Aurora MySQL v1 から v3 へ一段飛ばしのバージョンアップをした話

1K Views

September 22, 23

スライド概要

データベース移行のウラガワ - 円滑なリリースのために取り組んだ LT
2023/9/26

profile-image

Qiita や Zenn でいろいろ書いてます。 https://qiita.com/hmatsu47 https://zenn.dev/hmatsu47 MySQL 8.0 の薄い本 : https://github.com/hmatsu47/mysql80_no_usui_hon Aurora MySQL v1 → v3 移行計画 : https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql3-plan-book

シェア

またはPlayer版

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

関連スライド

各ページのテキスト
1.

Aurora MySQL v1 から v3 へ 一段飛ばしのバージョンアップをした話 データベース移行のウラガワ - 円滑なリリースのために取り組んだ LT 2023/9/26 まつひさ(hmatsu47)

2.

自己紹介 松久裕保(@hmatsu47) ● https://my.prairie.cards/u/hmatsu47 ● 名古屋で Web インフラのお守り係をしています ○ SRE チーム所属 ○ 技術統括チームのお手伝い(フロントエンド・テストコード実装推進など) ● かつて「MySQL 8.0 の薄い本」を作って配っていました ○ 現在は GitHub リポジトリで印刷用データと Re:VIEW(3.0)原稿を公開中 https://github.com/hmatsu47/mysql80_no_usui_hon 2

3.

本日お話しする内容(1/2) ● 昨年(自社で)実施した DB バージョンアップについて ○ 一段飛ばしのバージョンアップを選んだ理由 ○ あえて停止時間を設けてバージョンアップした理由 ○ バージョンアップ作業の流れ(列挙のみ) ○ バージョンアップ時に直面した問題 → 詳細は Zenn で 2 冊の本にまとめてあります ○ https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql3-plan-book ○ https://zenn.dev/hmatsu47/books/aurora-mysql-do-book 3

4.

本日お話しする内容(2/2) ● これから Aurora MySQL をバージョンアップされる方へ ○ 対象 DB の使われ方次第で「ハマるポイント」が変わる ○ Aurora MySQL v3 のバージョン間差異に気を付ける ● まとめ 4

5.

一段飛ばしのバージョンアップを選んだ理由 ● 原則:1 バージョンずつ上げていくべき ● 今回のケース ○ 対象 DB を利用しているプロダクトの事情 ○ 「MySQL 8.0 の薄い本」の製作を通して得た知識があった →加えて、Aurora MySQL v1 の EoL まで時間的な余裕があった 5

6.

対象 DB を利用しているプロダクトの事情 ● テストコードが実装されていない ○ 手作業による詳細動作確認必須→手間がかかる ○ 2 回バージョンアップ作業を行うのは(できれば)避けたい ■ プロダクト開発の時間を確保したい ■ 2 回に分ける→動作確認等の所要時間が合計 1.5 ~ 2 倍 【注】DB のバージョンアップ × 言語環境のバージョンアップのような 異種混合のバージョンアップ→より慎重に実施したほうが良い 6

7.

「MySQL 8.0の薄い本」の製作(趣味の活動) ● MySQL 8.0 の新機能・変更点のまとめ ○ 利用例(サンプル) ○ それを扱ったブログ記事等へのリンク ■ https://qiita.com/hmatsu47/items/ceb75caf46e3c761095d ● MySQL 8.0 は継続提供モデル ○ 8.0.x の x が進むと機能追加等がある → 8.0.15(試作版)から 8.0.24 まで製作 7

8.

あえて停止時間を設けてバージョンアップした理由 ● 深夜の利用が少ない ○ toB のプロダクトで利用 ● データ不整合リスクの低減を優先 ○ 停止時間のほとんど : データ比較の実行時間 →旧 DB 〜新 DB レプリケーションによりデータ比較以外の時間を短縮 ○ Blue / Green できるように ○ インプレースアップグレードより短い時間での切り替えが目標 8

9.

