Going Agile with Tools - #RSGT2020

スライド概要

Regional Scrum Gathering Tokyo 2020 でのセッション資料

アジャイルになるにあたってのツールとの付き合い方やツールを活用した際のイメージを共有するための資料です。資料で伝わらない部分は直接聞いてくださいませ。

お問い合わせ:
https://www.servantworks.co.jp/contact/
contact@servantworks.co.jp

profile-image

長沢 智治

@nagasawa

作者について:

サーバントワークス株式会社 代表取締役/チーフアジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador NOTA株式会社 アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)!

スライド一覧
シェア
埋め込む»CMSなどでJSが使えない場合

公開日

2020-01-08 15:00:00

各ページのテキスト

1. Sola city Hall (EAST) January 9, 14:25 – 14:45 Going Agile with T 長沢 智治 Tomoharu Nagasawa © 2020 Tomoharu Nagasawa All Rights Reserved. ls

2. Speaker 長沢 智治 Tomoharu Nagasawa n Agent of A.G.I.L.E. n エバンジェリズム研究所 代表 n DASA Ambassador n Nota Inc. Service Evangelism Lead n Uhuru Evangelist

3. Business Agile Mentor Marketing Advisor Player as Agent n アジャイル支援 n 企画・運営支援 n アジャイル研修 n 共生マーケティング n 成功に貢献 n ツール選定・導入 n 協働ワーク支援 【2社 支援中】 【2社 支援中】 n ロールを担う n 広報活動 【4足のわらじ】

4. Message ツールが使いこなせていないのは チームが機能していないからです

5. Reasons よくある問題: n ツールに踊らされてしまう n ツールを使ってくれない n ツールがチームに馴染まない

6. Team これらはチームの問題です

7. Team チームの問題: n 問題から目を逸らしている n 共通認識が持てていない n 他人事になっている

8.

9. Team n 共通の目的 n やり方を共有 n フォロー関係

10. Team n 共通の目的 価値・結果 n やり方を共有 ゲームのルール n フォロー関係 機能横断

11. Agenda n ツール導入の目的 n ツール活用の勘所 n ツールのある世界のイメージ

12. Tools 手に馴染む道具としてのツール 道具 skill speed

13. Tools 環境 力を発揮できる「場」

14. Tools 対話 チーム内外とのコンセンサス

15. Agenda n ツール導入の目的 n ツール活用の勘所 n ツールのある世界のイメージ

16. Steps Get Clean Get Clean

17. Steps Get Clean Stay Clean Stay Clean

18. Steps Get Clean Flow of Value Stay Clean Flow of Value

19. Steps Get Clean Productivity Productivity Stay Clean Flow of Value

20. Roles n ツールメンター n 省力化・自動化 n ブリッジ (粒度調整/可視化)

21.

22. 省力化・自動化 透明性 結果に集中 共同所有 ムダ取り

23. Guruʼs View ALM & Scrum Necessary But Not Sufficient for Agility ALM Summit 2010 at Redmond Ken Schwaber 要約: 以下の点でツールはスクラムをサポート n プロセスの自動化 n 関連と追跡可能性 n レポーティング 簡潔に目的を遂行する方向性と ビジネス目標へのツール活用にフォーカスせよ

24. Guruʼs View Whitepaper: Tools for Agility 2008, Microsoft Whitepaper Kent Beck n 作業間のスムーズな移行 English Japanese n 自動テストの対象範囲の拡大 n 透明性 n リアルタイムな共同作業

25. Agenda n ツール導入の目的 n ツール活用の勘所 n ツールのある世界のイメージ

26. Value Flow 価値・結果の流れ n 粒度の違いで考える n モノの流れで考える n 情報で整理する

27. Value Flow ビジネス 粒度 アイデア 価値 運用 バックログ コード 機能 タスク 開発 ビルド

28. Value Flow アイデア バックログ コード ビルド モノの流れ ツールの活用場所 ステージング 本番

29. Value Flow アイデア モノの流れ バックログ コード ビルド ステージング 本番

30. Value Flow 情報の整理 Daily Scrum PRODUCT BACKLOG Backlog Refinement Sprint SPRINT BACKLOG Acceptance INCREMENTS

31. Value Flow RELEASE User Feedback 情報の整理 Product Feedback Business Value Daily Scrum Release Planning RELEASE BACKLOG PRODUCT BACKLOG Backlog Refinement Sprint SPRINT BACKLOG Acceptance INCREMENTS

32. Value Flow Business ← Development Chat User Feedback 情報の整理 Business Planning Deploy Backlog Define Business → Development Build VCS

33. Conclusion ツールで n チームの成熟度を測る n プロダクトとプロセスの過程を知る n やりたいことを加速する すなわち、ツールは使いよう チームとプロダクトにフォーカスすべし

34. ぜひ、お話ししましょう! nagasawa@evangelism.jp @tnagasawa www.evangelism.jp