2023スクラムフェス大阪_中間管理職のおっさんがDX組織を作る辞令を受けてどう学んだか? 「ちょっと何言っているかわかんない」と共にした1年間

28.5K Views

June 26, 23

スライド概要

2023スクラムフェス大阪の資料です。

profile-image

Insurtechラボで作成しているスライドです

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

2023スクラムフェス大阪 資料 中間管理職のおっさんがDX組織を作る 辞令を受けてどう学んだか? 2023年7月 1日 ニッセイ情報テクノロジー 小泉 岳人

2.

イントロダクション 新規ソリューション検討のため出島組織を作 ります。テーマは 『社会が必要とするプラットフォームの姿を テクノロジードリブンで構想・策定し、ビジ ネス創出を推進すること』 です は・・・はい 2

3.

イントロダクション は・・・はい プラットフォーム?? テクノロジードリブン?? ビジネス創出?? ちょっと何言っているかわからないですね 3

4.

2023スクラムフェス大阪 資料 中間管理職のおっさんがDX組織を作る 辞令を受けてどう学んだか? 「ちょっと何言っているかわからない」と共にした1年間 2023年7月 1日 ニッセイ情報テクノロジー 小泉 岳人

5.

本日の目次 現在、TVKでやってる「王様のレストラン」の再放送が楽しみすぎて・・・ (来週が最終回??) ~前菜~ ~メインディッシュ~ ~デザート~ 自己紹介と どう学んだのか? 「ちょっと何言っているか ラーニングアウトカム 1.本を力に変える方法 わからない」 2.コミュニティを が重要な理由 ~お土産~ ミドル層へのエール 力に変える方法 3.登壇を力に変える方法 5

6.

前菜 自己紹介とラーニングアウトカム 6

7.

前菜 メイン デザート お土産 自己紹介 小泉 岳人 Twitter:@koitake_ ニッセイ情報テクノロジー(株) 保険インフラ事業部 Insurtech推進室 室長 趣味:コントラバス ・生命保険会社のシステム開発のPM (プロジェクト マネージャ)を10数年 7

8.

前菜 メイン デザート お土産 会社紹介 ◼ 「保険・共済」「年金」「ヘルスケア」といった社会 保障領域のマーケットに対して、質の高いITサービス やコンサルティングなどを提供しています。私たちの 使命は、ITで“いのちを支える”産業に貢献すること。 社会や生活の基盤となるプラットフォーマーを目指し、 新たな価値の創造に取り組んでいます。 会社名 ニッセイ情報テクノロジー株式会社 設立 1999年7月 事業内容 保険・金融に関するシステムサービス 医療・介護に関するシステムサービス ネットワークサービス、アウトソーシング、 収納代行 等 従業員数 2,480名 (2023年4月1日 現在) 売上高 784.41億円 (2023年3月期) 8

9.

前菜 メイン デザート お土産 9

10.

前菜 メイン デザート お土産 ラーニングアウトカム ・組織を変化させたいと考えているミドル層が一歩を踏み出す 勇気が持てる ・アジャイル、仮説検証等の学習について素早く学ぶための Tipを知ることが出来る 今回のスコープ ・ 一般的な内容や組織の話ではなく、 個人にスコープした内容となっている 10

11.

前菜 メイン デザート お土産 なぜ、登壇したいと思ったか ・40を超えてから、アジャイルの学習やコミュニティの活動を開始 ・JTCのミドル層でこういう活動していると、会社でも コミュニティでも孤立を感じることがある ・1年間、色々な方に勇気づけられて成長できたので、 去年の自分を励ましたい。ミドル層がもっと盛り上がってほしい 11

12.

前菜 メイン デザート お土産 なぜ、登壇したいと思ったか ・40を超えてから、アジャイルの学習やコミュニティの活動を開始 ・JTCのミドル層でこういう活動していると、会社でも コミュニティでも孤立を感じることがある ・1年間、色々な方に勇気づけられて成長できたので、 去年の自分を励ましたい。ミドル層がもっと盛り上がってほしい 12

13.

前菜 メイン デザート お土産 ここで言うミドル層とは?? 王様のレストラン 就職氷河期 就職タイミングでアジャイル開発宣言 会社の中で経験を一定積んできて、部下もいて、比較的裁量の 範囲で仕事を進められるマネジメント層をイメージしています 13

14.

前菜 メイン デザート お土産 背景(もともと) 大規模マネジメント 10の知識エリア/5 つのプロセスを守っ て管理 ユーザーよりも詳 しい業務ドメイン の知識 プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第5版 :Project Management Institute (著・出版社)(2014/2/15) より 生命保険講座 約款と法律:一般社団法人(著・出版社) より 14

15.

