「Docker で EC-cube を構築してみた」

3.5K Views

May 29, 23

スライド概要

2020年1月29日(水) ビヨンド勉強会#22
ゼロからはじめるDocker入門【ビヨンド勉強会#22】@さくらインターネット大阪本社
システムソリューション部 運用管理課 リーダー
柏木 宏文
ローカル環境でDockerを利用してEC-CUBEを実行する流れについて説明します。

profile-image

日本・中国・カナダを拠点に、AWS や GCP・Azure などのマルチクラウドに対応した、クラウド / サーバーの構築・移行、24時間365日の運用保守 / 監視、負荷テスト、Webシステム開発、サーバーサイド / API 開発 など、クラウド / サーバーに特化したサービスをご提供いたします。 ● コーポレートサイト https://beyondjapan.com ● YouTube https://www.youtube.com/c/beyomaruch ● X(Twitter) https://twitter.com/beyondjapaninfo ● Instagram https://www.instagram.com/beyondjapan_24365

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
3.

-27kg 102 kg 75 kg

20.

っ (ホストOS) Virtual Box (ゲストOS) コンテナ

24.

クリックしてダウンロード

25.

完了したら、再起動が必要です

27.

クリックしてダウンロード

28.

これでインストールは完了です。

31.

このあたりをこのまま利用。

34.

# -*- mode: ruby -*# vi: set ft=ruby : Vagrant.configure("2") do |config| config.vm.box = "centos/7" config.vm.network "forwarded_port", guest: 8080, host: 8080 end

48.
[beta]
FROM centos:7
RUN yum update -y
RUN yum install -y git zip unzip epel-release
RUN rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
RUN yum install -y --enablerepo=remi,remi-php72 php php-intl php-pdo php-xml php-mbstring php-zip
WORKDIR /var/www/html
RUN php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
RUN php composer-setup.php
RUN php -r "unlink('composer-setup.php');"
RUN mv composer.phar /usr/local/bin/composer
RUN composer create-project ec-cube/ec-cube ec-cube "4.0.x-dev" --keep-vcs
WORKDIR /var/www/html/ec-cube
EXPOSE 8080
ENTRYPOINT bin/console server:run 0.0.0.0:8080

49.

FROM centos:7

50.

RUN yum update -y RUN yum install -y git zip unzip epel-release RUN rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm RUN yum install -y --enablerepo=remi,remi-php72 php php-intl php-pdo php-xml php-mbstring php-zip

51.

WORKDIR /var/www/html

52.
[beta]
RUN php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
RUN php composer-setup.php
RUN php -r "unlink('composer-setup.php');"
RUN mv composer.phar /usr/local/bin/composer
RUN composer create-project ec-cube/ec-cube ec-cube "4.0.x-dev" --keep-vcs

53.

WORKDIR /var/www/html/ec-cube EXPOSE 8080 ENTRYPOINT bin/console server:run 0.0.0.0:8080