「マイネットのマルチクラウド戦略について」

253 Views

May 29, 23

スライド概要

【マルチクラウド】事例から学ぶ Oracle Cloud の 活用ポイント と 市場動向
日本オラクル社・マイネット社 共催!【ビヨンド勉強会 #36】
株式会社マイネット 猪狩 拓也 様のの資料になります。

profile-image

日本・中国・カナダを拠点に、AWS や GCP・Azure などのマルチクラウドに対応した、クラウド / サーバーの構築・移行、24時間365日の運用保守 / 監視、負荷テスト、Webシステム開発、サーバーサイド / API 開発 など、クラウド / サーバーに特化したサービスをご提供いたします。 ● コーポレートサイト https://beyondjapan.com ● YouTube https://www.youtube.com/c/beyomaruch ● X(Twitter) https://twitter.com/beyondjapaninfo ● Instagram https://www.instagram.com/beyondjapan_24365

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

マイネットのマルチクラウド戦略について 株式会社マイネット © Mynet Inc. All rights reserved.

2.

自己紹介 猪狩 拓也 Takuya Igari エンジニアリングG 2019年3月マイネット中途入社。 全社の技術支援/技術課題解決に従事。 プランナー 自分の企画は自分で作りたい! クライアント 障害対応出来るようになりたい! サーバ/インフラ 2013年 (ゲーム業界) © Mynet Inc. All rights reserved. ・・・ 2019年 現在 2

3.

会社概要 主力事業の1つ「ゲームサービス事業」では買取/協業によるゲームタイトル運営に特化。 独自の「スマート運営」で長期運営を実現。 マルチクラウドを採用 © Mynet Inc. All rights reserved. 3

4.

アジェンダ マイネットのマルチクラウド全体像 なぜマルチクラウドなのか? マルチクラウドの実現方法 © Mynet Inc. All rights reserved. 4

5.

マイネットのマルチクラウド全体像 ゲームサービス事業では「ゲームタイトル毎」にクラウドを選定。 → 現在運営中のタイトル全てが物理的/論理的に分離された環境で独立。 データ分析やセキュリティなどの一部コンポーネントが連係した「疎結合」状態 タイトル1 タイトル2 タイトル3 ETL Datalake/Datawarehouse タイトル4 タイトル5 データ分析部署 施策提供 タイトル6 フィードバック A社クラウド 分析基盤 タイトル7 タイトル8 タイトル9 B社クラウド ユーザーさん M/W情報収集 セキュリティアプライアン ス セキュリティ部署 トリアージ 対応指示 タイトル10 タイトル11 C社クラウド セキュリティ基盤 © Mynet Inc. All rights reserved. 5

6.

アジェンダ マイネットのマルチクラウド全体像 なぜマルチクラウドなのか? マルチクラウドの実現方法 © Mynet Inc. All rights reserved. 6

7.

なぜマルチクラウドなのか? 各社クラウドの「長所」を最大限に活かす! ・オンラインスケール可、クエリ速度も最高峰のマネージドDBがある A社クラウド → 集中型コンテンツを持つゲームタイトルへの適用 ・サービスの出力先に制限がないデータマイグレーション(部分的サービス利用可) → ※サーバ移設(後述)に相性抜群 ・コンテンツに必要なゲーム機能をサービスとして提供 B社クラウド → 実装コスト/機能管理コストの削減 ・超高速サポート対応 → 障害対応コストの削減 ・圧倒的コストパフォーマンス C社クラウド → サーバ費用の圧縮/検証環境の構築コスト削減 ・スケールの容易性 → ゲームサービス最適化が容易 © Mynet Inc. All rights reserved. 7

8.

なぜマルチクラウドなのか? 障害発生時のサービス影響を分散し、ビジネスインパクトを低減。 障害クラウド分の 売上のみ減少 © Mynet Inc. All rights reserved. 8

9.