前菜 デザート メイン お土産 背景(現状) Volatility 変動性 Uncertainty 変動性 この先どうなるのかわからない Complexity 複雑性 何が起きているのかわからない (未来のわからなさ) デザイン思考 Ambiguity 曖昧性 (現在のわからなさ) 仮説検証 アジャイル開発 パラドックス思考 ─ 矛盾に満ちた世界で最適な問題解決をはかる :舘野泰一 , 安斎勇樹 (著)、ダイヤモンド社 (2023/3/1)を参考に作成 15

16.

前菜 メイン デザート お土産 求める組織のケイパビリティ 16

17.

前菜 メイン デザート お土産 求める組織のケイパビリティ やばい。。。 学習せねば。。。 17

18.

メインディッシュ どう学んだのか? 1.本を力に変える方法 2.コミュニティを力に 変える方法 3.登壇を力に変える方法 18

19.

1.本を力に変える方法 19

20.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 まずは、本をたくさん読もう!! アジャイル デザイン思考 仮説検証 マネジメント 組織設計 20

21.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 確 勇 集 公 尊 約 気 中 開 敬 コミュニケーション シンプルさ、フィードバック 勇気、尊重 アジャイル手法は価値観と文化がドロ ドロに混ざり合ったものを目指してい る。 スクラムガイド2020:Ken Schwaber & Jeff Sutherland より抜粋 エクストリームプログラミング:Kent Beck,Cynthia Andres (著), 角 征典 (翻訳)、オーム社(出版) (2015/6/26) より抜粋 みんなでアジャイル ―変化に対応できる顧客中心組織のつくりかた:Matt LeMay (著)、及川 卓也(まえがき) 、吉羽 龍太郎 他 (翻訳)、オライリージャパン(出版) (2020/3/19) より一部改編して抜粋 21

22.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 価値基準大事・・・ カチキジュンダイジ・・・ ちょっと何言っているかわからないですね。 22

23.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 価値基準は大事 そりゃそうだよねーという、薄い理解で、 そこから先に進まない。 確 公 約 開 尊 集 勇 敬 中 気 アジャイル、カチガダイジデス 23

24.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 マネージャとしてアジャイルを推進しているものの、 腹落ちしきれていなかった・・・。 皆さん、アジャイルを進める上では手法だけ でなく、価値の理解が大事です (なんか伝わってないなー。) 伝えるためには、どう話したらよいだろう? (スプリントをただ回しているだけだとカチキ ジュンに向き合うタイミングがない) 24

25.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 分からないなら分かるように勉強会をしよう! 本読む スライドにまとめる チーム勉強会 全社向け勉強会 30冊くらい繰り返して実施 25

26.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 勉強会を定期的に開くと、質は 低くとも、受け入れられる 数を繰り返していくとだんだん 嘘っぽくなくなっていった 26

27.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 少しだけ価値基準が何故大事かが分かった気がした 本 年間60冊以上の 読書 勉強会 年間で100回程度の 勉強会実施 仕事 確勇集公尊 約気中開敬 スクラムでの 実開発 27

28.

前菜 よかった事 メイン 1皿目 デザート お土産 頭の整理 書くという行為で整理できる 本の内容を取り出しやすくなる。 資料の材料 読んだ本の内容が勉強会や各種説明資料等で 使える材料になる。 意見が言いやすくなる 意見を言う勇気が持ちづらい時も本の内容を 借りて意見できる。 28

29.

前菜 メイン 1皿目 デザート お土産 ちなみに・・・・ 読んだ本も増えていって「アジャイル 本」のキーワード検索すると本の事を紹介 しているHPが、わりとトップにでてきます。 29

30.

2.コミュニティを力に変える方法 30

31.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 セミナー、コミュニティ ①.研修や会社のセミナー 慣 れ 親 し ん で い た 順 番 ②.企業等のユーザー会に 参加 例:JUASやIPA等のセミナーへの参加 ③.大規模イベント 例:デブサミやRSGT 等 ④.勉強会プラットフォー ムや独自コミュニティ 例:connpassやDoorkeeperなどで 案内されているコミュニティ 31

32.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 セミナー、コミュニティ ①.研修や会社のセミナー 慣 れ 親 し ん で い た 順 番 ②.企業等のユーザー会に 参加 ③.大規模イベント ④.勉強会プラットフォー ムや独自コミュニティ 例:JUASやIPA等のセミナーへの参加 今回対象とする 例:デブサミやRSGT 等 コミュニティ 例:connpassやDoorkeeperなどで 案内されているコミュニティ 32

33.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 コミュニティの印象 心理的安全性が高い!!! 高 自 己 表 現 ・ 関 係 性 ぬるま湯 コンフォートゾーン いきいき 心理的安全 サムイ しらけた きつい 成果を出せ! 低 低 モチベーション・責任感 高 33

34.

