BulletTrainとOculusTouchの衝撃

>100 Views

May 12, 22

ue4

スライド概要

Bullet TrainとOculus Touchを体験した際の感激をまとめたものです。

profile-image

関西を拠点にUnreal Engineを専門とするゲームスタジオ、Indie-us Games代表&クリエイター。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

Bullet Trainと Oculus Touchの衝撃 By alwei

2.

自己紹介 名前 : alwei(アルウェイ) Twitter : @aizen76 関西アンリアル勢。元ゲームプログラマー。 まぁ今更解説するまでもないですよね。 画像は@NKDTRさんから。 いつもありがとうございます!

3.

さて、今回取り上げるのは…

4.

https://www.youtube.com/watch?v=DmaxmnPzMWE

5.

Bullet Trainとは Oculus Connect 2で初公開された。 Epic Games社の新規VRデモ、 一人称シューティング ハンドガン、ショットガン、ライフル、手榴弾が使用可能

6.

Unreal Fest 2015 Yokohamaで体験できました 去る2015年10月18日(日) 入場者数1000人以上!!

8.

知らない間に撮られてた\(^O^)/

10.

Oculus Touchとは Oculus Connect 2で初公開された。 Oculus VR社が新開発した、 モーションデバイス

11.

Oculus Touchとは グリップボタン1つ トリガーボタン1つ アナログスティック1つ 通常ボタン2つ これが2つで1セット

12.

Bullet Trainでは グリップボタンを押すとモノを掴める。 ※ボタンを離すとモノをその場で落とします。 トリガーボタンで銃を撃つ。 Xボタンでバレットタイム(スロー)&ワープ

13.

現実とVR空間で完全リンク Oculus Rift CV1では下を覗くと外が見えます。 そのまま現実世界の腕が見えますが、 その先がVR空間と完全に繋がる!! もちろん腕を動かすと現実とVR空間がリンク!

14.

モノを掴んだ間隔 VR空間にあるオブジェクトはなんでも掴める。 掴んだモノはグリップして おかないと落としてしまう! グリップしたまま銃を撃つ必要あり。 当然ですが、今までにはない掴んだ感覚が生まれます。

15.

ストレスにならない甘々判定 銃や弾など掴む時は 吸着するように引っ付くので 適当に動かしていても 操作のストレスにならない! 判定としては超甘々ですが、ストレスは皆無!

16.

快適で絶対に酔わないワープ テレポートポイントと敵がいれば、 いつでもどこでもワープ!! 敵へ直接飛ぶ事が出来るので、 思っていたよりも色々なところへと移動できます この移動方法だと絶対に酔いません(加速しないから)

17.

バレットタイムで誰でもマトリックス バレットタイム中は全ての敵の動きが 遅くなって弾を投げ返したり、 本当にやりたい放題できる! 始めてやった人でもヒーロー気分に!

18.

もはやなんでもあり ボスのロケット弾ですら掴んで投げ返す! 動画だと一撃ですが、実際は3発ほど 投げ返さないと倒せなかったです

19.

ほかのこと ショットガンは両手を使ってリロードしないといけない。 が、ターミネーターの如く片手で振り回してリロードも可能! 敵に手を触れると武器を奪ってそのまま使用できる。 投げた手榴弾を撃ち落としたりも可能。 ボスを倒すとマップ全体がシミュレーターだったようで、 VR空間から現実に戻されていくニクい演出があり。

20.

Oculus Rift CV1も少しだけ 想像以上に軽い! 動画で見るよりも映像が綺麗! 3Dサウンド音響が凄い! デザインもめっちゃクール!! Crescent Bayより明らかに進化! 総じて買いと言えるデキ。

21.

まとめ Oculus Touchのトラッキングも素晴らしかったですが、 それ以上に『Bullet Train』の完成度が凄かったです。 どんな素晴らしいデバイスでもコンテンツ次第で 全く体験が異なってきます。 『Bullet Train』はOculus Touchの見本のようなコンテンツです。