ジオな人のためのGTFS入門

2.5K Views

June 24, 24

スライド概要

#GTFSxOSGeo
https://gtfs-osgeo2024.peatix.com

profile-image

伊藤昌毅 東京大学 大学院情報理工学系研究科 附属ソーシャルICT研究センター 准教授。ITによる交通の高度化を研究しています。標準的なバス情報フォーマット広め隊/日本バス情報協会

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

2024年6月21日 東京大学 本郷キャンパス GTFSxOSGeo研究会 ジオな人のためのGTFS入門 東京大学 大学院情報理工学系研究科 日本バス情報協会 代表理事 伊藤昌毅

2.

伊藤 昌毅 • • • • • • 東京大学 大学院情報理工学系研究科 附属ソーシャルICT研究センター 准教授 一般社団法人 日本バス情報協会 代表理事 静岡大学 土木情報学研究所 客員教授 専門分野 – – ユビキタスコンピューティング 交通情報学 – – – – – – – – 静岡県掛川市出身 2002 慶應義塾大学 環境情報学部卒 2009 博士(政策・メディア) 指導教員: 慶應義塾大学 徳田英幸教授 2008-2010 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別研究助教 2010-2013 鳥取大学 大学院工学研究科 助教 2013-2019 東京大学 生産技術研究所 助教 2019-2021 東京大学 生産技術研究所 特任講師 2021-現在 現職 – 運行管理者(旅客) 経歴 資格 2

3.

3月2日 公共交通オープンデータ最前線2024@東大本郷 • x

4.

交通×ITイベントに200人以上の参加者が! • • 公共交通オープンデータの整備・活用 などに関する取組紹介・交流イベント です。 近年、GTFSデータなどの公共交通 オープンデータ公開が盛んになるとと もに、データを開発に活かすエンジニ アや情報提供事業者、分析に活かすア ナリスト、計画や合意形成に活かす自 治体・交通事業者が増えています。 ODD(オープンデータ・デイ)におけ るシンポジウム開催7年目にあたる今 年も、行政、事業者、ITエンジニアな どから、各地の最新の取り組みをご紹 介いただきながら、交流を深めます。

5.

どこまでが「ジオ」の範囲? • • • • • • • • 台地 川 道路 線路 橋・トンネル 建物 電車 人 https://www.photo-ac.com/main/detail/2586743

6.

地図に載っている乗り物! • 氷川丸 – 1961年から横浜の山下公園前に係留 https://ja.wikipedia.org/wiki/氷川丸

7.

50年留まっていないと 地図に載らない? No!

8.

GTFSの始まりは Google Mapsの登場直後 • オレゴン州ポートランドの公 共交通事業者 TriMet(トライ メット)のビビアナ・マッ キュー氏がGoogleに呼び掛け、 Google Maps に公共交通検索 機能を追加 • Googleにデータを渡すフォー マットとしてGTFSが生み出さ れる 2007年頃のGoogle Maps

9.

タイムライン 2005年2月 Googleマップ公開 2005年6月 Google Maps API 2005年7月 Google Maps日本語版開始 2005年7月 GoogleとTrimetの初のMTG 2005年12月 Google Transit 公開 2006年9月 北米5都市に拡大・初期のGTFS 仕様公開 • 2006年10月 日本でGoogle Transit開始(携 帯電話向け) • 2007年10月 Google Mapsに統合 • 2011年8月 最初の GTFSリアルタイム 公開 • • • • • •

10.

「オープンデータ標準を作る」 翻訳公開 • 著者: ビビアナ・マッキュー (Bibiana McHugh) 翻訳: 孕石直子 • 2013年刊 Code for Americaによ る”Beyond Transparency” の一章 • オレゴン州ポートランドの公共交 通事業者とGoogleによりGTFSと いう標準規格が作られたときの物 語 http://qiita.com/niyalist/items/5eef5f9fef7fa1dc6644

11.

