ICSをビルドしてみた

187 Views

November 19, 11

スライド概要

ICSをビルドしてみた
横浜Androidプラットフォーム部
2011.11.19

profile-image

とりあえず登録。 数年後、Slideshareからデータ移行。 ただし、一部ファイルは移行できず。無念。

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

ICSを ビルドしてみた 横浜Androidプラットフォーム部 2011.11.19 [email protected]

2.

前回やらなかったので、 自己紹介

3.

そんなのイラナイ! 早く先にススメ! って人、挙手!

4.

でもヤル!

5.

•今日の役割:横浜PF部メンバ 日本Androidの会 運営委員/金沢支部長/組み込みWG/ •税務署的な職業: サラリーマン/組み込みLinux製品企画開発 7月からTabletやってますが... •keyword: Linux, iohack, Zope, bittorrent, KNOPPIX, LANTANK, GLANTANK, MAKAI, web.py, CryptoNAS, FreeTANK, Chumby, Android

6.

最近の活動

7.

・オライリー『初めてのAndroid 第3版』 監修チーム ・日経Linux 2011年3月号 (2/8) 最新 Android 2.3 大解剖 Part4: PC向け最新版「Android 2.2」をネットブックで動かす ・ASCII technologies 2011年3月号 (2/24) 徹底解剖 Android 2.3&3.0 Part 2 ここが変わった!Androidアプリケーション開発環境構築法 Part 3 Gingerbreadで大きく変わった Androidのフルシステムビルド環境を作る ・週刊アスキー 2011年11月1日号(10/18) Android-x86のご意見版 きんねこ氏にハニカム版について聞いてみた!

8.

お約束! 転職先募集中!

9.

では、本題。

10.

ICS、syncして ビルドしてみた人、 挙手!

11.

まぁ、そんなに いないよね...

12.

ってか、いたら驚く!

13.

前回のAOSPミラーを repo syncで アップデートする

14.

まる2日くらい かかりました...

15.

EMobileなので 帯域が狭いだけです...

16.

error: RPC failed; result=28, HTTP code = 0 fatal: The remote end hung up unexpectedly 今回も多発しました...

17.

error: Exited sync due to fetch errors 今回も多発しました...

18.

error: error: error: error: error: error: error: Exited Exited Exited Exited Exited Exited Exited sync sync sync sync sync sync sync due due due due due due due to to to to to to to fetch fetch fetch fetch fetch fetch fetch errors errors errors errors errors errors errors error: Exited sync due to fetch errors error: Exited sync due to fetch errors error: Exited sync due to fetch errors error: Exited sync due to fetch errors error: Exited sync due to fetch errors

19.

使用容量は? [email protected]:~/AOSP$ du -sh ./ 8.1G ./ Gingerbreadでは、3.3GBだったのよ...

20.

ローカルミラーから repo syncする

21.

[email protected]:~$ mkdir ICS [email protected]:~$ cd ICS/ [email protected]:~/ICS$ ../repo init -u ../ AOSP/platform/manifest.git -b android-4.0.1̲r1 [email protected]:~/ICS$ time ../repo sync (略) repo initialized in /home/kinneko/ICS

22.

- 前回の教訓 ミラーのsyncがうまく いったからといって、 ファイルが壊れていない 保証はない!

23.

今回は、 リポジトリの破損は ありませんでした

24.

- 前回の教訓 - 快適すぎです。 AOSPは ミラーして使いましょう 手順は前回資料で!

25.

fetchするプロジェクト数は? 221 Gingerbreadでは、170だったのよ... 当然ながらsyncの時間も長くなる。

26.

syncにかかる時間は? real 6m43.091s user 12m13.370s sys 1m0.880s Gingerbreadでは、 real 2m12.760sだったのよ... 3倍弱...

27.

とてもネット経由で 単体syncやる気にならないな... 鯖側の負荷もバカにならないだろうし、 AOSPのミラー手順が準備されるわけだね。 そろそろ、重いターゲット部分は 分離式にしたほうがいいのじゃないだろうか。

28.

あと、-j指定しなくても repoが2スレッド動作している疑惑。 ミラーの時も1つずつ取得ではなかった。 前から?

29.

ビルドしてみる

30.

- 前回の教訓 ビルド時間は お金で買える!

31.

model name : i7 980 3.33GHz Intel(R) Core(TM) CPU MemTotal: 12323396 kB @

33.

- 前回の教訓 どのみち、 ICSのビルドには、 このくらいのリソースが 必要です。

34.

その検証

35.

