コミュニティ3段活用によるコミュニティ運営

620 Views

February 05, 24

スライド概要

profile-image

思いが伝わるマーケティングを実現する株式会社エールコネクトの代表 外付け・マーケティング・プレイング・マネージャーとして、スタートアップなどの社内のチームに入り込み、”思い”が伝わるマーケティングを実現する会社です。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

【コミュニティ3段活用】 コミュニティの運営方法 ”思い”が伝わるマーケティングを実現する 株式会社エールコネクト 代表 宮本昌尚 1

2.

自己紹介 コミュニティマーケティングが好きで13年以上取り組んできました 2006-2010 2010-2016 宮本 昌尚 @mMasanao 2016-2023 2023- 株式会社エールコネクトを 設立し、今年独立! 2

3.

株式会社エールコネクトとは? 13年間のコミュニティマーケティング経験 (日本マーケティング協会(大阪支部)でコミュニティマーケの講義を 3年務める ) &DeNA(Anyca)時代のマーケティング責任者経験を活かして、 外付け・マーケティング・プレイング・マネージャー として、スタートアップなどの社内のチームに入り込み、 ”思い”が伝わるマーケティングを実現する会社 3

4.

コミュニティに興味を持っているみなさんですが、 こんな課題があるのではないでしょうか?(私もありました) ● コミュニティ初期に売上など高いKPIを達成できない ● なにをKPIに設定して始めればいいかわからない コミュニティのKPIを段階的に考える コミュニティ3段活用 4

5.

コミュニティ3段活用 ~コミュニティの成果指標は段階によって異なる~ 成果指標 組織改革 Organization 定義した組織全体への 影響 コミュニティで 組織を変える マーケティング成果 Marketing 新規獲得など マーケティングにコミュニティ を活かす 手触り感 盛り上がっている感、 マーケティングに活かせそうなど 仮説・定性的感覚 Community コミュニティを育てる Time 3~6ヶ月 6ヶ月~2年 2年以上 5

6.

Step1. コミュニティの作り方 最初にどのようにコミュニティを作るか? 6

7.

顧客の5VALUE 生涯価値(LTV) Customer ・より関わって(買って)もらう ・より楽しんでもらう 友人・知人への紹介 紹介価値 知識価値 Recommender Knowledge Provider ・リサーチ、サポートに活かす ・コンテンツ化のネタ 一緒にイベントなどを企画する ・SNSで発信 影響価値 サービス共創価値 Influencer Co-Creator 7

8.

コミュニティの5W1H Why(なぜ作るのか?) 顧客の5VALUEの組み合わせ ? What(なぜ作るのか?) 共感するテーマのある交流会 ? 作り手:PRやマーケティングと親和性が高いがCSでも 呼ぶ人:テーマに共感する人 ? When(いつ作るのか?) 思い立った時(サービススタート時でも、途中でも) ○ Where(どこで作るか?) オフラインファースト ○ イベントを企画してサービス内で告知 ○ Who(誰が作るか?) (誰を呼ぶか?) How(どのように作るか?) 8

9.

共感するテーマの例 ユーザーの中にどんな共感テーマの人がいるかを把握する セグメント 共感するテーマ クルマ好き クルマが好きでクルマに関するトークがしたい (→名札に車種を書く) 交流好き シェアを通した交流を楽しんでいる (→必ず最初に自己紹介グループワークを入れる) 収益に感心 シェアによりどのように儲かるかに興味がある 9

10.

コミュニティマネージャーについて 熱狂的ファンチームのマネージャー (給与をもらっていないチーム(コミュニティ)におけるマネージャーとしての役割) 熱狂的 ファン チーム ■コミュニティマネージャーの素質 ①仲の良い集まりを作れる ー共通ではなく、共感するテーマを作れる ②チームマネジメント ー新メンバーを巻き込む ー1on1の対人コミュニケーション ー多くの役割を生み出し、信頼して任せられる 10

11.

3種類の立場を意識したイベント設計 イベント告知 イベント概要告知 前回のイベントまとめ(記事・写真) 初回 非参加者 イベントコンテンツ オープニング 惹きコンテンツ(講演など) LT(ライトニングトーク) 交流会 クロージング 名札、自己紹介グループ、お酒 ハッシュタグ 初回 初回参加者用コンテンツ 初回 非参加者 参加者主役のトークショー 常連 初回 軽食+飲み、交流 常連 初回 記念撮影 非参加者 11

12.

