INTER-Mediator 5.1の新機能

117 Views

June 08, 15

スライド概要

2015/06/08 INTER-Mediator勉強会2015-#4発表資料

profile-image

Claris FileMaker 認定デベロッパ、kintone認定 アプリデザインスペシャリスト(2020年2月)、kintone認定 カスタマイズスペシャリスト(2020年3月)。

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

INTER-Mediator 5.1の新機能 2015/6/8 INTER-Mediator勉強会2015-#4発表資料 松尾 篤(株式会社エミック)

2.

INTER-Mediator 5.1 • FileMaker Serverでオブジェクトフィール ドへのファイルのアップロードに対応 • FileMaker Server 13 or 14が必要

3.

INTER-Mediator 5.1

4.

オブジェクトフィールド • ピクチャやムービー、ドキュメントファ イル等を格納するためのフィールド • 英語では“Container Field”

5.

Demo

6.

FileMaker 13以降が必要 • カスタムWebではオブジェクトフィール ドの内容を変更・追加できないという 記述がマニュアルにある • ただし、Base64Decode関数を併用す ることで上記の制限を回避可能

7.

事前の準備 • 定義ファイルでの設定 • データベースファイルでの設定 • ページファイルでの記述

8.

定義ファイルでの設定 • 'file-upload'キーおよびその下位のキーと して'field'キーと'container'キーを指定 • 'field'キーの値はオブジェクトフィール ドの名称 • 'container'キーの値はtrueに

9.

定義ファイルでの設定 'file-upload' => array( array('field' => 'vc1', 'container' => true) ),

10.

フィールドの オプション設定 • データベースのフィールドオプションに おいて[入力の自動化]オプションの [計算値]にあらかじめ設定しておく 必要あり

11.

フィールドの オプション設定 If ( ) GetContainerAttribute(Self; "filename") ≠ ""; Self; Let([ fileName = GetValue(Self; 1); content = Substitute(Self; fileName & ¶; "") ]; Base64Decode(content; fileName) )

12.

フィールドの オプション設定

13.

ページファイル での記述例 <td data-im="testtable@vc1" dataim-widget="fileupload"></td>

14.

Mobile Safariにも対応

15.

Demo

17.

関連URL • http://inter-mediator.info/ja/for- programmers/jscomponent.html • http://inter-mediator.info/ja/for-developers/ reference.html