事業所数の都道府県ランキング - 都道府県格付研究所 (jpn.org) 【出典】情報通信業事業 所数:2012年 順位 都道府県名 事業者数 構成比 1 東京都 21792 32.4% 2 大阪府 6342 9.4% 3 神奈川県 4071 6.1% 4 愛知県 3605 5.4% 5 福岡県 2660 4.0% 6 北海道 2469 3.7% 29 長崎県 446 0.7% 47 鳥取県 228 0.3% 中略 中略 IT業界においては、東京都以外は「地方」 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 17

18.

それまでの地方都市のITビジネス(ニアショア) 東京案件をコストメリット(低単価)をウリに地方に持っ てくる 地方エンジニアを東京に比べて安い賃金で採用し、補 助金の活用も合わせて、低単価でも利益を出せる構造 にする • 地方エンジニアを低賃金で雇える理由 • 家賃や物価などが首都圏に比べて安い • 地元へのこだわりから、低賃金でも働く場所を優先する エンジニアが多い 当然、ニアショアではなく地元企業・組織を顧客としてビジネスを行う企 業や、ITサービスやパッケージ開発を行う企業もたくさんある Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 18

19.

ソフトウェアテストでのニアショア例 組込み機器の機種互換性試験 • スマートフォンアプリ • カーナビ • デジタルテレビ etc… WEBシステムのシステムテスト/受入テスト いずれも手動テストとしては簡単な作業で件数が多く 工数も増大なため、安価なニアショアの活用が採用さ れた 現在はオフショアや自動化に置き換わりつつある • オフショアにはどうやってもコストで勝てない • オフショアや自動化との価格競争になり低単価化が進む Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 19

20.

しかし2020年以降、地方都市のITビジネスは一変した 新型コロナウイルスを発端とするリモートワークの浸透 • 「出社」「常駐」が常識だった働き方が一変 • 今までは「環境」「セキュリティ」「コミュニケーション」と いった問題でリモートワークなど考えられなかった案件も 多かった • しかし、やってみると何とかなった 結果として、「東京である必要もない」という流れになった ⇒つまり「地方都市への発注」への障壁がなくなった Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 20

21.

2020年以降、採用形態や働き方も多様化した 「常駐」の必要がなくなり、発注先が全国に広がる • 国外への選択肢も広がったことによりグローバル化が加速 地方での採用が活発化 • 地方拠点の拡大 • リモートワーク限定社員の採用 地方エンジニアの作業範囲も広がる • 今までのように「安価で下流工程」だけに限定されない 地方エンジニアのコスト上昇 • 単価アップ&担当工程の上流化により、地方エンジニアの 賃金上昇 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 21

22.

まとめ 地方都市の追い風 • 競争相手は全国、さらには全世界となり、真の意味での技術競争となる • 本当に技術力があり、健全にコスト削減を行っている地方都市企業にとってはまたと ないチャンス 地方都市の向かい風 • 全世界との価格競争になり、コストメリットだけでビジネスを行っていた企業 はさらなる低単価化を強いられる • エンジニアのコスト増が進み低単価では利益が出なくなる • 首都圏が採用についての競合となる 首都圏の追い風 • 地方採用という選択肢が増えたことにより、人材不足の解消の可能性が増 えている 首都圏の向かい風 • 「首都圏にいるから」「常駐できるから」で胡座をかいていられなくなる 技術競争の激化と単価の二極化 地方エンジニアの賃金向上により、従来のニアショアビジネス(コストメ リットで勝負)は成立しなくなる Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 22

23.

Ⅲ IT業界における地方都市の未来と期待 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 23 23

24.

地方エンジニアの強み 小規模ながら、全工程を経験している人材は多い 優秀なエンジニアは、全国津々浦々存在している • 家庭の事情で地元に帰ったエンジニアなどは、能力がありながら IT以外の仕事に就いている人も多い • 今までは仕事の選択が少なく活躍の場が少なかったエンジニアも リモートワークにより首都圏にいるエンジニアと同等の活躍ができ る 転職機会が少ないので、退職リスクは低い(安定性が高 い) 首都圏エンジニアの「通勤」という無駄な時間を有効活用で きる 良い自然環境に囲まれ、健やかな仕事環境を持てる コストが安い(?) Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 24

25.

本当に地方エンジニアのコストは安いのか 確かに土地代は首都圏とは全く違う • 家賃、駐車場など、本当に違う しかし、そのほかの物価は大差ない • なんでもネットショッピングで買える時代 逆に、自動車社会において自動車の維持費はかなりの負担に なる 北国はさらに負担増 • • • • • タイヤ交換 二重窓必須 灯油ストーブ 靴もスーツも夏冬二着 体を温めるためのスープカレーと味噌ラーメンとジンギスカン費用 地方エンジニアの低コストは「地元にいられるなら、多少賃金が低 くてもよい」というエンジニアに甘えていた面がある Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 25

26.

