【#VSUG DAY】Team Foundation Server を乗りこなすコツ教えます

124 Views

December 08, 10

スライド概要

2010.12.11 に開催された VSUG DAY 2010 Winter で実施したセッション資料です。

お問い合わせ:
https://www.servantworks.co.jp/contact/
contact@servantworks.co.jp

profile-image

サーバントワークス株式会社 代表取締役/チーフアジャイルコーチ/エバンジェリスト DASA Ambassador DASA DevOps 認定トレーナー NOTA株式会社 アドバイザー 講演や支援のご相談はぜひお気軽に(ご相談は無料です)! PSPO II, PSM II, SPS, PAL-EBM, PAL I, PSU I, PSK I, PSD I, PSPO I, PSM I, CSM

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

VSUG Day 2010 Winter Team Foundation Server を乗りこなすコツ教えます 知る、そして評価する編 マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト / シニア プロダクト マネージャー 長沢 智治 Scrum Alliance 認定スクラムマスター

2.

ツールは、所詮、道具にすぎない。 ツールに踊らされるのではなく、ツールはうまく使うことが大切。 そう、ツールを導入することを最終ゴールにしてはならない。 長沢 智治 VSUG DAY 2010.12.11

3.

Who am I ? ながさわ ともはる 長沢 智治 • マイクロソフト所属 – エバンジェリスト – シニア プロダクト マネージャー • Scrum Alliance 認定スクラムマスター • 趣味: – 海水魚飼育 Twitter: @tomohn ブログ: blogs.itmedia.co.jp/nagap blogs.msdn.com/tomohn VSUG DAY 2010.12.11

4.

四 . 前 に 進 む た め に 三 . と り あ え ず 試 す 二 . 誰 の た め の も の か 一 . サ フ チ ー ァ ー バ ウ ム ー ン と デ は ー シ ョ ン VSUG DAY 2010.12.11 本 日 の お し な が き

5.

本セッションの概要文より Team Foundation Server 2010 の登場により、 どのような開発プロジェクトでもチーム開発基盤を手に入れる ことが容易になりました。 とはいえ、チーム開発をあまり意識していない開発現場だとなか なか TFS のメリットを実感するまで時間がかかる かもしれません。 本セッションでは、 「VSSやSVNなどのバージョン管理でいいんじゃないの?」 と思っている開発現場に真の意味でのチーム開発を 根付かせるための TFS 評価術を60分-1スプリントにて、 ゆるくお伝えします。 VSUG DAY 2010.12.11

6.

VSUG DAY 2010.12.11

7.

本日は、どうしましょうか? TFS を知る TFS を評価する VSUG DAY 2010.12.11

8.

VSUG DAY 2010.12.11

9.

Team Foundation Server とは • Team Foundation Server (愛称: TFS) は、ソースコントロール、 データ収集、レポーティング、 プロジェクトのトラッキングを提供する。 • これにより、コラボレーティブなソフトウェア 開発プロジェクトを支援するものである。 稚訳: 長沢 智治 http://en.wikipedia.org/wiki/Team_Foundation_Server 日本語の Team Foundation Server の項目がないようです! どなたか、よろしくお願いいたします <(_ _)> VSUG DAY 2010.12.11

10.

Team Foundation Server の全体観 開発者 テスト担当者 Java 開発者 VB 6 開発者 組込み開発者 プロジェクト マネージャー 利害関係者 デザイナー/UX 顧客/ビジネス アナリスト 運営アイディアの実装:  タスクボード  行燈  ポートフォリオ管理  勤怠管理  追跡可能性の可視化 チームを最適なツールとインターフェイスで チーム開発のファウンデーション (基盤) を提供 “つなぐ” VSUG DAY 2010.12.11 TFS as a Platform  OSS ツール  3rd Party ツール  内製ツール

11.

TFS | All-in-One ALM Open Platform • チームをシンプルに結束する オールインワンの開発インフラ VSUG DAY 2010.12.11

12.

TFS の構成 • 2 つの選べる構成 基本構成      標準構成 DB: SQL Server Express も OK クライアント OS にも導入 OK 簡素なセットアップで、強固な開発基盤 文書管理、ポータル、レポートがない Visual SourceSafe などからの移行 に ”やさしい” 構成  簡素なセットアップで、強固な開発基盤  文書管理、ポータル、レポートもある フルセットを提供  Visual SourceSafe などからの移行 に ”強力” 構成 VSUG DAY 2010.12.11

13.

何を評価したいか?による選別 • バージョン管理にフォーカス – Visual SourceSafe からの移行 – 他のバージョン管理ツールからの移行 基本構成 • 開発基盤の基本操作を評価したい – レポートやダッシュボードはできることを前提 – チームメンバーの操作感だけすぐに評価したい 基本構成 • Visual Studio, Excel, Eclipse, Test Manager • 開発基盤の全体を評価したい – 特に、プロジェクト管理支援、レポートやダッシュボード – そのまま、実プロジェクトへの移行も考えたい VSUG DAY 2010.12.11 標準構成

14.

