期間限定プロジェクトの実施から考える、VPスタジオに必要なこと【Virtual Production Deep Dive 2023】

3.5K Views

June 22, 23

スライド概要

講演アーカイブ:
https://youtu.be/KKSGW5eLZnI

講演内容:
ソニーPCLと角川大映スタジオは、2023年1月より期間限定でバーチャルプロダクションスタジオを共同運営中です。このプロジェクトの取り組みから実感したVPスタジオに必要なことを、両社の推進担当者によるトークセッション形式でお話します。

講演者:
伊藤 隆嗣 様(ソニーPCL)
小林 壯右 様(角川大映スタジオ)

スライド:
https://www.docswell.com/s/EpicGamesJapan/5W1X9X-UEVP2023_epic

Virtual Production Deep Dive 2023 公式サイト:
https://www.unrealengine.com/ja/events/virtual-production-deep-dive-2023

profile-image

Unreal Engineを開発・提供しているエピック ゲームズ ジャパンによる公式アカウントです。 勉強会や配信などで行った講演資料を公開しています。 公式サイトはこちら https://www.unrealengine.com/ja/

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

期間限定プロジェクトの実施から考える、 VPスタジオに必要なこと ソニーPCL株式会社 株式会社角川大映スタジオ

2.

伊藤 隆嗣 ソニーPCL株式会社 クリエイティブ部門 ビジュアルソリューションビジネス部 統括部長 2002年ソニーPCL入社 AVシステムの企画・設計・施工に従事し、大型ビジョンや空間おける映像音響のテク ニカルディレクションを担当。デジタルコンテンツ制作における営業・プロデューサーなどを 経て、現在はバーチャルプロダクションを中核としたビジュアルソリューション事業を推進し ている

3.

小林 壯右 株式会社 角川大映スタジオ スタジオセンター担当 執行役員 テレビ制作会社を経て、角川大映スタジオ前身である大映に入社。 劇場映画/配信ドラマ/CMの撮影スタジオ、美術セット、ポストプロダクションのコーディ ネート業務を行っている。

4.

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.00011 2884.html https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000112884. html

5.

「清澄白河BASE」 常に先端テクノロジーを使用した 映像制作手法を開発し続ける 角川大映スタジオ 開発した映像制作手法を より実践的に活用していく。 既存の撮影ノウハウと融合を目指す。 相互に連携し最新の撮影環境を提供し続ける ℗KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD. /Sony PCL Inc.

6.

ソニーPCL株式会社 会社概要 ・設立: 1951年3月16日(1970年にソニーグループ会社とな る。) ・主なビジネス - 映像・音響コンテンツ、インタラクティブコンテンツのプロデュース - CM、PRビデオ向けのポストプロダクションサービス - B2B/B2B2C イベント・プロモーションの企画制作 - 空間デザインや展示ブース・プロモーションスペースの構築 - 国内でのVAR / HAWK-EYE 技術の運営サポート - 映像コンテンツのQCとコンテンツデリバリー (DVD, Ultra HD Blu-ray, Blu-ray Discエンコードとオーサリング , OTT ファイルエン コード) ©Sony PCL Inc.

7.

® ©Sony PCL Inc.

8.

VIRTUAL PRODUCTION ©Sony PCL Inc. VOLUMETRIC CAPTURE

9.

©Sony PCL Inc.

10.

「清澄白河BASE」バーチャルプロダクションスタジオ機能を アップグレードします。 ・パネルサイズが 既存の約2倍に ・可搬型LEDを追加、 天井LEDの昇降もクイック対応 ・トラッキングシステムを追加 AR表現の自由度をあげる ・『Virtual Production Tool Set』 『清澄白河BASE 制作シミュレータ』 トライアル運用開始 2023/7/26より稼働開始予定 ©Sony PCL Inc.

11.

提供サービス 撮影サービス 企画制作、スタジオ提供 背景制作 アセット制作・教育 ©Sony PCL Inc. スタジオ設計 構築、運用サポート 背景アセット運用 バリューチェーン構築

12.

角川大映スタジオ 会社概要 CM制作会社 映画制作会社 配信事業者 ・設立: 1933年…日本映画多摩川撮影所として開所 1942年...大日本映画制作株式会社設立(のちの大映) 2002年...角川グループ入り 2013年...角川書店より分社独立し角川大映スタジオ発足 レンタル事業 ・撮影スタジオ ・照明機材 ・ポストプロダクション VP事業 角 主なビジネス KADOKAWA GROUP ・CM、映画、ドラマの撮影等に関するレンタル業務 ・CM、映画、ドラマに関する美術製作業務 美術製作事業 ・大道具 ・塗装 美術 デザイナー ©KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD.

13.

角川大映スタジオ ~映像の可能性を拓く製作基地~ ©KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD.

14.

STUDIO POST PRODUCTION ©KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD. ART LIGHT EVENT

15.

施設一例 ©KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD.

16.

実績 【撮影】CF/MV年間約400本 【仕上げ】年間60-100title ©KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD. 【撮影】映画/ドラマ年間15-20本 【イベント】調布市/ところざわ

17.

VPスタジオの期間限定プロジェクトを実施して得た気づき - 事前準備編 -

18.

バーチャルプロダクションが拡大している背景 ・新型コロナウィルスの感染拡大による制作手法の変化 ・OTTなど番組共有の変化 (定額で高品質な映像コンテンツを視聴できるようになり、ニーズが増大した) ・ゲームエンジン(リアルエンジン)技術が大幅に向上し、 高クオリティの表現をリアルタイムで描画できるようになった ・移動、輸送、場所のコストが節約 (天候に左右されない、一か所に集約できる、役者人件費抑えられる) ・ポスト処理の軽減/リテイクのし易さ ICVFXが映像制作フローに大きな変化を起こしている。 この変化はどんどん拡大している。 ©Sony PCL Inc.

19.

VPによる映像制作フローの変化、バーチャル美術部門 映画の従来制作とバーチャルプロダクション制作の比較 制作体制、フローの変化 ■プロダクションデザイン段階から、VFX・アートチームが参加している ■プリビズの重要性がより高まっている ■3DモデルEnvironment Artist(背景アーティスト)の登場 EpicGame提供2019 『バーチャルプロダクション フィールドガ イド第1巻』 ©Sony PCL Inc. ■企画の早い段階から連動し、美術(大道具/小道具)と3Dマットペイント(VFX/CG)を並行して検討する

20.

STUDIO SPEC スタジオ 面積550㎡(167坪)、高さ8.0m 電気容量 240kw(100V/200V併用) LED LEDウォール:ソニーのCrystal LED(Bシリーズ) サイズ: W12,160mm×H5,472mm (解像度:H7,680×V3,456 pixel)) LED画素ピッチ:1.58 カメラトラッキングシステム Mo-Sys “Star Tracker” 送出システム IC-VFX|Unreal Engine 映像|ソニーPCLの オリジナルメディアプレイヤーZOET®4 / ZOET® Scaler(外部入力用) ℗KADOKAWA DAIEI STUDIO CO., LTD. /Sony PCL Inc.

21.

VPスタジオの期間限定プロジェクトを実施して得た気づき - 稼働編 -

22.

まとめ - 期間限定プロジェクトの実施から考える、VPスタジオに必要なこと-

23.

• ICVFX/ScPによる制作の幅は、今後も伸び続ける • ポスト処理を想定したICVFX/ScP制作フローを組むことで、さらなる品質向上が望める • 人材不足/VP特化型チームが必要 • 制作スケジュールのコントロール • コスト • 技術安定性