Teams を使ったオンライン講習会Tips

348 Views

May 29, 20

スライド概要

2020/05/28-29 に行われたMicrosoft 365 Virtual Marathon http://www.m365virtualmarathon.com/ でお話したセッションスライドです

profile-image

2023年8月4日より利用開始

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

MICROSOFT 365 Virtual MARATHON May 27 & 28, 2020 36 hours / 2 days Teams を使ったオンライン講習会Tips Mokudai Masayuki Microsoft MVP for Office Apps & Services @mokudai Brought to you by: The Global Microsoft Community M365VirtualMarathon.com | #M365VM

2.

MICROSOFT 365 Virtual MARATHON Mark Your Calendars :2021/3/23-25 May 27 & 28, 2020 36 hours / 2 days March 23-25, 2021 MGM Grand Resort Las Vegas, Nevada, USA M365Conf.com #M365CONF The SharePoint Conference is now The Microsoft 365 Collaboration Conference Brought to you by: The Global Microsoft Community M365VirtualMarathon.com | #M365VM

3.

Thank you to all our generous sponsors

4.

M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP 自己紹介 ▪ 目代昌幸(もくだい まさゆき) ▪ トレノケート株式会社  PowerAppsで実践する業務アプリのローコード開発ハンズオン  Enabling Microsoft Teams for Collaboration (MS-300T03)  Office 365 管理の基礎(仮 Brought to you by: The Global Microsoft Community & M365Conf.com | #M365CONF

5.

M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP もくだいさん ◼ Japan Office365 Users Group http://jpo365ug.com ◼ もくだいさんのOffice365至高のレシピ http://mokudai.jp ◼ Twitter @mokudai #o365jp ◼ Facebook コミュニティ 「Office365 コミュニティ」 https://www.facebook.com/groups/Office365Com.jp/ Brought to you by: The Global Microsoft Community & M365Conf.com | #M365CONF

6.

抽選会に参加しよう! 抽選で Oculus Quest All In One! (3名様)が当たる! ▪ ベンダーブースやセッションに参加し、ビデオを見よう ▪ 答えを送信して、抽選会にエントリーしよう ▪ 抽選で当たるには、少なくとも 5つ正解する必要があります (米国、APAC, EMEA ごとにそれぞれ1つ当たります) https://bit.ly/m365raffle

7.

スポンサーからの寄付金の 10% は地域社会の救済支援に使われます 詳細は [email protected] までお問合せください 次のチャリティー救済基金への寄付をご検討ください : UNITED WAY: HTTPS://GIVE.UWKC.ORG/M365VM INTERNATIONAL MEDICAL CORPS: HTTPS://BIT.LY/MEDICALCORPSFUND

8.

コミュニティの紹介

9.

Japan Office 365 Users Group ▪ Facebook  https://www.facebook.com/groups/Office365Com.jp ▪ Connpass  https://jpo365ug.connpass.com/ ▪ Twitter ハッシュタグ  #o365jp #m365jp ▪ Web Site  http://jpo365ug.com/

10.

M365VirtualMarathon.com このセッションの目的 ▪ オンライン打ち合わせと講義の違い ▪ 物理的な準備環境 ▪ Office 365 はいいぞ。 ▪ 体制大事 #M365VM #M365JP

11.

オンライン打ち合わせと、講義のちがい ▪ どんな情報を提供しているのか確認

12.

オンライン打ち合わせと、講義のちがい オンライン打ち合わせ ◼ PPT等資料 ◼ デモンストレーション ◼ 会話 講義 ◼ PPT等資料 ◼ デモンストレーション ◼ 発問(アンケート) ◼ 質問への返答 ◼ グループワーク M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP

13.

コース運営中に確認する情報 M365VirtualMarathon.com #M365VM 講師が確認するもの ◼ 質問などへのリアクション ◼ チャット ◼ PPTスライドのノート(あんちょ こ) 受講者に見せるもの:オンライン配信するもの ◼ PPT等資料 ◼ 電子テキスト ◼ デモンストレーション ◼ 板書 ◼ 参考Webサイト #M365JP

14.

M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP 物理セッティング ▪ 私の環境の紹介 Brought to you by: The Global Microsoft Community & #M365VM M365VirtualMarathon.com M365Conf.com | #M365CONF

15.

M365VirtualMarathon.com 私の配信環境 #M365VM ① ② ① ③ ④ ⑤ ⑤ ⑥ ② ④ 外 ⑥ #M365JP 外部ディスプレイx1枚 コンデンサマイク(趣味) 時間を確認するスマホ プレゼンPC本体 Webカメラを中央に設置 都合の良いことに自社PCにはこ こに内蔵カメラがあります 別アカウントログインした、 仮想受講者PCを横に配置 ③ ディスプレイを縦に並べて、 顔の移動を最小限にするのがポイント

16.