GTFS形式(GTFS Schedule) • 世界で広く使われる形式(GTFS-JP, 標準的なバス情報フォーマットもほぼ 同等) • 乗換案内に必要な情報(バス停・駅+路線+時刻表+運賃)をまとめて格納 したファイル形式 バス停/駅+路線 時刻 運賃

12.

GTFSデータにはCSV形式で以下の情報が格納 • 事業者データ • バス停データ • 路線データ • 時刻表データ • 路線図(緯度経度)データ • など

13.

リレーショナルデータベースとして解釈可能

14.

例: 本日 渋谷駅前 51番乗り場から発車するバス • x

15.

交通事業者がオープンデータとして提供 • 路線図、時刻表、リアルタイム車両位置情報などのデータの利用を開放 • 自由に使ってもらうことで、アプリの作成や工夫を凝らした印刷物などの情 報提供を促進 • アメリカ、ヨーロッパでは当たり前になりつつある

16.

オープンデータから様々なアプリが開発される • 大企業、ベンチャー−企業、個人がアプリ開発

17.

GTFS仕様は現在 MobilityDataが管理 • カナダのNPO団体 • 幅広く公共交通データの標準化に取り組む – GBFS、GTFS-Flex, • 伊藤もBoard Member として参画

18.

日本のGTFS

19.

公共交通データの標準化・オープンデータ化が進行中 GTFS Schedule: 国際的な標準フォーマット(標準的なバス情報フォーマット・GTFS-JPと互換) 路線 乗換案内・MaaS サイネージ・印刷物等 時刻 運賃 リアルタイム 交通分析・計画 19

21.

2019年2月:90 2019年7月:126 21 21年1月 20年10月 20年7月 20年4月 20年1月 19年10月 19年7月 19年4月 19年1月 18年10月 18年7月 18年4月 2018年11月:30 18年1月 2018年7月:23 17年10月 17年7月 事業者数 350 300 250 200 150 100 50 0

22.

600を越えるも伸びは鈍化?

23.

GTFSリアルタイム(バスロケ)提供も増加中( 87事業者) • 便ごとのバス停通過時刻、緯度経 度情報などをリアルタイム公開 – Protocol Buffer形式 • 混雑情報も提供可能 – 2020年より宇野バス、横浜市交通局が対応

24.

GTFS以前から検索アプリが存在 駅すぱあと 駅探 乗換案内 ジョルダン 乗換案内 Yahoo!乗換案内 NAVITIME Google Maps Apple Maps

25.

地域の公共交通は乗換案内に出てこない

26.

地域の公共交通は乗換案内に出てこない データ整備にはコストが掛かるため 利用者数が少ない地域のバスにまで 手が回らない 交通事業者が自ら 標準形式のオープンデータを用意して 乗換案内に提供する

27.

2014年〜 静岡県でコミュニティバスのオー プンデータ化の取り組み • 県庁、市役所、地元IT企業等とGTFSによるオー プンデータ化を実現 – Google Mapsへ提供可能に • アイデアソン、ハッカソンで地域でのデータ活用 を目指す

28.

バス情報の効率的な収集・共有に向けた 検討会(2016年12月〜2017年3月) • 事務局: 総合政策局公共交通政策部交通計画課 • 外部委員 – 伊藤昌毅 東京大学生産技術研究所(座長) – ー川雄一 株式会社構造計画研究所 – 伊藤浩之 公共交通利用促進ネットワーク – 井上佳国 ジョルダン株式会社 – 遠藤治男 日本バス協会 – 櫻井浩司 株式会社駅探 – 篠原雄大 株式会社ナビタイムジャパン – 丹賀浩太郎 株式会社工房 – 別所正博 公共交通オープンデータ協議会 – 山本直樹 株式会社ヴァル研究所

29.

2017年3月31日 「標準的なバス情報フォーマット」公開

30.

