フォトグラメトリ事例 メイキング紹介「旧都城市民会館VR」

3K Views

October 15, 23

スライド概要

旧都城市民会館の屋外から屋内まで、広域な空間をフォトグラメトリした事例。
フォトグラメトリ撮影ノウハウ、RealityCaptureによるフォトグラメトリ処理、VR制作のTIPS等、フォトグラメトリコンテンツの作り方をご紹介。
レーザースキャンやRTK-GNSSの併用も解説。

VRは↓こちらからご体験いただけます
https://lilea.net/lab/miyakonojo-civic-center-xr/

profile-image

🍅藤原龍 Ryo Fujiwara / ホロラボ HoloLab Inc. 📸仕事、趣味で物理空間をフォトグラメトリやレーザースキャンで3DデジタルアーカイブしてVRやARのデジタルツインコンテンツつくったりしてる人 🎨制作依頼も承り

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

龍 lilea / ホロラボ フォトグラメトリ メイキング紹介 旧都城市民会館VR 龍 lilea / ホロラボ

2.

旧都城市民会館 全部入り事例!  ドローン → 地上からの死角をカバー  レーザースキャン → mm精度+遠距離  RTK-GNSS → cm精度な緯度経度情報 https://youtu.be/myrg0xmQ2jk ガチなフォトグラメトリをやる場合はこれらの併用は必須そう… 2

3.

旧都城市民会館 解体となった旧都城市民会館 3次元デジタルアーカイブプロジェクト gluon + KUMONOS 主催  KUMONOS Faro4台でのレーザースキャン  xRArchi 一眼でのフォトグラメトリ用撮影 (masanagaさん・私) Insta 360 Pro 2での360VR写真撮影 (私)  福岡大学 ドローン空撮(大隣さん) 3

4.

旧都城市民会館 WebAR化 ハッシュタグ #旧都城市民会館AR こちらからARが起動できます https://xrarchi.lilea.net/miyakonojo 4

5.

ドローン併用 5

6.

ドローン併用 地上写真のみだと屋根と空が一体化してしまう 手で直していくのはしんどい 6

7.

ドローン併用 ドローンで俯瞰写真を撮影 7

8.

ドローン併用 屋根の上面が生成出来る 空との一体化が防げる 8

9.

ドローン併用 地面のテクスチャ品質もあがる 9

10.

ドローン併用 ドローン写真と地上写真を繋げる撮影テクニック Reality Capture公式データセットの例 タンザニア キルワ キシワニ遺跡 データセット https://openheritage3d.org/project.php?id=5b6m-ap62 10

11.

レーザースキャン併用 11

12.

レーザースキャン併用 写真とレーザースキャンのいいとこどりが可能!  写真 → 高品質テクスチャ  レーザースキャン → mm精度+遠距離 12

13.

レーザースキャン併用 写真のみ 暗所であったこともあり位置推定精度が低くメッシュはひどい状態 13

14.

レーザースキャン併用 レーザースキャンのみ 形状は綺麗に取れているがテクスチャは荒い 14

15.

レーザースキャン併用 レーザースキャン × 写真 形状はレーザースキャン テクスチャは一眼 15

16.

レーザースキャン × 写真 フォトグラメトリ 16

17.

レーザースキャン × 写真 フォトグラメトリ 17

18.

レーザースキャン併用 点群ならなんでも使えるわけではない…  機械点情報(ビューポイント)を持った点群 レーザースキャナ自身の位置情報が必要  レジストレーション済の点群 位置合わせの処理は済ませておく必要がある  高密度の点群 低密度だと写真との位置合わせ時に失敗する  .e57 .ptx 機械点情報を持てるフォーマット 18

19.

レーザースキャン併用 位置とメッシュの精度はレーザースキャンに任せ、 写真撮影はレーザースキャンの死角とテクスチャ生成用と割り切れる  モデルの品質 大幅向上  モデルの修正コスト 大幅削減 工数削減できる上モデルの品質も上がる ただし機材は300万(BLK360)~900万(RTC360)超え… 19

20.

レーザースキャン併用 「Open Heritage」のデータセットにはレーザースキャンも含まれている レーザースキャンデータを使ったワークフローのスタディに最適 https://openheritage3d.org/news.php?p=expanding-the-ways-to-work-with-open-heritage-data ※データは数百GBあるので注意 20

21.

RTK-GNSS併用 21

22.

RTK-GNSS併用 フォトグラメトリは移動するほど誤差がかさむ… → GNSSで得た緯度経度情報を活用する! 取得した緯度経度情報(csv) Reality Captureへ読み込ませる 22

23.

RTK-GNSS併用 地上の特徴点を測量する cm精度で現在地が表示される 23

24.

RTK-GNSS併用 計測地点例 コントラストが強く、移動する事のない、特徴的なポイントを計測 24

25.

RTK-GNSS併用 某案件では… 全長2kmに渡るフォトグラメトリで地図と一致 地理的にも正確なモデルとなる事でシミュレーションへの活用も可能に 25

26.

Azure Remote Rendering活用 26

27.

Azure Remote Rendering フォトグラメトリモデルは重い… → クラウドレンダリングでサクサク! 27

28.

Azure Remote Rendering 1億ポリゴンAR 断面表示も軽快 https://youtu.be/ZoN-R66lxq4 28

29.

Azure Remote Rendering 2億ポリゴンでも60FPS 29

30.

Azure Remote Rendering 開発せずとも「使える」アプリが用意されている 「Showcase」アプリ  断面を表示する  マテリアルを変える  モデルを分解  アウトライン表示 30

31.

Azure Remote Rendering セットアップ手順ブログにまとめました https://lilea.net/lab/how-to-setup-azure-remote-rendering/ Azureって何?という私がアカウント 作ってみるとこから初めた全部入り備忘録 de:code 2020にもセッションがある https://decode20-vevent.cloud-config.jp/session/38 31