RDS_Aurora関連アップデート

379 Views

April 16, 22

スライド概要

JAWS-UG 名古屋 "re:Invent" の復習 2021/12/17 LT 資料

profile-image

Qiita や Zenn でいろいろ書いてます。 https://qiita.com/hmatsu47 https://zenn.dev/hmatsu47 MySQL 8.0 の薄い本 : https://github.com/hmatsu47/mysql80_no_usui_hon Aurora MySQL v1 → v3 移行計画 : https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql3-plan-book

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

RDS / Aurora 関連アップデート JAWS-UG 名古屋 "re:Invent" の復習 2021/12/17 まつひさ(hmatsu47)

2.

自己紹介 松久裕保(@hmatsu47) ● https://qiita.com/hmatsu47 ● 現在のステータス: ○ 名古屋で Web インフラのお守り係をしています ○ しばらく RDBMS 関連の勉強会では登壇していませんでした ■ これ↓がラスト(5/31・JAWS-UG 名古屋) RDS_Aurora パフォーマンスインサイトのデータを Athena と QuickSight で見る ● 「MySQL 8.0 の薄い本」更新終了のお知らせ 2

3.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート ● re:Invent で発表があったもの ○ DevOps Guru for RDS ○ RDS Custom for SQL Server ○ DMS Studio & DMS Fleet Advisor ● それ以前の発表・提供開始分(気になったもの) ○ 移行・バージョンアップ関連 / 新バージョン ○ 可用性向上・安定稼働 / RDS Proxy 3

4.

re:Invent で発表があったもの ● DevOps Guru for RDS ○ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/12/amazon-devops-guru-r ds-ml-powered-capability-amazon-aurora/ ○ 機械学習を利用して DB のパフォーマンス・運用に関する問題を 自動的に検出・診断 ○ ボトルネックを数分で解決 4

5.

re:Invent で発表があったもの ● RDS Custom for SQL Server ○ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/12/amazon-rds-custom-sql -server/ ○ 基盤となるホストや OS などの設定をユーザが調整可能 ■ 例:ドライバーのインストール ○ 基盤管理の責任を AWS とユーザが共有 ○ Oracle 版は 10 月に GA 5

6.

re:Invent で発表があったもの ● DMS Studio & DMS Fleet Advisor(プレビュー) ○ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/12/aws-database-migratio n-service-aws-dms-studio/ ○ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/12/aws-dms-fleet-advisor/ ○ DMS の新しいマネジメントコンソール ○ 移行過程の各フェーズのためにツールを統合 ■ 移行を加速・簡素化 ■ https://dev.classmethod.jp/articles/new-aws-database-migration-service-studio/ 6

7.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 移行関連(他環境から・バージョンアップ・異種 DBMS 間など) ○ DMS 移行元(ソース)の追加 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-database-migration-goog le-cloud-sql-mysql/ ● ■ Google Cloud SQL for MySQL https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/aws-database-migration-servi ce-azure-sql-managed-instance/ ● Azure SQL Managed Instance 7

8.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 移行関連(他環境から・バージョンアップ・異種 DBMS 間など) ○ Babelfish for Aurora PostgreSQL(GA に) ■ https://aws.amazon.com/jp/rds/aurora/babelfish/ ● ■ SQL Server → Aurora PostgreSQL https://dev.classmethod.jp/articles/babelfish-for-aurora-postgresql-ga/ ○ RDS Custom ■ 前述(Oracle・SQL Server) 8

9.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 移行関連(他環境から・バージョンアップ・異種 DBMS 間など) ○ その他(リンクは省略) ■ メジャーバージョンアップのロールバック保護 ● ■ RDS for MySQL 5.7 → 8.0 Aurora インプレースアップグレード ● MySQL 5.6 互換→ 5.7 互換 ● PostgreSQL 11 互換→ 12 互換 9

10.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 新バージョン(Aurora のみ) ○ PostgreSQL 13 互換 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/08/amazon-aurora-po stgresql-13/ ○ MySQL 8.0 互換 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/amazon-aurora-m ysql-8-0/ 10

11.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 新バージョン(Aurora のみ) ○ 個人ネタ(MySQL Advent Calendar 2021 の 6 日目) ■ Aurora MySQL バージョン 1(5.6 互換)→バージョン 3(8.0 互換)間の dumpInstance() & loadDump() を試す ● https://qiita.com/hmatsu47/items/9db2ad8e8f41e44a54b7 ● そろそろ Aurora MySQL バージョン 1 の EoL が近づいてきた…? ● SELECT INTO OUTFILE S3 / LOAD DATA FROM S3 よりは楽に並列エクスポート &インポートができそう 11

12.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 可用性向上・安定稼働 ○ RDS クロスリージョン自動バックアップのリージョン追加 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/07/amazon-rds-cross-region-aut omated-backups-regional-expansion/ ■ 東京〜大阪の DR 対応 ■ Oracle・PostgreSQL 暗号化バックアップ 12

13.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 可用性向上・安定稼働 ○ Aurora Global Database マネージドフェイルオーバー ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/02/amazon-aurora-global-databa se-supports-managed-planned-failover/ ■ 計画的なフェイルオーバーとフェイルバックが可能に ○ AWS Backup が RDS の継続的バックアップと PITR をサポート ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/03/aws-backup-adds-support-for -continuous-backup-and-point-in-time-recovery-of-amazon-rds-instances/ 13

14.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 可用性向上・安定稼働 ○ 大阪リージョンで RDS for SQL Server の Multi-AZ 対応 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/04/amazon-rds-for-sql-server-no w-supports-high-availability-in-aws-asia-pacific-osaka-region/ ○ Aurora MySQL がリードレプリカの可用性を改善 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/05/amazon-aurora-mysql-improv es-availability-read-replicas/ ■ フェイルオーバー時に Reader の無駄な再起動がなくなる 14

15.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● 可用性向上・安定稼働 ○ RDS for PostgreSQL・MySQL の Multi-AZ 改善(プレビュー) ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/11/multi-az-deployment-amazonrds-postgre-sql/ ■ 3AZ が可能に ■ バックアップ側のインスタンスを Reader として活用可能に 15

16.

re:Invent 以前の発表・提供開始分 ● RDS Proxy(詳細リンクは省略) ○ Amazon Aurora レプリカの読み取り専用エンドポイント対応 ○ 複数の Amazon VPC からの DB 接続に対応 ○ PostgreSQL 12(RDS / Aurora)サポート ■ PostgreSQL 13 は未サポート https://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/AuroraUserGuide/Concept s.AuroraFeaturesRegionsDBEngines.grids.html#Concepts.Aurora_Fea_Regi ons_DB-eng.Feature.RDS_Proxy 16

17.

まとめ ● 2021 年の re:Invent ○ RDS / Aurora 関連の発表は少なかった ● 2021 年のアップデート ○ 他環境や異種 RDBMS 間の移行に力が入っていた(気がする) ○ 可用性向上に寄与する機能も地味に増えた(ような気がする) ○ Aurora MySQL 8.0 互換版(バージョン 3)がやっと出た ○ RDS Proxy も地味に進化した 17

18.

一つ忘れていた ● Aurora Driver ○ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/12/aurora-accelerates-dev elopment-aurora-driver-aws/ WS の高性能なインフラストラクチャと豊富な機能ポートフォリオを利用し、機械学習と 1 日数百万回の クラウドベースのシミュレーションにより、自動運転技術の安全かつ迅速なトレーニング、テスト、検証 を実施 18