2014年 アジャイルサムライ横浜道場「ざっくりわかるアジャイル開発」

391 Views

March 24, 22

スライド概要

profile-image

木村 卓央(Takao Kimura) 合同会社カナタク 代表社員/アジャイルコーチ 2003年頃にアジャイルに出会い、アジャイルコミュニティへの参加を通してアジャイルを学び。個人や小さいチームでアジャイルの実践を行ってきた。 2009年よりスクラムマスターとして経験を積み、2012年にはアジャイルコーチとして、他社へのアジャイル導入支援や、アジャイル研修などを行っている。 LeSS Study主催 Agile Discussion!!主催 Fearless Change アジャイルに効くアイデアを広めるための48のパターン 共訳 大規模スクラム Large-Scale Scrum(LeSS) アジャイルとスクラムを大規模に実装する方法 共訳

シェア

埋め込む »CMSなどでJSが使えない場合

各ページのテキスト
1.

アジャイルサムライ横浜道場 第一回 ざっくりわかるアジャイル開発 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

2.

自己紹介 アジャイルコンサルタント 木村 卓央 KIMURA Takao 認定スクラムマスター/認定スクラムプロダクトオーナー TOCfE 国際認定資格 2011 2012 スクラムギャザリング東京 2011 コンテンツ委員 スクラムアライアンスリージョナルギャザリング東京2013/2014 実行委員 アジャイルサムライ 横浜道場主催 TOCfE横浜塾主催 スクラム道 tw_takubon http://facebook.com/kimura.takao ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

3.

アジェンダ •第1章発表(30m)・・・たくぼん •ディスカッション(30m x 2) •ふりかえり(15m) ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

4.

ざっくりわかるアジャイル開発 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

5.

お客さんに信頼されるのはどちらのチーム? ! 実施計画書や大量の製品 文書、作業報告書を納品 してくれるチーム flickr - Rameshng 一番大事だと君が思う 機能を実装して、テスト 済みのソフトウェアとし て毎週必ず届けてくれる チーム flickr - Schill ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

6.

価値ある成果を毎週届けるには flickr - dog.happy.art ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

7.

大きな問題は小さくする flickr - abrinsky ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

8.

本当に大事なことに集中して、それ以外のことは忘れる flickr - gagilas ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

9.

ちゃんと動くソフトウェアを届ける flickr - Ricecracker. ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

10.

フィードバックを求める flickr - xdxd̲vs̲xdxd ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

11.

必要とあらば進路を変える flickr - torisan3500 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

12.

成果責任(Accountability)を果たす flickr - hectorir ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

13.

アカウンタビリティー 「自分の意思で、現実を見つめ、問題に当事者 として取り組み、解決策を見出し、その解決策 を実行しようとする意識」 ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

14.

期待をマネジメントする flickr - TammySmithPhotography ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

15.

アジャイルな計画作り ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

16.

奇跡のマネジメント ߜࠂ޿ᓙߜ̖̖ߕ޿߱ࠎ◲නߦ ⸒ߞߡߊࠇࠆߓ߾޽ߥ޿ߩ‫ޕ‬ ߽ߒ㊄㗵࿕ቯߩ৻᜝ᄾ⚂ߛߞߚࠄ マーケティングや営業部門が、 ߤ߁ߔࠎߩ㧩ోㇱ߿ࠅ߈ࠄߥ޿ߣ Ვߐࠇߜ߾߁ࠃ㧩 特定のスコープと納期を確約 してしまう 「殺されちゃうよ?」とは随分と物騒な物言いだけど、その仕事には、君が身を 開発チームが度々現実的な見積りを 捧げるだけの意義が本当にあるだろうか? よく考えてみてほしい。まさか 1 年 提示するが、相手にされず「とにか 前の勤務評定面談で交わした非現実的な約束を守ろうとしてるだけじゃないだろ うね? くどうにかしろ!」と言われる まあ、そうはいっても、現実には守れもしない約束が交わされることもあれば、 チームがそれに対して「できません」と言えないこともある。というか、実によ くある話だ。でも結局のところ、できないものはできないんだ。それでもなお、 見せかけだけの「奇跡によるマネジメント」を続けるのなら、それはプロジェク 開発チームは、残業等で対応する ト運営として実に残念であると言わざるをえないし、顧客の期待をマネジメント する作戦としてもたちが悪い。 非現実的な計画 奇跡 動くソフトウェア アジャイル手法なら、こんな奇跡は必要なくなる。なぜなら、当初から顧客に ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. は隠し立てをせず、誠実に仕事を進めるからだ。開発者は顧客に事実をありのま

17.

