Maya Menubar Manager

199 Views

February 27, 24

スライド概要

2023年5月18日に行われた【TA Night オンライン開催 無料配布MAYA便利ツール徹底紹介】
https://www.creativevillage.ne.jp/category/event-list/seminar/132834/?rls
で紹介され講演の【Maya Menubar Manager】の内部説明のスライド資料です。

Maya Menubar Managerはこちらのリンク先から無料でダウンロードできます。
https://coyotec.booth.pm/items/4480222

profile-image

クリーク・アンド・リバー社 所属 国内最大級のテクニカルアーティストチーム 約30名が在籍中⚡ MayaやPsなど便利ツールの頒布や技術情報を発信します🐺📢 Booth :https://coyotec.booth.pm ブログ:https://3d.crdg.jp/tech/

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Maya Menubar Manager ● Mayaのメニューバーを簡単に追加/編集/削除できるようにしたGUIツールです。 1

2.

ツール作成 開発の発端 1. 2019年のツイートでメニューバーを簡単に追加/ 編集出来るツールを考案 2. 内製ツールとして開発 a. 3. CUIのツールとして社内に先行リリース 2022年にGUI完成 2

3.

ツール作成 ● スクリプトの構想 ○ メニューバーの管理を簡単に出来る ■ 階層の設定を簡単に ■ プロジェクト毎に複数のメニュー ○ シェルフエディタに似た操作感で更に使いやすいGUIで簡単に設定 ○ ディレクトリにファイルを配置して読み込む形式 3

4.

ツール作成 ● ディレクトリ構造をメニューと同じにする ○ 以下の構造でルール化しました。 ■ xxx.mel = MELコマンド ■ xxx.py = Pythonコマンド ■ xxx.option.mel/xxx.option.py = オプションコマンド ■ .json = 順番などの設定を保存する。 ■ xxx.png = アイコン ■ フォルダ = グループ (サブメニューの親) 4

5.

ツール作成 1. 5

6.

ツール作成 辞書の構造 1. enable 2. label 3. icon 4. type 5. annotation 6. command 7. fullpath 8. option 9. children 6

7.

ツール作成 辞書の構造 1. enable a. -enable(-en) b. boolean c. メニュー項目の有効、無効の状態です。無効になっているメニュー項目はグレー 表示で反応しません。有効になっているメニュー項目は選択することができ、通 常どおりに表示されます。 7

8.

ツール作成 辞書の構造 1. label a. -label(-l) b. string c. 項目に表示されるテキスト。 8

9.

ツール作成 辞書の構造 1. icon a. -image(-i) b. string c. メニュー項目に関連付けられたアイコンのファイル名。メニュー項目を含むメ ニューを menuEditor で編集する場合、menuEditor ではメニュー項目がこのア イコンで表されます。このアイコンは、メニュー項目を配置するとシェルフ上に 表示されます 9

10.

ツール作成 辞書の構造 1. type a. -sourceType(-stp) b. string c. mel, python, folder(subMenu), separator(divider) i. mel, python 通常のメニューコマンド ii. subMenu メニューを階層化してサブメニューが登録できるようにします。 iii. divider 水平線を追加します。名前の入力も可能 10

11.

ツール作成 辞書の構造 1. annotation a. -annotation(-ann) b. string c. このメニュー項目に文字列の値で注釈を付けます。 11

12.

ツール作成 辞書の構造 1. command a. -command(-c) b. script c. 項目を選択した場合に実行されるコマンドかスクリプトがアタッチされます。こ のコマンドは、メニュー項目が optionMenu コントロールにある場合には実行さ れないことに注意してください。 12

13.

ツール作成 辞書の構造 1. fullpath a. ファイルまでのフルパスを記録して渡します。 b. メニューアイテムを登録する際にスクリプトの中身を読む為に使用します。 13

14.

ツール作成 辞書の構造 1. option a. オプションコマンド設定用 b. コマンドと同じ形式の辞書をネストする ことでオプションコマンドとして登録し ます。 14

15.

ツール作成 辞書の構造 1. children a. サブメニューに登録する為の辞書を格納 する。 b. typeがflderの場合のみ使用されます。 15

16.

ツール作成 辞書の構造 1. enable 2. label 3. icon 4. type 5. annotation 6. command 7. fullpath 8. option 9. children 16

17.

ツール作成 ● GUIのデザイン ○ 初期の段階で決まっていたの で、基本的にそのまま ● ● 左側のメニュー ○ ↖:メニューバー ○ ↙:メニューアイテム 右側のメニュー ○ ↗:コマンド ○ ↘:オプションコマンド 17

18.

ツール作成 ● メニューバー ● メニューアイテム ○ 順番の入れ替えが可能 ■ ボタンで順番や階層を入れ替えることが可能 ■ D&Dでも入れ替えが可能 18

19.

ツール作成 ● コマンド ● オプションコマンド ○ メニューに登録する為の情報を編集できる。 19

20.

BOOTH https://booth.pm/ja/items/4480222 20