お互いを尊重しながら、笑顔で殴り合っている イメージ (私の偏った視点です)

35.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 コミュニティは良さそうだけど、 怖いし、うすく参加としておくかー。 35

36.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 36

37.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 37

38.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 ちょっと何言っているかわからないですね 38

39.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 ただ、コミュニティにはチームビルディングの ポイントがあると感じた。 39

40.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 ただ、コミュニティにはチームビルディングの ポイントがあると感じた。 チームは、構築(ビルディング)するというより 育むと言った方が良い ※農業的なイメージが正しい ・庭は放っておいても成長する(意図しない形で) ・制御することはできない 40

41.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 ・とりあえず、aki.mさんを形だけ真似て参加してみよう ・記事のクオリティは気にせずとりあえずやってみよう ・勝手に変なこと書いてスミマセン・・ ・自分のためにやってるんで・・・ Twitterやnoteの 登録から コミュニティ 参加 コミュニティでの 感想をnoteに書く 41

42.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 ・意外とコミュニティで感謝される 記事にまとめてくれてて ありがとうございます 勝手に変なこと書い てスミマセン・・・ GAP ▷ 自分の為にもなるし、感謝もされる 42

43.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 私のコミュニティ戦略 ・オウム返し戦略でとにかく皆が言っている事を書く ⇒〇:その場のディスカッションが分かりやすくなる 〇:あまり意見を言わなくても貢献できる 〇:後からブログ記事にできる ・雑にブログ書いて投稿、スマホで確認。 〇:思い出して、書いて、読むを繰り返すことで 使える知識になりやすい ・無理しないこと 43

44.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 私のコミュニティ戦略 意見を言うのが怖い人は、読書会がおすすめ 何か意見あり ますか? 緊張するなぁ 内容が分からな いなぁ この本の「○○」が 好きです。気になり ました。 44

45.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 よかった事 ・仕事にすぐに役立つ割合が非常に高い - 困った事を直に相談できる - 有識者の話、別の会社のコンテキストの事例が 聞ける ・複数のコミュニティ参加で組織変容の体験ができる コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践:エティエンヌ・ウェンガー 他(著), 櫻井 祐子 (著), 野中 郁次郎 (著), 野村 恭彦 (著) 翔泳社 (2002/12/18)より 45

46.

前菜 デザート メイン お土産 2皿目 記事は4か月で180記事 になりました!! https://note.com/rich_hyssop406 46

47.

3.登壇を力に変える方法 47

48.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 私聞く人 あなたしゃべる人 48

49.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 49

50.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 「話したいことがある」 「経験を言語化できる」 「人との交流が生まれる」 だからプロポーザルを書こう!! 50

51.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 ちょっと何言っているかわからないですね。 51

52.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 整理してみたけど、登壇にそこまで前 向きではなかった 話したいことがある まだ修行中だし、そこま で経験として話したい事 はないかな? 経験を言語化できる ブログでもできるし、勉 強会でもできるし、登壇 までは不要かな? 人との交流が生まれる 人見知りだし、もっと交 流はしたいなー 52

53.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 『Scrum Fest Niigata 2023 「あなたすごい人、私ふつうの人」を乗り越える!経験をプロポーザルにしてみ よう』の資料を抜粋 53

54.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 整理してみたけど、登壇にそこまで前 向きではなかった 話したいことがある まだ修行中だし、そこま で経験として話したい事 はないかな? 経験を言語化できる 人との交流が生まれる 自分が登壇することで 誰のどんな課題を解決したいのか、 ブログでもできるし、勉 人見知りだし、もっと交 強会でもできるし、登壇 キャンバスで整理してみた 流はしたいなー までは不要かな? 54

55.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 仮説キャンバス リーンキャンバスをもとに修正され たキャンバス リーンキャンバスにはない、目的や ビジョンがあり、想いを乗せやすい 正しいものを正しくつくる プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について:市谷聡啓 (著)、ビー・エヌ・エヌ新社 (2019/6/14) より 55

