Dev love hangarflight wintersortie-

-- Views

December 25, 10

スライド概要

profile-image

白と黒の魅惑

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

DevLOVE HangarFlight - Winter Sortie As far as we continue expanding and sharing our experience,We may fly in the sky, too. 2010.12.18 ORACLE AOYAMA CENTER produced by DevLOVE Admin Team

2.

papanda Toshihiro Ichitani belong : DevLOVE Admin Team twitter : @papanda hatena : papanda0806 and facebook

3.

HangarFlight is produced by DevLOVE Admin Team 3q! Oracle 3q! Katsuki-san

4.

HangarFlight WinterSortie Join Staff @jun116 @kaji̲3 @matsukaz @kiriyam @bash0C7 @DiscoveryCoach @oitomo @kimura兄貴 @mahm @ymkz303 @tmtknchr @kohsei @n3104 @take3000 @kuni02 @dishido @itomkk @bikisuke @kawaguti @papanda

5.

DevLOVE とは何か

6.

When do DevLOVE start?

7.

2008年6月21日

8.

RubyKaigi

9.

1つの思いが浮かんだ。

10.

俺たちの ソフトウェア開発を 思いだせ。

15.

2010年開催イベント 僕らの開発がアジャイルであるために。 キャズムを超えるのは俺たちだ。 コトそのものではなく、コトの外側を 標準化する。 GAINER WORKSHOP 変化は自分から始まる。 ダイアログで開くITのこれからの世界 Contemplate in Action Seed to Exceed boundary

16.

2010年開催イベント UIDケーススタディ 我々が移行してきたのは、世界そのものだ。 デザイン思考ワークショップ プロジェクトマネジメントは愉しい! 我々はソフトウェアを作る。誰の何のために 変化を、飼い馴らせ。 我々の現場は前進する。

17.

2010年開催イベント iPhoneアプリ構築+管理勉強会 Energized Work! この手からできること Beautiful Development World is connected 5分で世界を凌駕せよ IA100読書会 Agile Develoment in Action

18.

DevLOVE HangarFlight - Winter Sortie As far as we continue expanding and sharing our experience,We may fly in the sky, too. 2010.12.18 ORACLE AOYAMA CENTER produced by DevLOVE Admin Team

19.

飛行機乗りにとって、 空がまだ未知で危険なもの だった時代。 格納庫に集まって、 お互いの体験を話しあい、 空を知ろうとした。

20.

HangarFlightを 現代の ソフトウェア開発の 現場に。

21.

第一波

23.

第一波 闇と光とやさぐれと。

24.

第二波

26.

第二波 俺は、 {EXCEL|Hadoop|DDD|TOC}で 世界を変える。

27.

第三波

29.

第三波 AndroidはKJ法で GAEの夢をみるか。

30.

HangarFlight

31.

今度は、あんたが 飛ぶ番だ。

32.

DevLOVE HangarFlight - Winter Sortie As far as we continue expanding and sharing our experience,We may fly in the sky, too. 2010.12.18 ORACLE AOYAMA CENTER produced by DevLOVE Admin Team

33.

飛行機乗りにとって、 空がまだ未知で危険なもの だった時代。 格納庫に集まって、 お互いの体験を話しあい、 空を知ろうとした。

34.

HangarFlightを 現代の ソフトウェア開発の 現場に。

35.

Why HangarFlight?

36.

人一人の経験は限られる。 僕らは一生をかけて、 どのくらいのプロジェクトや サービスに関われるだろうか

37.

一生涯 ソフトウェア開発 たかだか 300人月

38.

自分が出来る経験値は 知れている。 だから、 自分の時間を拡張するために 他人の視点を借りる。

40.

開発プロジェクトで備えたい 共通善、価値観とは何か。 アンチパターンを元に、 あなた自身の答えを見出せたら プロジェクトをやさぐれに堕ちる ことから守れるかもしれない。

41.

他人の経験は 直接は自分のものに できない。

42.

自分のコンテキストで 捉え直した時。 他人事を自分事に 出来る。

44.

死屍 累々

45.

ソフトウェア開発は 手強い。

49.

10人集まれば 10人の経験

53.

100人集まれば 100人の経験

54.

この現場の課題は 向こうの現場で 既に乗り超えている かもしれない。

55.

HangarFlightは 経験と知恵を 繋ぐ機会

56.

ソフトウェア開発は 手強い。

57.

ソフトウェア開発の 複雑さに IやYouではなく

59.

ソフトウェア開発の 複雑さに IやYouではなく Weで戦う。

60.

現実の世界、現場を 変えるのは ここにはいない ありがたい 誰かではない。

63.

世界を変えるのは 私たち自身だ。

64.

Winter Sortie

65.

Letʼs Sortie to 2011! Have a nice trip to future!