RDS / Aurora 関連アップデート 2022

1K Views

December 23, 22

スライド概要

JAWS-UG 名古屋 2022 年 "re:Invent" の復習 ~ 忘年会 ~ 2022/12/23

profile-image

Qiita や Zenn でいろいろ書いてます。 https://qiita.com/hmatsu47 https://zenn.dev/hmatsu47 MySQL 8.0 の薄い本 : https://github.com/hmatsu47/mysql80_no_usui_hon Aurora MySQL v1 → v3 移行計画 : https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql3-plan-book

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

RDS / Aurora 関連アップデート 2022 JAWS-UG 名古屋 2022 年 "re:Invent" の復習 ~ 忘年会 ~ 2022/12/23 まつひさ(hmatsu47)

2.

自己紹介…は時間がないのでスキップ 松久裕保(@hmatsu47) ● https://qiita.com/hmatsu47 2

3.

RDS / Aurora 最新バージョン(2022/12/21 現在) ● RDS ○ MySQL 8.0.31 ○ MariaDB 10.6.11 ○ PostgreSQL 14.5-R1 ○ Oracle 21.0.0.0.ru-2022-10.rur-2022-10.r1 (マルチテナントの場合) ○ SQL Server 2019 15.00.4236.7.v1 3

4.

RDS / Aurora 最新バージョン(2022/12/21 現在) ● Aurora ○ MySQL 3.02.2 (8.0.23 互換) ○ PostgreSQL 14.5 互換 4

5.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS for MySQL & PostgreSQL 新しい Multi-AZ DB クラスター (2022/03)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-rds-multi-az-db-cluster/ ○ RDS IPv6 サポート(2022/04)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/04/amazon-rds-suppo rts-ipv6/ 5

6.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS for MySQL & PostgreSQL 新しい Multi-AZ DB クラスター (2022/03)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-rds-multi-az-db-cluster/ ○ RDS IPv6 サポート(2022/04)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/04/amazon-rds-suppo rts-ipv6/ 6

7.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS for MySQL & PostgreSQL 新しい Multi-AZ DB クラスター (2022/03)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-rds-multi-az-db-cluster/ ○ RDS IPv6 サポート(2022/04)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/04/amazon-rds-suppo rts-ipv6/ 7

8.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS for MySQL & PostgreSQL 新しい Multi-AZ DB クラスター (2022/03)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-rds-multi-az-db-cluster/ ○ RDS IPv6 サポート(2022/04)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/04/amazon-rds-suppo rts-ipv6/ 8

9.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ Aurora Serverless v2 GA(2022/04)東京(・大阪 2022/11) ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-aurora-serverless-v2-is-gener ally-available-instant-scaling-for-demanding-workloads/ ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-aurora-se rverless-available-v2-20-regions/ 9

10.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS 〜 EC2 間ワンクリック接続セットアップ(2022/08) 東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/08/amazon-rds-settin g-up-connectivity-rds-database-ec2-compute-instance-1-click/ ○ RDS gp3 ストレージボリュームサポート(2022/11)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-rds-gener al-purpose-gp3-storage-volumes/ 10

11.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS 〜 EC2 間ワンクリック接続セットアップ(2022/08) 東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/08/amazon-rds-settin g-up-connectivity-rds-database-ec2-compute-instance-1-click/ ○ RDS gp3 ストレージボリュームサポート(2022/11)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-rds-gener al-purpose-gp3-storage-volumes/ 11

12.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS 〜 EC2 間ワンクリック接続セットアップ(2022/08) 東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/08/amazon-rds-settin g-up-connectivity-rds-database-ec2-compute-instance-1-click/ ○ RDS gp3 ストレージボリュームサポート(2022/11)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-rds-gener al-purpose-gp3-storage-volumes/ 12

13.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以前のアップデート(気になったもの) ○ RDS 〜 EC2 間ワンクリック接続セットアップ(2022/08) 東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/08/amazon-rds-settin g-up-connectivity-rds-database-ec2-compute-instance-1-click/ ○ RDS gp3 ストレージボリュームサポート(2022/11)東京・大阪 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-rds-gener al-purpose-gp3-storage-volumes/ 13

14.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以外/その他(気になったもの) ○ 各種インスタンスタイプ/RI 廃止 ■ Aurora MySQL 互換 R3 2023/01/31 ■ RDS for MySQL M3, R3 2023/02/06 ■ RDS for Oracle M4, R4 2023/03/27 ■ RDS for SQL Server T2, M4, R4(RI) 2023/01/30 ■ https://blog.serverworks.co.jp/rds-and-aurora-instane-class-scheduled-for-reti rement-in-2022-early-2023 14

15.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent 以外/その他(気になったもの) ○ RDS / Aurora PostgreSQL 脆弱性により広範囲のマイナーバー ジョンが非推奨・新規作成停止に(2022/04) ■ https://aws.amazon.com/jp/security/security-bulletins/AWS-2022-004/ ○ OS 更新のためのイベントのサポートを開始(2022/10) ■ RDS-EVENT-0230 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/10/amazon-rds-event s-operating-system-updates/ 15

16.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● 番外 ○ RDS スナップショットから個人識別情報が漏洩(2022/11) ■ ユーザーがうっかり全世界に共有(パブリックを選択して) ■ https://www.mitiga.io/blog/how-mitiga-found-pii-in-exposed-amazon-rds-snap shots ■ https://news.mynavi.jp/techplus/article/20221118-2516562/ 16

17.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent またはその前後に発表されたアップデート ○ RDS for MySQL 読み取り高速化 東京・大阪 ■ MySQL 8.0.28 以降 ■ M5d, R5d, M6gd, R6gd ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-rds-optimi zed-reads-available-faster-queries-amazon-rds-mysql/ ■ https://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/rds-optimized-r eads.html 17

18.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent またはその前後に発表されたアップデート ○ RDS for MySQL 書き込み高速化 東京 ■ MySQL 8.0.30 以降 ■ R6i, R5b ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-rds-optimi zed-writes-2x-higher-write-throughput-no-cost/ ■ https://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/rds-optimized-w rites.html 18

19.