56.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 目的 社内↔社外で繋がりながら、悪の組織で自 われわれはなぜこの事業をやるのか? 社に革命を起こす 優位性 ・裁量があ 提案価値や実 り、ネタが 現手段の提供 作れる に貢献できる リソース(資 ・コミュニ 産)が何かある ティなどの か? 良質なつな がり 実現手段 提案価値を実 現するのに必 要な手段とは 社外イベン 何か? トで登壇 提案価値 自社で変容 われわれは顧客 をどんな解決状 を起こした 態にするのか? 紹介をし、 (何ができるよ 社外の反応 うになるの を持ってざ か?) わつかせる ビジョン 自社で「今より良くしたい」と思っている 中長期的に顧客にどういう状況になってもらいたいか? メンバーでの協働 代替手段と その課題 課題を解決する ために顧客が現 研修参加な 状とっている手 るも、行動 段に何がある か?(さらに現 変容には紐 状手段への不満 づかない はあるか?) 顕在課題 顧客が気づい 自社での ている課題に Howが不明 何があるか? 潜在課題 多くの顧客が気 うちには関 付けていない課 係ないとい 題、解決を諦め ている課題に何 う諦め があるか? 状況 どのような状況 変化したく にある顧客が対 ても目の前 象なのか(課題 の仕事が忙 が最も発生する しい 状況とは?) 傾向 日経コン 同じ状況にある人 が一致して行うこ ピュータ読 とはあるか? んでる 評価指標 チャネル どうなればこの事業が進捗していると判断で 社内メンバーの認知 状況にあげた人たちに出会うための手段は何か? 社内での案内、社外SNS ビジネスモデル 市場規模 どうやって儲けるのか? 社内外のコミュニティをつなげての成長 対象となる市場の規模感は? 社内アーリーアダプター100名程度 きるのか?(指標と基準値) 自分/チーム 自社メンバー 56

57.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 社内の中で変化したくても忙 しく諦めている人に(①) 社外イベント登壇 の動機は ③ ② ① 自社内で変容を起こせた実際 のHowを伝え(②) 今より良くしていきたいとい うメンバーでの協働のうねり を起こす(③) ため 57

58.

前菜 デザート メイン お土産 3皿目 社内の人に伝えるために社外に対して登壇してみよう!! 勉強会を もっと盛り上げたい 会社の組織・体制を もっとよくしたい ミドル層を 盛り上げたい 今後も社内に届くまで登壇チャレンジは続けます 58

59.

現在実験中。 会社の方々、見たらぜひ反応してください!!!!! 59

60.

デザート 「ちょっと何言っているか わからない」 が重要な理由 60

61.

前菜 メイン デザート お土産 サンドウィッチマンの「ちょっと何を言っているか分かんない」が 面白い理由 1.愛がある 2.同じゴールを向いている 3.状況を言語化できている からの反転ギャップが面白い!! 61

62.

前菜 メイン デザート お土産 今回のネタに当てはめてみた・・・ 1.愛がある 2.同じゴール 3.状況の言語化 DX組織新設 本を力に変える コミュニティを 力に変える 登壇を力に変え る やることの方向性・意 味合いは感じている やること自体の説明が 出来ていない 62

63.

前菜 メイン デザート お土産 なんとくなく、いいかもと 思っているけど、 言語化が出来ておらず、 腹落ちまでは至っていない。 63

64.

前菜 メイン デザート お土産 ダニングクルーガー効果 自 信 の 高 さ 完全に理解した!! 段々 わかってきた 全然わかってなかった 知識の量 64

65.

前菜 メイン デザート お土産 ダニングクルーガー効果 自 信 の 高 さ 「ちょっと何言っているかわからない・・・」 は崖を超える事を 前向きに受け入れるメンタルかも 知識の量 65

66.

ミドル層は、先んじて自信を無くす学習に 取り組んだほうがよい。 66

67.

1人で試して「経験」を得ることが、 チームを率いる「勇気」に繋がる。 67

68.

前菜 メイン デザート お土産 試す時は、あえて大 きく振りきってみる。 (小さな一歩だと、 成功・失敗が分かり づらい。) 68

69.

前菜 メイン デザート お土産 自分の胸に手を当てて「1か月前の無知な自分が愚かで愛おしい」と 思えているかを確かめてみてください。 自分にとって未知な事柄に対して、仮説を立てて、 実験をしてみるという仕事の仕方をしている人は、 その実験結果が 〇であっても×であっても必ず新しい真実を 手に入れて前に進みます。 「うわー、1か月前に『きっとこうに違いない』 という仮説を持っていたけど、 あの時の自分の考えが無知で愚かで愛おしい」 みたいな感覚が湧いてきます。 数か月前の自分とは比べ物にならないほど 大きな変化を感じるのです。 リーンマネジメントの教科書 あなたのチームがスタートアップのように生まれ変わる:細野 真悟 (著)、日経BP(出版) (2022/4/28)より一部改編して抜粋 69

70.

