統合失調症の神経発達仮説

スライド概要

統合失調症の神経発達障害仮説についてYouTubeなどで解説するのに使用した資料です。レクチャーでの使用OKです。

profile-image

松崎朝樹

@matsuzaki_asaki

作者について:

精神科医、大学教員かつYouTuberです。資料は講義での使用OKです。 私がYouTubeで使用している資料につき公開をご希望の方がいたら、該当する動画のコメント欄でお知らせください。

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2022-04-01 04:03:00

各ページのテキスト

1. 統合失調症の 神経発達 障害仮説

2. 幻覚や妄想が生じる 統合失調症

3. 10 代後半~30 代半ば 通常は の間に出現する 脳の障害はいつから?

4. 統合失調症は の問題

5. 神経病理学 脳などの神経を 顕微鏡で見て 原因などを研究

6. 脳の組織に傷害があれば アストロサイトが反応し グリオーシスが生じる いわば脳の かさぶた 注:実際には顕微鏡レベルの話

7. 統合失調症の死後脳を 顕微鏡で見ても グリオーシスが みつから ない

8. 統合失調症の 死後脳研究は 神経病理学者の墓場 墓場 と呼ばれる分野

9. そもそも 統合失調症の 脳の問題は 発症時・発症直前から ではなく…

10. 統合失調症の脳 病前からの構造的異常 が指摘されている • 大脳半球間の左右差の偏奇 • 大脳正中構造の異常 • 大脳の脳回形成の変化 • 内側側頭葉構造の体積減少 日本統合失調症学会監修, 統合失調症, 医学書院 p245-6

11. 兵役の適格性判断のため評価を受けたイスラエルの男性青年723316人 +統合失調症で入院した3929人が特定された。兄弟姉妹のデータも確認 統合失調症では 入院15年前までに 社会的活動の障害と 学校や職場での機能障害が 認められた Velthorst et al., JAMA Psychiatry. 2016 PMID:26605520

12. ニュージーランドのダニーデンで生まれた1037人のコホート 31人が統合失調症を発症。38歳まで前向きに追跡。7〜13歳時と38歳時にIQなど神 経心理学的機能の評価 統合失調症になる者は 処理速度の障害が幼少期から 10代前半にかけて徐々に増加 言語能力の障害が幼少期に出 現し中年期まで横ばい Meier et al., Am J Psychiatry. 2014 PMC3947263

13. 1946年3月3日~9日の間に生まれた5362人のうち30人が16~43 歳で統合失調症を発症 統合失調症は対象群より 運動発達が遅かった 特に始歩が遅かった 注:あくまで統計上の差であり 始歩が遅いからといって 統合失調症を心配するレベルじゃありません Jones et al., Lancet. 1994 PMID:7968076

14. • 妊娠中の飢餓 • 妊娠中のインフルエンザ感染 • 産科合併症 が統合失調症の リスクを高める

15. 統合失調症 脳の障害が ずいぶん前から存在

16. 大脳皮質の ニューロン どこから来たのか

17. 幹 脳 室 脳室帯 神経 細胞

18. 神経 細胞 神経 細胞 移動 皮質

19. 神経細胞は 深層で作られ表層に移動する 神経 細胞 神経 細胞 移動

20. 統合失調症 前頭葉や側頭葉では 白質に残存するニューロンが 対象群よりも多い Akbarian et al., Arch Gen Psychiatry. 1993 PMID: 7679891 Akbarian et al., Arch Gen Psychiatry. 1993 PMID: 7679892 Akbarian et al., Arch Gen Psychiatry. 1996 PMID: 8624186 倉知正佳, “脳と心”からみた統合失調症の理解, 医学書院 p.67

21. 統合失調症 帯状回や中前頭皮質では 深層 皮質の表層より に ニューロンが多い 倉知正佳, “脳と心”からみた統合失調症の理解, 医学書院 p.67

22. 統合失調症での 細胞構築の 遅延 神経 細胞 神経 細胞

23. 発達早期の 障害の影響で 統合失調症発症後の ドパミン神経系の 異常が生じる

24. 発達早期の障害が 存在しつつ 問題にはならず…

25. 成熟して十分な機能が 要求される段階になり 統合失調症を発症

26. 統合失調症の 神経発達 障害仮説

27. この間 異常が 何もない?

28. 統合失調症患者には 頭や足、手、顔などの小さな奇形 Minor Physical Anomalies が多い

29. 統合失調症と対象群で 指紋のパターンに 差がみられる 注:指紋で統合失調症診断はできません Mellor, Br J Psychiatry. 1992 PMID:1571744 Sivkov & Akabaliev,Folia Med (Plovdiv). 1998 PMID:10658354 Norovsambuu et al., PLoS One. 2021 PMC8191880