アジェンダ マイネットのマルチクラウド全体像 なぜマルチクラウドなのか? マルチクラウドの実現方法 © Mynet Inc. All rights reserved. 9

10.

マルチクラウドの実現 「サーバ移設」をすることで実現。 環境毎にクラウドを移設することで障害要因を事前検知。 移設元環境 開発環境 STG環境 移設先クラウド 開発環境構築 検証 切り替え STG環境構築 検証 切り替え 本番環境構築 本番環境 © Mynet Inc. All rights reserved. 検証 切り替え 10

11.

移設先クラウドの選定 ゲームタイトル特徴/サーバ構成を基にゲームタイトルに最適なクラウドを選定。 ゲームタイトル特徴 e.g.) ・集中型コンテンツあり → DBの高負荷耐久の必要性 ・kubernetesの利用 → マイグレーション先の同等機能の構築必要性 A社クラウド 移設先検討 構成 ホスト名 用途 コスト OS CPU MEM Disk 拡張 Disk game CentOS 7.3 4 8 40 - 10 APIサーバ ¥240,000 chat CentOS 7.3 8 4 40 - 4 Chatサーバ ¥48,000 CentOS db-source 7.3 32 96 100 2000 4 DB ¥480,000 台数 B社クラウド ・ ・ ・ C社クラウド ・ ・ ・ © Mynet Inc. All rights reserved. 11

12.

サーバ移設による効果 サーバ移設はブラックボックスの解消や品質向上する良い機会に。 移設元環境 ・用途不明サーバ・ユーザー・ディレクトリの整理 → サーバの仕組みが鮮明化/用途の確認 ・脆弱性ミドルウェアの更新 → 再構築時にミドルウェアをアップグレードし検証 再構築 ・不安定サーバのスペック更新 → 再構築時のスケールアップ (※ダウンはしない) 移設先サーバ ・ミドルウェア更新(php5->7/mysql5.7->8.0/apache->nginx) → レスポンスタイムの改善、メモリ使用量削減 (※更新しすぎは要注意) © Mynet Inc. All rights reserved. 12

13.

サーバ移設の実績 Oracle Cloud Infrastructureへの移設では2年で計8タイトルの移設を実施。 2022年の1Qも1タイトルの移設予定。 刻のイシュタリア(国内) 刻のイシュタリア(海外) 未来家系図つぐme タイトル4 タイトル5 タイトル6 タイトル7 タイトル8 タイトル9 月 年 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 2019 6 7 2020 © Mynet Inc. All rights reserved. 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2021 5 6 1 2 2022 13 3

14.

サーバ移設によるコスト効果 Oracle Cloud Infrastructure移設により2020年6月~2021年5月で 78% のコスト削減を実現。 © Mynet Inc. All rights reserved. 14

15.

サーバ移設時のコスト 移設により一時的にサーバ費は上昇するものの移設完了後に回収。 サイジングによる最適化を行い、削減したコストをゲームタイトルへ投資。 移設先クラウド費 サイジング(最適化) タイトル投資 © Mynet Inc. All rights reserved. 15

16.

beyondさんとの連携 マイネットのサーバ移設を支えるのは「beyond社」!!! インフラをbeyondさんに、マイネットは技術検証やミドル以上に注力 選定期間 調査期間 stg環境移行 開発環境移行 クラウド 選定 本番環境移行 技術検証 stgサーバ設定 負荷監視 脆弱性エージェント 導入 移設元サーバ削除 移設先ネットワーク設計 stg環境 切り替え 開発環境 切り替え スケジュール 調整 CS入信調査 本番サーバ設定 開発環境サーバ設定 移設元サーバ 調査 経過監視 本番環境 切り替え 開発環境 移行対象データ調査 stg環境 移行対象データ調査 本番環境構築 開発環境構築 stg環境構築 機械監視構築 スケジュール 作成 最適化 アラート監視 スケールアウト © Mynet Inc. All rights reserved. 16