奇跡のマネジメント ߜࠂ޿ᓙߜ̖̖ߕ޿߱ࠎ◲නߦ ⸒ߞߡߊࠇࠆߓ߾޽ߥ޿ߩ‫ޕ‬ ߽ߒ㊄㗵࿕ቯߩ৻᜝ᄾ⚂ߛߞߚࠄ マーケティングや営業部門が、 ߤ߁ߔࠎߩ㧩ోㇱ߿ࠅ߈ࠄߥ޿ߣ Ვߐࠇߜ߾߁ࠃ㧩 特定のスコープと納期を確約 してしまう 「殺されちゃうよ?」とは随分と物騒な物言いだけど、その仕事には、君が身を 開発チームが度々現実的な見積りを 捧げるだけの意義が本当にあるだろうか? よく考えてみてほしい。まさか 1 年 提示するが、相手にされず「とにか 前の勤務評定面談で交わした非現実的な約束を守ろうとしてるだけじゃないだろ うね? くどうにかしろ!」と言われる こんな奇跡は必要なくなる まあ、そうはいっても、現実には守れもしない約束が交わされることもあれば、 チームがそれに対して「できません」と言えないこともある。というか、実によ 開発者は顧客に事実をありのままに伝える くある話だ。でも結局のところ、できないものはできないんだ。それでもなお、 見せかけだけの「奇跡によるマネジメント」を続けるのなら、それはプロジェク 開発チームは、残業等で対応する お客さんと一緒に信じることのできる計画を ト運営として実に残念であると言わざるをえないし、顧客の期待をマネジメント する作戦としてもたちが悪い。 立てて仕事を進めていく 非現実的な計画 奇跡 動くソフトウェア アジャイル手法なら、こんな奇跡は必要なくなる。なぜなら、当初から顧客に ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura. は隠し立てをせず、誠実に仕事を進めるからだ。開発者は顧客に事実をありのま

18.

完了とは flickr - davecurlee ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

19.

3つの真実 1. プロジェクトの開始時点にすべての 要求を集めることは出来ない 2. 集めたところで、要求はどれも必ず といっていいほど変わる 3. やるべきことはいつだって、与えら れた時間と資金より多い 3つの真実を認め、受け入れることが重要!! ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

20.

3つの真実 1. プロジェクトの開始時点にすべての 要求とは発見されるものであり、 すべて出 揃うまで前に進めないというものじゃない 要求を集めることは出来ない 2. 集めたところで、要求はどれも必ず といっていいほど変わる 3. やるべきことはいつだって、与えら れた時間と資金より多い 3つの真実を認め、受け入れることが重要!! ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

21.

3つの真実 1. プロジェクトの開始時点にすべての 要求とは発見されるものであり、 すべて出 揃うまで前に進めないというものじゃない 要求を集めることは出来ない 2. 集めたところで、要求はどれも必ず 変化は起きるものだと心得よう。起きた変化を受け入れるこ と。必要に応じて計画を変更しつつ、前へ進んでいくんだ といっていいほど変わる 3. やるべきことはいつだって、与えら れた時間と資金より多い 3つの真実を認め、受け入れることが重要!! ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

22.

3つの真実 1. プロジェクトの開始時点にすべての 要求とは発見されるものであり、 すべて出 揃うまで前に進めないというものじゃない 要求を集めることは出来ない 2. 集めたところで、要求はどれも必ず 変化は起きるものだと心得よう。起きた変化を受け入れるこ と。必要に応じて計画を変更しつつ、前へ進んでいくんだ といっていいほど変わる どうにかして優先順位をつけ、一番優先順位 3. やるべきことはいつだって、与えら の高いものからこなしていく れた時間と資金より多い 3つの真実を認め、受け入れることが重要!! ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

23.

やり方は1つではない flickr - Sandy Austin ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

24.

2013-state-of-agile-survey ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.

25.

ディスカッション・テーマ •価値あるソフトウェアを毎週届ける •期待のマネジメント •完了とは •3つの真実 •その他、好きなテーマで ©2014 Kanataku,LLC Takao Kimura.