Teams 外部共有 M365VirtualMarathon.com #M365VM ▪ 外部ディスプレイ全体の「画面 No.2」を共有します!←ココ試験に出ます! #M365JP

17.

デスクトップ 2 に表示するもの システムオーディオを含めま す M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP PPT(閲覧表 示) ブラウザ MSTSC 電子テキスト whiteboard ウィンドウ表示 にすることで自 由に見せること ができる

18.

ホワイトボード(物理)を使う場合 ◼ ◼ ◼ M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP 別途カメラを設置 Windowsアプリ「カメラ」で ホワイトボードを撮影 ウィンドウ表示でデスクトップ2で表 示

19.

ホワイトボード(物理)を使う場合 M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP Teams チャット PPTあんちょこ 閲覧表示にする とノートを確認 することができ ない(発表者 ツールを表示で きない)

20.

全体的な物理配置 M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP 受講者が見てる画面 ブラウザでアクセスして 名前:講師2nd 講師PC

21.

M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP Office 365 はいいぞ ▪ Teams だけでは不十分。各種サービスを併用する Brought to you by: The Global Microsoft Community & #M365VM M365VirtualMarathon.com M365Conf.com | #M365CONF

22.

インスタント会議 or チーム会議 インスタントな会議 Teams招待不要 ◼ MSアカウント不要 ◼ 主催者のみファイル共有可能 ◼ M365VirtualMarathon.com #M365VM チームに招待した会議 ◼ いいね! ◼ チャネルを指定した会議 ◼ 参加者もファイルタブにアップ ロード ◼ 会議後もディスカッション継続 ◼ チャネルを使ったグループワーク 数日間の研修、宿題、グループディスカッション等を行 う 場合は、専用チームを作成してそこで行うのが良い #M365JP

23.

参考:教育機関向け Teams クラス単位でチームを作ろう https://support.office.com/ja-jp/article/microsoft-teams%E3%81%A7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E4% BD%9C%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B-fae422eb-58b7-4431-9ff2-a4b9b6ae7c5b M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP

24.

アンケートは Microsoft Forms M365VirtualMarathon.com #M365VM ▪ 目的のある「発問」は毎回再利用する  コピー:同じ内容をコピー  移動:移動先のチームを指定 コピーして移動すると毎回同じ質問を再利用できる 良く知らないけど、Zoomは再利用できないらしい #M365JP

25.

オンライングループワーク ▪ https://youtu.be/hUUbA53ouSo?t=32 M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP

26.

M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP 体制は超大事 ▪ オンラインだからこそのスケールメリットのため にも Brought to you by: The Global Microsoft Community & #M365VM M365VirtualMarathon.com M365Conf.com | #M365CONF

27.

ひとりでもできるけど、、、 ▪ 講義しつつ、 ▪ チャットに貯まる質問に回答し、 ▪ 回線落ちをサポートし、 ▪ リアクションの全くない画面に向かって、 正直しんどい M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP

28.

こんな体制で新入社員研修は行われています。 M365VirtualMarathon.com 役割 メイン講師 実際のメインで話す人 司会進行 開始/終了時の事務連絡やタイムキーパー オペレーター Teams の画面共有などテクニカル対応 サブ講師 チャット等での質問に対応 グループワークの巡回 メイン講師のギャグに反応する (メイン講師と同スキル) マネージャ 判断、決定をするひと 複数クラスを掛け持ち #M365VM #M365JP

29.

ひとつの研修にこんな大人数 ▪ 集合教育だと、教室のキャパ的に40人程度が限度 ▪ オンラインだと数百人でも同時参加が可能 ▪ サポート講師が増えるだけ ▪ スケールメリットがある M365VirtualMarathon.com #M365VM #M365JP

30.

まとめ M365VirtualMarathon.com #M365VM いろんな意味で体制大事! ▪ 配信機材と配置の準備大事 ▪ Teams 以外のツールも使う ▪ 人員をかけて、より多くの人に届ける #M365JP

31.

M365VirtualMarathon.com MICROSOFT 365 Virtual MARATHON May #M365VM 27 & 28, #M365JP 2020 36 hours / 2 days ご参加いただき、ありがとうございました! ご質問はありますか? Speaker feedback https://bit.ly/M365VMSpeakerFeedback Event feedback https://bit.ly/M365VMFeedback