フリーのデータ作成ツール開発・提供・利用支援 • 西沢ツール – 西沢明氏開発 – 約40+自治体・事業者が利用 • 見える化共通入力フォーマット – 伊藤浩之氏開発 • 当初は三重県のプロジェクトで利用 – 約33自治体・事業者が利用

31.

その筋屋 http://www.sinjidai.com/sujiya/

32.

広め隊による講演会・講習会 • 県や運輸局が実施する勉強会に講師として登壇 • 事業者や自治体にツール導入を指南

33.

オープンデータとして自社などのWebページで公開 • Webページからデータを誰でもダウンロード出来るように

34.

GTFS データリポジトリの開発(2021〜) • 国土交通データプラット フォームにGTFSデータを投 入するために開発 – 国土交通省技術調査課 – 受託・社会基盤情報流通推進協議会 (AIGID) – 協力・ 日本バス情報協会 • 自治体、バス事業者がデータ を公開、管理するためのプ ラットフォームとして 34

35.

フリーのGTFS作成ツールによるデータ作成が主流に その筋屋 西沢ツール 見える化共通入力フォーマット • • 2020年12月現在 N=309(一部期限切れデータ含む) 資料 ⚫ GTFS公共交通オープンデータのリストは、「GTFS・「標準的なバス情報フォーマット」オープンデータ一覧(旭川工 業高専島田鉄兵先生)による。事業者・市町村単位で集計した。鉄道、航路等を含む。 ⚫ HODaP、OTTOPはこれらのプロジェクトで整備されたGTFSである。 HODaP、OTTOPの区分は上記一覧記載による。 ⚫ その筋屋、見える化共通入力フォーマット、西沢ツール、その他の区分は、各GTFSデータのtrips.txtを見て判断した。 35

36.

(一社)日本バス情報協会に発展 • GTFS整備促進のためのセミナー・ イベント開催 • GTFS作成のためのツール公開 • GTFS活用のための情報公開 • GTFSデータリポジトリの開発・運 用 • 等 https://www.busdata.or.jp

37.

データ活用の広がり

38.

ワンソース・マルチユース 乗り換え案内 マイ路線図・マイ時刻表 公共交通 オープンデータ 交通分析 service_id route_name 平日 250号線 [3102](片上→岡山駅) 行ラベル 06:52 08:40 10:35 15:11 17:05 総計 計画 最小 中央値最大 120 83 92 102 106 78 78 83 90 100 76 76 80 84 75 79 81 88 80 85 87 98 111 60 79.4 82 89 96 • • 40 計画 中央値 20 最小 最大 17:05 15:11 10:35 08:40 06:52 0 データを使った様々なアプリ開発や 交通分析が実現 データ分析やアプリ開発によって公 共交通の利便性が向上

39.

Google Mapsへの掲載 • GoogleはGTFS形式によるオープ ンデータを推奨 • 乗換案内に掲載されていない自治 体やバス事業者が利用促進のため にデータ整備 • 訪日外国人が利用するのはGoogle Maps

40.

「駅すぱあと/Yahoo!乗換案内」がオープン データを採用 • オープンデータ化されたバスデータを経路探索に採用 https://ekiworld.net/personal/app/spec/info.html?style=pc

41.

GTFSリアルタイムで攻めの情報発信 • バスロケやアラートを標準フォーマットで積極公開、利便性向上へ

42.

Moovitが日本のデータに対応 • イスラエルのベンチャー企業が開発するMoovitが山梨県GTFSを採用

43.

市民発のアプリも登場 • Aa 青バスなう! https://sonohino-kibunshidai.org/aobus_now/ UnoMap https://play.google.com/store/apps/details?id=work.momizi.unomap&hl=ja

44.

My バス時刻表 in 熊本

45.

GTFSからバスの車内アナウンス作成 • GTFSデータからバスの車内アナウンスを自動作成、人工音声 で読み上げ → バスにリアルタイム配信

46.

バス音声広告のオンライン販売・動的更新 • 臨港バスで2024年6月より実証実験中

47.

GTFSをどう使う?