Team Foundation Server トポロジ • サーバー+クライアント アクセス モデル もっとも単純なトポロジ 適度なトポロジ 複雑なトポロジ 単純なトポロジ VSUG DAY 2010.12.11 出典: MSDN ライブラリ

15.

バージョン管理だけでいいんじゃないの? VSUG DAY 2010.12.11

16.

本来やりたいこととは、何か? • 効率、専念: – 開発業務に専念 • ノイズを減らす • 終わったらサクッと次へ進める • 信頼と安心、そして自信: – 顧客に価値を提供し続ける – 自分、チームの作っているソフトウェアへの自信 ⇒ すべてをさらけ出すだけの信頼 = 透明性 VSUG DAY 2010.12.11

17.

TFS is NOT too much Add  “ファイルの” バージョン管理 Update Update  ファイルベース リポジトリ Add Check in Delete Rev. # ++  ソフトウェア構成のバージョン管理  変更セット  分岐とマージ  ポリシー Add Update  データベース リポジトリ Add Check in Update Delete Delete 変更セット # チェックポイント! ✔ 本当にやりたいことはなにか? ✔ 本当に把握できるのか? VSUG DAY 2010.12.11

18.

TFS is NOT too much  “ファイルの” バージョン管理のみ  “ソフトウェア構成の” バージョン管理  タスクやバグなどの 作業項目の追跡  ビルドの自動化と管理 Add Update Delete タスクやバグ チェックポイント! ビルド成果物 変更セット # ✔ 本当にやりたいことはなにか? ✔ はたして把握できるのか? VSUG DAY 2010.12.11

19.

Team Foundation Server の意義 • “透明性”: 顧客と開発者が自身のために選択するもの Tool for Agility by Kent Beck, 2008 • 押し付けられるのがいやなら、自らが選択し、 活用すればいい。自分たち、そして顧客のために。 T. Nagasawa, VSUG DAY 2010 Team Foundation Server はそのためのもの VSUG DAY 2010.12.11

20.

Team Foundation Server • 開発者 vs. 開発者 なんで彼はいつも ビルドも通らないもの をチェックインするんだ なんで私だけが こんなに 忙しいんだろうか? 開発者 A 開発者 B VSUG DAY 2010.12.11

21.

Team Foundation Server • 開発者 vs. 開発者 自分の作業も彼の作業も 常に品質が保たれている。 自信が持てる! 自分の作業は終わった。 彼の作業をフォローしよう か TFS 開発者 A 開発者 B VSUG DAY 2010.12.11

22.

Team Foundation Server • プロジェクト管理者 vs. 開発者 進捗はどうなんだ? 品質は?どのタイミングで 聞けば機嫌がいいのか 集中したいのに、 なぜ今聞いてくるんだ! 本業に専念できない プロジェクト管理者 開発者 VSUG DAY 2010.12.11

23.

Team Foundation Server • プロジェクト管理者 vs. 開発者 リアルタイムに状況がわかる から聞きまわる必要がない! 本来のフォローができる 自分の本来の仕事に専念 していれば適切なフォローが 受けられる TFS プロジェクト管理者 開発者 VSUG DAY 2010.12.11

24.

Team Foundation Server • 開発者 vs. テスト担当者 どういうテストしたんだ! まったく再現しない。 情報が足りない こっちは多くのテストをこな しているんだ! いつになったら直るんだ 開発者 テスト担当者 VSUG DAY 2010.12.11

25.

Team Foundation Server • 開発者 vs. テスト担当者 バグの再現方法がすぐに 把握できる! バグの改修も迅速に! 今、どのテストを実施すべき かよくわかる! TFS 開発者 テスト担当者 VSUG DAY 2010.12.11

26.

本日のデモ環境 すべて評価版 ≒ 無償で環境を構築し試せる! 開発クライアント サイドの環境 開発サーバー サイドの環境 Team Foundation Server 2010 評価版 App 層 Visual Studio 2010 Ultimate 評価版 Build SQL Server 2008 SP1 Express (Data 層) Eclipse w/ Team Explorer Everywhere 2010 SP1 beta 評価版 Windows Server 2008 R2 評価版 Hyper-V VSUG DAY 2010.12.11

27.

一連の開発ライフサイクルをデモ VSUG DAY 2010.12.11

28.

本セッションを活かしていただくために To Do Doing VSUG DAY 2010.12.11 Done

29.

Who is next? 知る、そして評価する編 ◎×△◇○編 VSUG DAY 2010.12.11

30.

Visual Studio 2010 キャンペーン お見積り依頼でプレゼント?! 評価版ユーザーには 今すぐ使える Standard エディション ユーザーなら、 詳しくは VSUG DAY 2010.12.11

31.

おすすめのイベント http://www.innovationsprint.com • • • 2011 年 1 月 13 日 @ 楽天タワー (品川シーサイド) 参加費: 無料 インフラジスティックス社による TFS 導入事例セッションあり VSUG DAY 2010.12.11