fmcsadmin 1.3.0の新機能

171 Views

August 21, 21

スライド概要

2021/08/21 FileMaker Pro 東京ユーザーズミーティング LT発表資料

profile-image

Claris FileMaker 認定デベロッパ、kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2020年2月)、kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年3月)。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

fmcsadmin 1.3.0の新機能 2021/08/21 FM-Tokyoライトニングトーク発表資料 松尾篤(株式会社エミック)

2.

自己紹介 • 松尾篤(まつおあつし) ✓ 株式会社エミック(東京都杉並区)代表取締役社長 ✓ Claris FileMaker 認定デベロッパ ✓ kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2020年2月) ✓ kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年3月) ✓ https://note.com/matsuo̲atsushi

3.

株式会社エミック • Claris FileMaker対応ホスティングサービス(FMプラン)を 1998年から提供、昨年11月からLinux版対応サービスを開始 • 定額制オンライン対面開発サービス(お客さまのFileMaker データベースに、WordPressを利用したWebアプリを追加) • kintone導入支援・カスタマイズ開発 • https://www.emic.co.jp/

4.

https://note.com/matsuo̲atsushi/n/nb8250c159e9c

5.

fmcsadmin 1.3.0 • Ubuntu 18.04 LTSに対応 • Claris FileMaker Server 19.3に対応 • Appleシリコン搭載Macに対応

6.

FileMaker Server 19.3 • macOS版でAppleシリコン搭載Macをサポート • Admin Consoleでログビューアが復活 • Admin Consoleで証明書署名要求(CSR)作成 • Linux版でUbuntuをサポートするように変更 機能が復活 • FileMaker Data APIでプラグインをサポート etc. • FileMaker Admin APIの機能拡充

7.

Admin APIの機能拡充 • Admin Consoleのアカウント情報、外部認 • データベースを取り除く 証設定、FileMakerクライアントのセッショ ンタイムアウト、およびOData設定の構成 • サーバーの検出、Admin Console サインイ ン、データベースサインイン、およびデータ ベース一覧フィルタ設定の有効化/無効化

8.

fmcsadmin • FileMaker Admin APIを使って実装した コマンドラインツールをエミックで開発 • 当初はFileMaker Cloud for AWSで fmsadminコマンドを使用できない問題 を解決するために作成

9.

fmcsadmin • コマンドプロンプト(Windows) • PowerShell(Windows) • ターミナル(macOS) etc. • 使用に必要なアプリケーション

10.

fmcsadmin 1.0.0 • 2019年9月に正式版としてバージョン 1.0.0を公開 • FileMaker Admin API v2をサポート

11.

Open Source Software • MITライセンス(バージョン1.0.0以降) • GitHubで公開中 • Go言語で実装 https://github.com/emic/fmcsadmin

12.

対応サーバー製品 • Claris FileMaker Server 18 • Claris FileMaker Cloud for AWS 1.18 • Claris FileMaker Server 19

13.

リモート管理も可能 • FileMaker Server for Linuxや • --fqdnオプションでリモート管理に対応 FileMaker Cloud for AWS 1.18で利用 できるLinux版だけでなくmacOS版や Windows版も用意

14.

fmcsadmin 1.3.0 • Ubuntu 18.04 LTSに対応 • Claris FileMaker Server 19.3に対応 • Appleシリコン搭載Macに対応

15.

fmcsadmin 1.3.0の新機能 Appleシリコンに対応 • Universal BinaryとしてAppleシリコン 搭載Macに対応 • Intelプロセッサー搭載Macにも対応 • Rosetta 2は不要

16.

fmcsadmin 1.3.0の新機能 Ubuntuに対応 • Linux版ではUbuntu 18.04 LTSに正式 に対応 • Server版とDesktop版の両方で使用可

17.

fmcsadmin 1.3.0の新機能 データベースファイルの削除 • データベースファイルを取り除くremove コマンドを新設 • 使用例: • fmcsadmin remove TestDB • 要FileMaker Server 19.3.1以降

18.

fmcsadmin 1.3.0の新機能 ストリーミングURLの設定 FileMaker Data APIで用いるストリー • ミングURLのセキュリティ設定を確認 • 使用例: • fmcsadmin get serverprefs • 要FileMaker Server 19.3.2以降 AuthenticatedStream

19.

fmcsadmin 1.3.0の新機能 ストリーミングURLの設定 FileMaker Data APIで用いるストリー • ミングURLのセキュリティ設定を変更 • 使用例: • fmcsadmin set serverprefs • 要FileMaker Server 19.3.2以降 AuthenticatedStream=1

20.

実装済みのコマンド • certificate, close, delete, disable, disconnect, enable, list, open, pause, remove, resume, run, send, status • start, restart, stop, set, get (FileMaker Server 18以降) 使用例:fmcsadmin close TestDB

21.

ダウンロード https://www.emic.co.jp/products/fmcsadmin/