アフターコロナにおける地方IT企業の新しいスタイル 今までのように「コストが安い」ことをメリットとした東京 での受注活動からの営業スタイルの変換が必要 • エンジニアの人件費高騰から、成立しなくなる 「強み」を持ち、それを強力に打ち出す • 競合は全国すべての企業。独自性を出さないと仕事は取れ ない。 地方にいながら首都圏の大規模プロジェクト/上流工 程/最新技術を使った案件に参加できる戦略を打ち出 せば、人は集まる • 地元にいながら、首都圏の案件や最新技術に触れることは 非常に魅力的 地方の、さらに地方に採用を拡大する • 周辺の市町村などにも人材はいる Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 26

27.

地方拠点立ち上げの課題 首都圏企業が地方拠点を立ち上げるなら、中心人物は必 ず必要 • 地元で活躍している優秀な人がいればベスト • 本社から立ち上げのために地方に転勤させる場合、できればその 地域にゆかりのある人物ならベター • いずれは地元出身の人物に引き継いでいく 口を開けて仕事が来るのを待っているスタイルでは継続受 注はできない • 競争相手は全国すべての企業。そんな簡単に仕事は取れない 対面コミュニケーションが少ない分、アウトプットの質で勝 負しないといけない • 「仲が良い」「長い付き合い」「飲みによく行く」などの要素は薄い Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 27

28.

地方エンジニア育成の課題 向上心に欠ける人は多い • 地方エンジニアはワークライフバランス重視の人が多いため • 2:6:2の法則にしたがい、中間の6に狙いを定める • 上の2は勝手に伸びる。下の2は伸ばすための費用対効果が低い キャリアパスを見せるのが難しい • 小規模組織であることが多く、地方にとどまることを前提とするな ら、キャリアが打ち止めになることはある • 地方にいながら管理職やスペシャリストになれるなど、キャリアパスを自 ら作り出す 退職者が出た場合の補充が難しい • 地方に人材「量」は多くはない 会社に不満を抱きつつも会社に残っているケースがある • 転職先が少ないため Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 28

29.

Ⅳ 地方活用によるテスト業界の未来 Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 29 29

30.

「時空間を超えた新しい働き方」 リモートワーク(通信技術)は全業界の働き方を一新させた IT技術は、働く場所、時間、人生観に縛られない働き方を提供で きる素晴らしいもの • 「時空間を超越した新しい働き方」ができるようになる しかしIT業界はまだIT技術を活用できていないのでは・・・ • • • • • • • エクセル方眼紙 電子メールの堅苦しい枕詞 稟議書の承認スタンプリレー 気合と根性のマネジメント 根拠のない勘と度胸の見積 対面じゃないと仕事できないマン 飲みにケーションないとコミュニケーションできないマン まずは自分たちから働き方を変えないといけない IT業界は、さらなる新しい働き方の他業種への模範となるべき Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 30

31.

今後の「東京と地方」 首都圏に頼った人材採用やチーム編成は限界を迎える 地方の人材、技術をどこまで活用できるかは、世界と勝負 できるためのカギ 地方のIT活性化は、地方産業全体の活性化にもつながり、 日本全体の活性化となる 「東京と地方」という単純な二軸の切り口が不要になる世の 中にしよう Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 31

32.

地方から世界へ どこに住んでいてもよい仕事はできる どこに住んでいても世界中のだれとでも仕事ができる どこに住んでいても、全世界を相手にビジネスができ る 田舎の片隅のアパートの一室から、世界を変えること ができるかもしれない そんな夢のようなことが実現できる世界となるはず Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 32

33.

自分の仕事に対するスタンス 「好きな仕事を 好きな人と 好きな場所で」 • 実に理想的。ただ、もちろんそのためには技術力、営業力、 コミュニケーション能力、すべてにおいて研鑽が必要 • しかし、達成できれば、この上なく幸せな生き方ができると信 じている 人生の選択肢を増やすことは、良い人生を送 れる可能性を高める Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 33

34.

地方から 日本を 世界を良くしていこう! ありがとうございました 日本ナレッジ株式会社 〒111-0042 東京都台東区寿3-19-5 JSビル9F URL: https://www.know-net.co.jp/ Eメール: [email protected] 電話: 03-3845-4781 札幌事業所 〒 060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番地 敷島プラザビル 7F Copyright © 2022 Nihon Knowledge Co., Ltd. All rights reserved. 34