Step2. コミュニティの続け方 どのように作ったコミュニティを続けていくか? 12

13.

継続するためのコミュニティピラミッド 依存型 マンネリ型 ピラミッド型 一人の人への憧れで集まっている ことが多く。その人のモチベーション や求心力次第になる。 常連メンバーばかりに居心地のい い場になり、新メンバーが入りづら くなっている。 Ex)高齢化したコミュニティ 新メンバーも入りやすく、 常連メンバーも新陳代謝があり、 継続しやすい Ex)数が多すぎるオンラインコミュニティ 13

14.

コミュニティ醸成フローの一例 コミュニティリーダー 主導的メンバー (10人未満) 協力者 リアル施策 オンライン施策 • 毎月のMTG • 運営側からのコミュニティリーダーの任命 • 任期性 • Facebookメッセージ イベント、記事などで協力して くれる(100人未満) 参加者(能動的接触) • 1:1でのコミュニケーション機会(撮影会) • Facebookグループ • 役割を定義する(受付や参加率など様々な役 • イベントでのSNS拡散告知 割を担ってもらう) イベント参加者 傍観者(受動的接触) イベント実施 • イベント告知(全ユーザー配信) • イベントレポート記事 オンライン記事読者 14

15.

(参考)炎上しないコミュニティ運営のために ポイント 予防 対応 コミュニティファースト オープンに情報を共有し、コミュニ ティが複数の人に支えられている状 態を作る ビッグブラザー(権力者のように振る 舞う)にならないように、コミュニティ を第一に考えて対応する 一人ひとりと向き合える関係 不満があれば連絡ができるような関 係性を築いておき、小さな不満があ れば対応していく 相手を尊重し、丁寧に個別対応 最適な人とのコミュニティ ルールや理念を作り、あわない人が 入らないように参加者を絞る 全ての人を満足はさせられない。退 会も視野に入れ、簡単に抜けられる ようにしておく 15

16.

コミュニティ運営のまとめ ✔ ✔ ✔ ✔ とりあえず、飲みに行く!! 手触り感大事 コミュニティテーマを見つける コミュニティ醸成フローを作り、 新陳代謝を仕組み化する ✔ チームマネジメントと同じ 16

17.

マーケティング活用フェーズ 17

18.

コミュニティ3段活用 ②Marketing 成果指標 マーケティング成果 Marketing 新規獲得など マーケティングにコミュニティ を活かす 手触り感 盛り上がっている感、 マーケティングに活かせそうなど 仮説・定性的感覚 Community コミュニティを育てる Time 3~6ヶ月 6ヶ月~2年 2年以上 18

19.

コミュニティから知ることができる「知識価値」 下記4つの組み合わせとバリエーション バックグラウンド(ペルソナ) パーセプションフロー(カスタマージャーニー) ・顧客属性、人となり ・長期的なその人の変化も含めたバックグラウン ド ・どのような認識の変化によって商品購入・経験・ 再利用にいたるのかのフローがわかる →広告の際の訴求軸検討の参考になる 知識価値 Knowledge Provider エピソード サービス利用におけるエピソードが、 新規ユーザーやPRの際のコンテンツとなる アイデア・不満 サービスを作る、使う上でのアイデアがバックグラ ウンドやパーセプションフローと共にわかる 19

20.

まとめ コミュニティは少しずつ大きくしよう! ● ● ● ● コミュニティのKPIは、フェーズによって異なる まずは、少人数で手触り感のある盛り上がりを作る コミュニティ醸成フローを作って、少しずつ大きくする 続きは、コミュニティマーケティングミックスで、マーケティング価値を作ってい こう 20

21.

以上、思いが伝わるマーケティングを実現する 株式会社エールコネクトでした。 続きは、HP、X(Twitterで是非フォローください)で! https://yellconnect.co.jp/ https://twitter.com/mMasanao また、Podcast「マーケティングカテゴリ」で1位になったこともある Podcast番組を、毎週放送しています。 こちらも是非フォローください! https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1669416170 21