[email protected]:~/ICS$ export ARCH=arm [email protected]:~/ICS$ export PATH=/home/kinneko/ panda/L27.12.1-P2/build̲tools/arm-2010q1/bin:/usr/ bin:/bin [email protected]:~/ICS$ export CROSS̲[email protected]:~/ICS$ . build/envsetup.sh including device/samsung/maguro/vendorsetup.sh including device/samsung/tuna/vendorsetup.sh including device/ti/panda/vendorsetup.sh including sdk/bash̲completion/adb.bash

36.

[email protected]:~/ICS$ lunch You're building on Linux Lunch menu... pick a combo: 1. full-eng 2. full̲x86-eng 3. vbox̲x86-eng 4. full̲maguro-userdebug 5. full̲tuna-userdebug 6. full̲panda-eng Which would you like? [full-eng] 1

37.

マグロにツナ? トロもあるらしい...

38.

Panda標準かよ!

39.

========================================= PLATFORM̲VERSION̲CODENAME=REL PLATFORM̲VERSION=4.0.1 TARGET̲PRODUCT=full TARGET̲BUILD̲VARIANT=eng TARGET̲BUILD̲TYPE=release TARGET̲BUILD̲APPS= TARGET̲ARCH=arm TARGET̲ARCH̲VARIANT=armv7-a HOST̲ARCH=x86 HOST̲OS=linux HOST̲BUILD̲TYPE=release BUILD̲ID=ITL41D =========================================

40.

[email protected]:~/ICS$ time make -j12 ========================================= (略) real 27m59.741s user 248m55.610s sys 14m48.130s Gingerbreadでは、12m2.785s。 2.3倍 くらい。

41.

RAMの使用は? ピーク時で 9.1GB コンスタントに3G中盤〜後半あたりは使う。 Ubuntu込みで、RAM 8GBが実用ミニマムだろう。 実際は12GBほしいところ。 4GB台は普通に利用があるので、 4GRAMだとswapしてさらに遅くなる。

42.

必要なCPU数は? CPUは常に上に張り付いているわけではないけど、 7割くらいはいっぱい。 ビルド環境にシングルコアではお話にならないだろう。 時間かかってもよければ、仮想含めて最低4コア? 普通は 8コアはほしい 。

43.

リポジトリサイズと、ソースコードサイズは? [email protected]:~/ICStest$ du -sh ./ 9.0G ./ [email protected]:~/ICStest$ rm -rf ./* [email protected]:~/ICStest$ du -sh ./ 4.4G ./ 4.6GBがソースコードのサイズか。

44.

ビルドに必要な容量は? full-engのビルド上がりだと、 [email protected]:~/ICS$ du -sh ./ 22G ./ Gingerbreadでは、仮想マシンに16GB割り当てれば、 結構余裕があったのに... 複数プロジェクトを維持するには、 結構なディスク容量を必要とするようになりました。

45.

マシンパワーないと 死ぬほどでもない。

46.

でも、やっぱり 「力は正義」

47.

おしまい

48.

おまけ

49.

のりつなたん うちのノートさんだと、 -j8 50m21s $ make 倍増だな。 で、 か・・・

50.

まごろくさん -j 12 40m28.223s $ time make real user 223m53.860s sys 13m56.310s 6coreなので、40.5mx6=243m ,(223.9+13.9)/243=0.97 CPU使用率97%。メモリ こっちも倍増です。 16G あると、waitなし。

51.

てつこばさん 私の環境だとICSのビルドは -j8 36分 make で 。

52.

solaさん core- i7 2.8GHz 16GB -j8 メモリ make 、 で した結果は 43m7.136s。 メモリは 9GB くらい使っていた時があった。 (ずっとは見てないので、最大かは不明)

53.

TACさめ 3GHz x 4, 3GB でICSビルドに j4 269分 で おそろしや 掛かった. のマシン

54.

恐竜先生 make real -j4 71m6.482s 。 user 253m49.840s sys 10m54.710s RAM 6GB でもほぼswapせずに完了。 MAX 4.5GBくらいだった。

55.

恐竜先生 -j4でx86ビルドしたら、 swapに1.5Gくらい飛んで進まなくなって涙目。 jarからdex作るところで-Xmx1536Mになってるのが 一番メモリ喰ってる。 並列数x1.5GBのメモリが必須。 javaプログラムなのでCPUはフルに8スレッド使ってくれてる。 real 102m50.419s user 344m53.480s sys 11m38.870s 9GBというのは、1.5GBフルに使うデカブツjar->dex変換が6個 並列するタイミングがあるということか。