バージョンアップ作業の流れ ● 準備 ○ 情報収集とアプリケーション修正の先行調査(SRE) ○ アプリケーション修正(開発チーム全体) ○ DB 切り替え作業計画・リハーサル・性能試験 ● バージョンアップ ○ 修正版アプリケーションリリース ○ 旧 DB →新 DB 切り替え作業 9

10.

バージョンアップ時に直面した問題(1/5) ● 暗黙のソート順→不定に(昇順/降順が変化) ○ ORDER BY がない、または列の指定が足りないケース ■ GROUP BY ... ASC / DESC が廃止された影響も →ソート順の完全な再現は諦め、不具合にならない範囲で対応 10

11.

バージョンアップ時に直面した問題(2/5) ● DMS レプリケーションで一部の日時値が変化 ○ DMS で MEDIUMBLOB / LONGBLOB が 2 段階処理になる影響 ■ ON UPDATE CURRENT_TIMESTAMP により日時値を現在時刻で上書き ● https://zenn.dev/hmatsu47/articles/mysql-dms-cdc-timestamp-mismatch ○ 旧 DB 〜新 DB を DMS レプリケーションする予定だった ■ Aurora MySQL v1 〜 v3 の binlog レプリケーションは保証外 ■ v1 〜 v2 〜 v3 の 2 段 binlog レプリケーションも保証外 11

12.

バージョンアップ時に直面した問題(3/5) ● v1 〜 v2 〜 v3 の 2 段 binlog レプリケーションで対応 当初予定 実際 ※保証外 変更 12

13.

バージョンアップ時に直面した問題(4/5) ● MySQL Connector/J のバージョン問題 ○ Java 用接続ライブラリ ○ サーバー同様、8.0.x の x が変わると挙動が変わる ■ 例 : 日付のキャスト処理や TLS 対応バージョンなど ■ サーバーで Deprecated → MySQL Connector/J では先行 Removed が多い →最新ではない少し古いバージョンに変更 13

14.

バージョンアップ時に直面した問題(5/5) ● その他(主なものをピックアップ) ○ テーブル全件 COUNT(*) の失速 ■ https://zenn.dev/hmatsu47/articles/mysql80-count-slowdown ○ 実行計画の変化 ■ https://qiita.com/hmatsu47/items/9b1090111f2683d386bc ○ 主キーなしテーブルの差分確認失敗 ○ binlog レプリケーション設定変更時エラー ■ サービス再開後にレプリケーション方向を変える際に発生(本番⇔ DR 間) 14

15.

Aurora MySQL をバージョンアップされる方へ(1/2) ● 対象 DB の使われ方次第で「ハマるポイント」が変わる ○ 概ね共通 ■ 暗黙のソート順 ■ ■ デフォルト Collation の変更 TempTable エンジン・内部一時テーブル処理の変更(主に Reader) etc. ○ 共通しない問題(意外と多い) ■ ■ ■ 接続ライブラリ問題 レプリケーショントラブル 性能・サイジング etc. →他社事例は参考程度に見る(自社プロダクトの状況を必ず確認する) 15

16.

Aurora MySQL をバージョンアップされる方へ(2/2) ● Aurora MySQL v3 のバージョン間差異に注意 Aurora バージョン MySQL バージョン 備考 〜 3.02.x 8.0.23 一部キーワードは 8.0.26 3.03.x 8.0.26 Deprecated temptable_use_mmap Deprecated TLS 1.0・1.1 support 3.04.x 8.0.28 Added tmp_table_size Removed TLS 1.0・1.1 support →サーバーのバージョンと同様、接続ライブラリのバージョンの違い にも注意する 16

17.

まとめ ● 状況に合ったバージョンアップ戦略を採用する ○ デッドライン(EoL など)までの猶予期間と修正ボリューム ○ プロダクト開発業務(新機能開発・機能改善など)とのバランス ○ サービスの特性 etc. ● 他社事例は参考程度に見る ○ 対象 DB の使われ方次第で「ハマるポイント」が変わる ● Aurora MySQL v3 のバージョン間差異に注意 17