UnityのDevOpsまわりの最新プロダクト 2022 まとめ

8.4K Views

December 19, 22

スライド概要

2022年12月18日に行われたイベント「【年末だよ】Unity お・と・なのLT大会 2022」で発表したLTの資料です。

2022年にあったUnityのDevOpsまわりのアップデートをまとめました。

profile-image

Senior Developer Support Engineer at Unity Technologies 日本Androidの会 Unity部 部長

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

UnityのDevOpsまわりの 最新プロダクト 2022 まとめ Unity部 部長 かまた 【年末だよ】Unity お・と・なのLT大会2022

2.

話す人 鎌田 泰行 ● ● Unity部 部長 普段はUnity Adsやクラウドサービスの テクニカルサポートやってます

3.

Unity Teams Unity Collaborate Plastic SCM Unity Cloud Build

4.

事の経緯

5.

でかいアップデートがたくさんあった ● 料金プランの変更 ● プロダクトの廃止 ● 新プロダクトへのマイグレーション

7.

「前はこうでした」 「今はこうです」 を紹介します

8.

Disclaimer ● これも来年には「最新情報(deprecated)」になってるかも しれません

9.

Unity Teams Basic Unity Teams Advanced

10.

Unity Teams Basic/Advanced ● CollaborateとCloud Buildを使うために必要 ● Advanced(有償)があるとCloud Buildが使える ● AdvancedはUnity Plus/Proについてくる DEPRECATED

11.

プロダクトごとの従量制 ● それぞれ使った分だけお金がかかる「pay-as-you-go」とい うスタイルに ● 以前からUnity Teams Advancedを持っている人は引き続き 利用可能 ○ →いずれ新プランに移行される(時期未定)

12.

Unity Collaborate

13.

Unity Collaborate ● Unityプロジェクトを複数人で作業するためのバージョン管理 &ホスティングサービス ● Unityエディタに内蔵 ● 1GB 3名まで無料 DEPRECATED

14.

Plastic SCMへ移行 ● CollaborateのプロジェクトはPlastic SCMのリポジトリに マイグレーション済み ● 過去にアーカイブしていたCollaborateのプロジェクトは もう削除されてる

15.

Plastic SCM ● Unity公式のバージョン管理ツール ● Unityエディタに統合済み ○ 個人的には、専用のGUIソフト(Plastic SCM, Gluon)を 使うのがオススメ ○ CLIもちゃんとあるよ ● サイズの大きいバイナリファイルやプロジェクトにめちゃ強い

16.

Plastic SCM ● ホスティングサービスをつかう ○ Cloud Edition ■ 3人、5GBまで無料 ■ ユーザー単位のサブスク(月額 $9/user) ■ リポジトリサイズによる従量課金 ● オンプレミスでサーバーをたてる ○ Enterprise Edition ■ ユーザー単位のサブスク(月額 $23/user)

17.

Plastic SCM ● 今後のロードマップ ○ コードレビュー ○ 公開リポジトリ ○ Webダッシュボードの改善

18.

Unity Cloud Build

19.

Unity Cloud Build ● ソースコードからクラウド上でビルドを実行 ● 新料金プラン ○ ビルド時間による従量課金(分単位)

20.

Unity Cloud Build ● 適宜更新 ○ UnityエディタやXcodeの新バージョン追加 ○ ビルドマシンのマシンスペック向上

21.

Unity Cloud Build ● 2022年の主なアップデート ○ Windowsのビルダーが追加 ■ 明示的に選択も可能に ○ 同時ビルド数が8に(*1) ○ ビルド可能なプロジェクトサイズが25GB→40GBに(*1) (*1) 新料金プランのみ

22.

Unity Cloud Build ● 今後のロードマップ ○ 同時ビルド数の増加(20) ○ ビルド可能プロジェクトサイズの増加(100GB-1TB) ○ Incremental Buildの実現→ビルド時間の短縮 ○ 高速ビルドオプションの追加

23.

Build Serverもあるよ ● 自前でDevOpsしたい人向け ● ヘッドレスモード専用のライセンス ● Unity Proよりちょっとお安い

24.

以上、目まぐるしく変化した DevOpsまわりの最新プロダクト 2022まとめ でした

25.

Thank you!