前菜 メイン デザート お土産 ちなみに私にとっては、 夜眠る時に 「恥ずかしすぎる。。。あの時、 何であんなこと言っちゃったんだろう。 (書いちゃったんだろう)」 と飛び起きる感覚です。 (この講演もそうなるかも・・・) 70

71.

お土産 ミドル層へのエール 71

72.

前菜 メイン デザート お土産 学習して感じる2つの孤独 ・アジャイルを先んじて学ぶ (FROMとの差) ・コミュニティでの進んでいる方との差 (TOとの差) 会社 コミュニティ 72

73.

前菜 メイン デザート お土産 学んでいくと ・既存組織で谷を超えられるか不安 ・先人との距離感に気付き絶望 自 信 の 高 さ そして孤独を感じていく。 知識の量 73

74.

前菜 メイン デザート お土産 自己紹介 小泉 岳人 Twitter:@koitake_ ニッセイ情報テクノロジー(株) 保険インフラ事業部 Insurtech推進室 室長 趣味:コントラバス ・生命保険会社のシステム開発のPM (プロジェクト マネージャ)を10数年 74

75.

前菜 メイン デザート お土産 自己紹介 小泉 岳人 Twitter:@koitake_ 兼務者含めて約 ニッセイ情報テクノロジー(株) 40名の組織の 保険インフラ事業部 Insurtech推進室 室長 マネージャー 趣味:コントラバス ・生命保険会社のシステム開発のPM (プロジェクト マネージャ)を10数年 75

76.

1人で試して「経験」を得ることが、 チームを率いる「勇気」に繋がる。 76

77.

前菜 メイン デザート お土産 合宿の実施 「合宿をしなさい」 「合宿をし、一緒に飯を食い、泊まって徹底的 に話をする。そうすると、形式知は脱ぎ捨てら れ、自分の主観で話をするようになる。そこで、 なぜこのプロジェクトに自分が参加しているの か、という根源的な問いまでたどり着けるだろ う。そこから始めて、一つの共通理解が生み出 される。この過程をみんなで踏みなさい」 合宿の様子 アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント:平鍋 健児 (著), 野中 郁次郎 (著)、翔泳社(出版) (2013/1/18)より一部改編して抜粋 77

78.

前菜 メイン デザート お土産 MVVの策定 ミッション 『理解しやすい保険体験が 「優しい世界」を創る』 ビジョン バリュー 78

79.

前菜 メイン デザート お土産 チーム全員でとの対話 :GCLT(ゴールデンサークルライトニングトーク) 3カ月に1回、1 週間スプリントを 止めて、チーム毎 の感謝の会とゴー ルデンサークルの 発表を実施。 79

80.

前菜 メイン デザート お土産 マネージャーとしてチームを上手に率いていったわけでは なかったが、人一倍悩んでいる姿は見せていた。 合宿実施まで1年かかったが、それまでの経験が つながって、グループからチームになれた。 80

81.

前菜 メイン デザート お土産 経験と勇気がレバレッジとなり、次の段階を引き寄せる 失敗しても1段階戻れる安心が、勇気を持続させる。 レバレッジ 一人であるいた道 レバレッジ チームで歩いた道 AND MORE ・・・ 81

82.

前菜 メイン デザート お土産 向かうべきToは遠いが、現状 (From)からチームで歩き出 すことができた! 82

83.

前菜 メイン デザート お土産 歩いた道のりが羅針盤となって 次の可能性を増やす。 目的地との距離が遠くても希望 が湧いてくる。 83

84.

前菜 メイン デザート お土産 行動を変え、新たな一歩を踏み 出すのに「遅すぎる」ということ はない。 行動を始めるべきだと気づいた そのときが、その人にとっての最 速のタイミングだ。 カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで 市谷聡啓 新井剛 (著) 翔泳社 (2018/2/7) より 84

85.

前菜 メイン デザート お土産 本日お伝えしたかったこと(ラーニングアウトカム) ・組織を変化させたいと考えているミドル層が一歩を踏み出す “勇気”が持てる ・アジャイル、仮説検証等の学習について素早く学ぶための Tipを知ることが出来る 85

86.

コミュニケーション シンプルさ 確約 公開 勇気 尊敬 集中 フィードバック 尊重 86

87.

ちょっと何言っているかわからなくても、 1人なら試せる。 その経験が”勇気”となり、チームを巻き込む チームで歩いた道のりが更なる一歩を 踏み出す”勇気”に繋がる いつだって今から始めるのが一番早い 87