RDS for MySQL 書き込み高速化を試してみた ● 以下の条件でテスト ○ db.r5d.large(東京)& MySQL 8.0.31 & gp3 20GiB ○ mysqlslap で mixed / write シナリオで負荷を掛ける ■ mixed : 150/300/450 スレッド + write : 450 スレッド ● 結果は微妙だった(インスタンス小さすぎ?) ○ mixed / write とも 2 〜 3 % 程度速くなっただけ ● https://qiita.com/hmatsu47/items/5dd4528e2c22570bd29e 19

20.

RDS for MySQL 書き込み高速化を試してみた ● 以下の条件でテスト ○ db.r5d.large(東京)& MySQL 8.0.31 & gp3 20GiB ○ mysqlslap で mixed / write シナリオで負荷を掛ける ■ mixed : 150/300/450 スレッド + write : 450 スレッド ● 結果は微妙だった(インスタンス小さすぎ?) ○ mixed / write とも 2 〜 3 % 程度速くなっただけ ● https://qiita.com/hmatsu47/items/5dd4528e2c22570bd29e 20

21.

RDS for MySQL 書き込み高速化を試してみた ● 以下の条件でテスト ○ db.r5d.large(東京)& MySQL 8.0.31 & gp3 20GiB ○ mysqlslap で mixed / write シナリオで負荷を掛ける ■ mixed : 150/300/450 スレッド + write : 450 スレッド ● 結果は微妙だった(インスタンス小さすぎ?) ○ mixed / write とも 2 〜 3 % 程度速くなっただけ ● https://qiita.com/hmatsu47/items/5dd4528e2c22570bd29e 21

22.

RDS for MySQL 書き込み高速化を試してみた ● 以下の条件でテスト ○ db.r5d.large(東京)& MySQL 8.0.31 & gp3 20GiB ○ mysqlslap で mixed / write シナリオで負荷を掛ける ■ mixed : 150/300/450 スレッド + write : 450 スレッド ● 結果は微妙だった(インスタンス小さすぎ?) ○ mixed / write とも 2 〜 3 % 程度速くなっただけ ● https://qiita.com/hmatsu47/items/5dd4528e2c22570bd29e 22

23.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent またはその前後に発表されたアップデート ○ RDS / Aurora フルマネージド Blue / Green デプロイ 東京・大阪 ■ Aurora MySQL 互換 / RDS for MySQL , MariaDB ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-fully-managed-blue-green-deploy ments-in-amazon-aurora-and-amazon-rds/ 23

24.

Aurora で Blue / Green デプロイを試してみた ● 記事 3 つ ○ https://qiita.com/hmatsu47/items/cb69c0a4f0042b7666e7 ○ https://qiita.com/hmatsu47/items/922c4f23a1e66f948947 ○ https://qiita.com/hmatsu47/items/9a5afb73d2774600fdd9 24

25.

Aurora で Blue / Green デプロイを試してみた ● 以下をテスト ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→スイッチオーバー (Green 環境を本番化) ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→ v3 アップグレード ● 前者は問題なくできたが後者はエラーに ○ v1(MySQL 5.6)→ v3(同 8.0)はサポート外なので仕方なし 25

26.

Aurora で Blue / Green デプロイを試してみた ● 以下をテスト ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→スイッチオーバー (Green 環境を本番化) ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→ v3 アップグレード ● 前者は問題なくできたが後者はエラーに ○ v1(MySQL 5.6)→ v3(同 8.0)はサポート外なので仕方なし 26

27.

Aurora で Blue / Green デプロイを試してみた ● 以下をテスト ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→スイッチオーバー (Green 環境を本番化) ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→ v3 アップグレード ● 前者は問題なくできたが後者はエラーに ○ v1(MySQL 5.6)→ v3(同 8.0)はサポート外なので仕方なし 27

28.

Aurora で Blue / Green デプロイを試してみた ● 以下をテスト ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→スイッチオーバー (Green 環境を本番化) ○ Aurora MySQL v1 → v2 の Green 環境作成→ v3 アップグレード ● 前者は問題なくできたが後者はエラーに ○ v1(MySQL 5.6)→ v3(同 8.0)はサポート外なので仕方なし 28

29.

Aurora で Blue / Green デプロイを試してみた ● 注意点 ○ binlog は mixed を指定しないとダメ ■ row 形式だと「binlog がない」と怒られる ● ○ クラスタと DB のパラメータグループで設定を揃える必要がある 29

30.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent またはその前後に発表されたアップデート ○ DMS フルマネージドスキーマ変換 東京 ■ https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-a-fully-managed-schema-conversi on-in-aws-database-migration-service/ ○ Aurora zero-ETL integration with Amazon Redshift (限定プレビュー) ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-aurora-ze ro-etl-integration-redshift/ 30

31.

RDS / Aurora 関連の主なアップデート(2022) ● re:Invent またはその前後に発表されたアップデート ○ GuardDuty RDS Protection(プレビュー)東京 ■ Aurora も対応 ■ https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2022/11/amazon-guardduty -rds-protection-preview/ ■ https://dev.classmethod.jp/articles/guardduty-rds-protection/ 31

32.

まとめ ● 今年もいっぱい出ました ○ 高速化した RDS Multi-AZ DB クラスターとか ○ gp3 対応とか ○ Blue / Green デプロイとか ● マネージドサービスとはいえ、セキュリティには気をつ けて使いましょう 32